« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

私の愛する人のイニシャルはD

宝塚雪組全国ツアー・ミュージカル・ロマン「琥珀色の雨にぬれて」/Show Spirit「"D"ramatic S!」に行ってきました。
雪→星→宙→月→花→星→宙→宙→月→星→花→星→花→星→宙→月→雪→雪で前回は初宝塚以来4年半振りだったのに今回は前回に続いての雪組です。
トップコンビが代替わりしてのプレお披露目公演、しかもショーは先代の退団公演の再演ということで、ダブルでどんな感じになるんだろう?!な開演前でした。

まずはミュージカル「琥珀色の雨にぬれて」

独身浮気男が既婚不倫男に進化するという、とんでもなく胸糞悪いお話でございました。婚約者のフランソワーズがかわいそうすぎて、クロードがフランソワーズに刺されるでもしないと胸が空かないレベルで。「今は同じ列車に乗らなくてもいつか同じ列車に乗るかもしれない」ってまったくその通り。「私を通り越した会話をしないで」なんてこんなセリフを吐かせたのが許せない。バカするのもいい加減にしろ!
もう話そのものは大嫌いといしか言いようがないんだけど、オープニングのかっこいいダンス、ジゴロを教育する楽しい場面、豪華列車に乗り込む様々なカップル模様、どこかコミカルな合唱、と、楽しめる場面もちゃんとありました。でも嫌い!
ただ…別の役者が演じてたら全然違う印象になったんじゃないかと。とくに主演の二人。
クロード役の望海風斗さんは、本人の持ち味としては陰性だし、2番手時代には黒くて濃い役を演じることが多かったのもあって、自分の愛に正直に行動したというよりは、なんだか大人の狡猾さを感じてしまったのです。
そしてシャロン役の真彩希帆さん…。宝塚ファンがよく口にする「美の説得力」、私なんか「ヅカメイクしたらとくに娘役なんてみんな同じ顔じゃん」と思ってたクチですが、今作を見てどういうことかよーーーくわかりました。だいもんが「美しい」と口にするたびに浮かぶ疑問符。もしわかりやすい美人が演じてたら「こんな美人になら運命狂わされても仕方ないよね」ともなるのですがね…。
フランソワーズ役の星南のぞみさんがまた儚げで…声の弱さもこの役に関していえばプラスに働いてしまって、ふたりしてこんなか弱いコをいじめるなああああ!となってしまったのです…。ところで彼女、かちゃ(凪七瑠海)に似てません?
いやーもーホントなんでこの作品…。ふたりへの思い入れがないからこそ、役の印象で左右されちゃうんだよなあー。あーあ…。

続いてショー「"D"ramatic S!」

ほんの2か月前に見た同タイルのショーですが、トップが違うとこうも違うのかと、頭の中でイコールにならないくらい、全く印象の違うショーでした。何度こんな場面あったっけ?と思ったことか。「絆」の場面も曲は変わってないはずなのに、テーマと衣装が違うだけでまるで別物。
それよりなによりトップが歌いまくり!歌唱力に定評のあるだいもんの魅力がこれでもかってくらい発揮されていました。娘役トップの新場面も難しい曲を簡単そうに歌いこなすきーちゃんだからこその場面に。先生、しっかり仕事されています!
つくづく、トップが一番の歌ウマってのは強いなと!歌い継ぎで最後にバーン!と来られたときの真打登感が半端ない。待ってました!ってなるじゃん!「だいもんは歌ウマ」ということがわかってても、そもそも生で見たのが初めてじゃなくても、あまりの上手さに圧倒されて2回くらいのけぞったもんね。
それを支えるのがきーちゃんですよ!だいもんの歌声にかき消されることなく、かといって張り合うこともせず、しっかり寄り添っているのが本当にすごい!ガチバトルも聴いてみたいなあ~。
トップコンビの熱いパッション、しっかり受け取りました!
そして全般通して感じた「都会的」な印象はだいもんの持ち味なんでしょうね。
雪組はこないだ本公演を見たとはいえ、ながらくご無沙汰だったので生徒さんとか全然わかんないんですけど、気になる人を見つけました。煌羽レオさん!迫力のある歌声に「おっ!」となりました。やっぱり私は巧さ関係なく安定して声の出ている人が好きなんだなあと再認識。生で見るなら圧を感じたいもの。彼女のことは幕末でみーちゃん(春風弥里)に似てる人がいると元々気になってたんですよね。
それから陽向春輝さん、下級生が舞台に一人だけという注目の場面を任されていましたが、だいぶコミカルにハジけててすっごくキュートでした!

芝居のときはもーーーどうしようかと思ったけど、ショーではだいもんの魅力大爆発!ファンでない私ですらお披露目公演のショーが楽しみになりました。なんたってみっちゃん(北翔海莉)をこれでもかと使い倒した野口先生ですからね、ファンなら期待しかないでしょう!
プレお披露目ツアーのトップ羽根背負った姿は感動&圧倒で、終わってみれば大満足でした!だいもん&きーちゃん、本当におめでとう!

最後に、プログラムのスチールがトップコンビ以外撮り下ろしじゃないのにはビックリ&ガッカリでした。前代未聞かは知らないけど少なくとも手持ちのプログラムは全国ツアーのものでも全部撮り下ろしだったので。トップコンビの写真だけが楽しみじゃないのになあ。
舞台 | CM(0) | TB(-) 2017.09.11(Mon) 23:46

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード