« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

みんなで死ぬことはない

最近見た映画

・ダブル・ジョパディー
夫とのクルーズを楽しんだ夜、目が覚めるとベッドに夫の姿は無く、そこにあったのは血の付いたナイフと甲板に続く血痕…という話。
妻の復讐を保護観察官に邪魔されるんじゃないかとハラハラしたけど、夫のゲスさを知って妻の味方に付いたのはよかった。でも夫を殺した過程が保護観察官を助けるために致し方なくみたいになっちゃったのはちょっと残念。あまりのゲスさに「殺す価値もない」に至ってたのかな?
この映画のど派手なアクションシーンはサービスショットみたいなものだよね。

・執行者
死刑囚を擁する刑務所に配属された新人刑務官が厳しい先輩の影響を受けながら仕事にも慣れてきたある日、凶悪殺人犯の逮捕から広がった世論を受けて12年振りの死刑執行命令が下る話。
韓国の刑務所ってこんなに自由なのかー。新人だからって刑務官に対する態度もナメすぎ。「願いまーす!用便願いまーす!」の世界しか知らない私には衝撃。刑務官と死刑囚が膝を突き合わせて将棋するとか信じられない。こんなことしたら情が移っちゃうのも当然じゃん。
タイトル通り、執行者の苦悩と葛藤が描かれるんだけど、誰もそういう業務を覚悟してなかったっぽいのが謎。そりゃ30年振りとかならわからなくもないけど、12年振りなんてまだまだ実質廃止だなんて考えられないのに。
死刑制度の是非を論じる気はないけど、軽々しく「こんなヤツ死刑だ!」などと口に出さないようにしようと思いました。

・二郎は鮨の夢を見る
銀座に店を構える鮨職人を追ったドキュメント。
見習いを怒鳴り散らすような刺激的な場面もとくになく、淡々とした語り口だけれど登場人物は皆、自信に溢れていて気持ちがいい。有名ホテルに卸を頼まれた米屋のエピソード好きだなあ。
父親が引退して長男が継いだ後のことを悲観的に語る人がいる一方で、評論家が語った「ミシュランの調査が始まった最初の一年くらいはほとんど長男が握っていた」という裏話には希望の光が見えた。
メニューはおまかせ握りのみで三万円から。早い人なんか15分で食べてしまう。15分で三万円。そんな体験したことないし想像もつかないんだけど、この映画を見た後だと、芸術作品と同じように「80年と15分」の技術とサービスを体験できるのなら三万円なんて安いもんだと思える。

・アフター・ショック
旅先で意気投合した男女6人がナイトクラブでエンジョイ中にチリ地震に襲われる話。
主人公は中盤で退場するしヒロイン不在だから誰が生き残るか予想つかなくていい感じにハラハラできた。
親友が死んで悲しみに暮れる友を涙ながらに説得してるところに「なにモタモタしてんのよ!」と怒鳴りこむ女にこういう状況で強いのはやっぱ女だよねと思った側から脱獄囚に追い回されるくだりにゲンナリ…。
主要人物の死に様は見せ場だからいいんだけど、手助けしてくれた人を用済み次第退場させるにあたっては善人が酷い死に方するのは気分が悪いのでお手柔らかに願いたいものです。

・呪怨
女子大生が介護ボランティアで訪れた家は散らかり放題、そこには寝たきりの老人と、黒猫と、トシオと名乗る少年が居た…という話。
見たいけど怖くて見れなかった映画、「貞子vs伽椰子」が見たいので、ついに見ました。ホラー映画に対してこの言葉使いたくないんだけど、怖くなかった。伽椰子ってば普通に美人なお姉さんで異形感ゼロなんだもん。俊雄もしかり。考えてみたらリングも怖かったのは貞子だけだもんなあ。伽椰子(と俊雄)もデザイン違ったら「怖かった」ってなるのかもね。
「家に足を踏み入れたら殺す」という呪いの発動条件が緩すぎるのはめちゃくちゃ怖い。そしてそんな事故物件を売り続ける不動産業者が一番怖い。でもさあ、呪い発動条件から考えると改装業者の人ももれなく死んでるはずだし、すぐ噂になってどこも改装引き受けてくれず売りに出せないという状況に陥りそうなものだけど、深く考えないようにしようそうしよう。
映画 | CM(0) | TB(-) 2017.07.20(Thu) 00:40

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード