« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

NODQ

最近見た映画

・反則王
成績も勤務態度も悪い銀行員が上司からのヘッドロックを逃れる方法を請うべく弱小プロレス団体に二足の草鞋で入門する話。
プロレスファン目線で見ると受け身の練習もしないでリングに上がるとはなにごとだ!と言いたくなる一方で、会場の様子が妙にリアル。無料イベントっぽい屋外会場では3列くらいしか並べてない椅子には老人しか座ってなくて子どもたちは興味無さそうに後ろで遊んでるとか、通常大会はどこか広めの体育館で2階席は封鎖してるとか、見覚えありすぎ。
プロレスシーンはどこまでスタントなんだろう?と思うほどわからなかったというか、結構本人やってるんじゃない?ドロップキックだけじゃなくてトンボ切りとかコルバタとか本人っぽいんだけどどうなんだろう?全然体仕上がってないのにスゲエな。
ソン・ガンホって横顔きれいなのに正面から見るとパンッパンなんだよなーと少し残念に思っているのですが、この当時の彼は正面から見てもシュッとしててかっこいい!

・わらの犬(1971)
アメリカからイギリスの片田舎に移住してきた夫婦が町の若者たちに小屋の修理頼んだらヤバイ奴らでろくなことにならなかった話。
若者たちは当然として、夫もおかしいけど妻もどうかしてる。夫が忠告してるのに、ノーブラで出歩いたり、若者たちから見える窓辺を目隠しもせずに裸で横切ったり、夫が留守の家に若者を招き入れたり、「そうなるわけがない、そうなったとしても自衛できるから大丈夫」とでも思ってたの?自分か何者がわかってない。そんで実際そうなって大丈夫じゃなくて傷付いてるし。呆れる。
で、ここから夫の復讐が始まるのねと思ったら全然違うじゃーん。まさかの展開だったけど、力ずくじゃなくて知恵で切り抜けたのはよかった。考えてみれば正当防衛を盾にした復讐だったのかなあ。妻の、ではなくて、自分の。
ところで私、見たいけどこわくて見れない作品のひとつに「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」があるのですが、わりと平気だったからこれもいける気がしてきた!どうかな?!

・鬼畜
印刷屋を営む夫婦のもとに夫が囲ってる女と3人の子どもが訪ねてきていざこざの末に子どもを置き去りにされてどうしようという話。
一人目のときは羽振りもよかったから女囲って子ども産ませてというのは想像つくけど、三人目なんて乳飲み子じゃん。一年そこらで急に傾くもの?それとも妻の言う通り「誰の子かわかったもんじゃない」ってこと?だとしたら母親も相当鬼畜だな。
身勝手な大人たちに罪のない子どもたちがひたすら虐げられるなんて胸が苦しくなりそうなものがそうならなかったのは、ろくに演技もできない子役のせいもあるんだろうけど、感情が全然見えない子どもたちがとにかく不気味でな…。夫婦はこの世のものではない何かと戦っているんじゃないかとすら。
妻はまさにオニババそのものだけど、どうしても同情してしまう。夫が外で作った子どもなんていくら「子ども」だからって憎しみの対象にしかならないよ。「消えてほしい」と思うのも無理ないよ。変に優しさ見せないでオニババ貫いてたのはかえってよかったのかも。結局妻が面倒見ることになろうものならそれこそ胸糞展開だもの。

・裸の銃を持つ男
とある港で警官が7発の銃弾を受け瀕死の状態で発見された事件を追う話。
私はコケ芸がツボなんだなーと気付いた。序盤の警官が乗り込む場面とか、主人公が社長室に忍び込む場面とか、もう笑いが止まらなかった。ビーチでアハハウフフからのクローズラインなんか面白すぎて巻き戻してもう一回見ちゃったよ。
主人公は普通にしてれば見た目も声もめちゃくちゃダンディなおじさまなのにそこまでやるか。ヒロインにまでしっかりヨゴレ芸やらせて感服です。
下ネタも含めてギャグキツイのにあんまり嫌な気分にならないのは、明確な悪役以外はみんなおひとよしだからなんだろうな。

・サプライズ
両親の引越し祝いのために四兄弟がパートナー同伴で集まった食卓で不仲の兄弟の言い争いを遮るように窓を割って矢が撃ち込まれた…という話。
こんな兄弟嫌だあー。両親そんな毒親にも見えないのにどうしてこんなふうに育っちゃったんだろう?
コミューン育ちのヒロインは「人を殺すときは徹底的に頭を潰せ」とでも叩き込まれたのだろうか。殺人スキルが高すぎて、この事件の前にも相当殺ってるんじゃないかと。殺し方のエグさが犯人グループの比じゃなくてだんだん犯人グループの方がかわいそうになってきちゃったよ。
黒幕は二男と三男だったわけですが、三男の共犯の彼女がスレたゴス女っていかにもすぎるんだけどどうにかならんかったのか。みんなが眉根寄せてる場面でも平気な顔してるし、あからさまに怪しいじゃん。こういう部分で意外性狙わないのホント不思議。
映画 | CM(0) | TB(-) 2017.07.03(Mon) 21:24

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード