« 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

父親になるのは簡単だがパパになるのは難しい

最近見た映画

・パパVS新しいパパ
子どもを望めない体になってしまった男がシングルマザーと結婚、まだパパとは呼んでもらえないけれど子どもたちにもようやく受け入れられつつある日、妻の元夫が我が家にやってきた!なにしに来たんだ!早く帰れ!でも言えない…という話。
イケてる元夫に子どもたちは夢中、自分も子どもたちにいいところ見せたくても失敗ばかり、かわいそうで見てらんない!となりそうなのにそうはならないのは妻が夫の味方だから。夫が失態さらして幻滅したあたりなんか元夫に気持ちが傾いてしまうんじゃないかとハラハラしたけど、傷ついたところに元夫に優しくされようとキッパリ拒否。イケてても無責任な元夫より、イケてなくても一生懸命な夫の方がいいのに…子どもたちわかってない!と思いながら見てたから、一貫した妻の言動は頼もしかった!
元夫ENDは絶対にないとは確信してたけど、元夫も不幸にならない終わり方でよかった!…元夫の相手はジョン・シナだけど、不幸にならないよね?

・鑑定士と顔のない依頼人
鑑定士であり競売人でもある男のもとに「両親が死んで天涯孤独になったので屋敷にある美術品やら家具やらを売っ払いたいから鑑定に来て」と依頼が来たので鑑定に行く話。
愛を知らない老人とひきこもり女性の愛の物語かと思ったら詐欺集団におじいちゃんがカモられる話だった。鑑定士に恨みがあったとかそういうのもなく本当にただカモられてただけ。胸糞悪すぎて見終わった後しばらく吐き気が止まらなかったよ。
たしかに、えっ今の何?となった場面はあった。依頼人が鑑定士が帰った直後に誰かに電話かけて相手と気安く話してた場面と、修理屋の彼女が「彼がクレア(依頼人)の話ばかり」すると言った場面。
でも前者は使用人とでも話してるのかなと思ったし(今思えばありえない)、後者は修理屋の「友達の恋バナ」を彼女が友達=修理屋本人と勘違いしたのかなと思ってたから、まあー騙された。依頼人は外の世界を知ってプレイボーイな修理屋の方に行ってしまうんじゃないかと心配もしたけど、まさかハナからグルだったとはね!
とはいえ嫌な予感はずっとつきまとってた。その正体は「度を越した歳の差カップル」にビビった私の心。

・オープン・ウォーター
スキューバダイビングに行ったら手違いでボートが先に帰っちゃってはるか沖に取り残されたカップルの話。
とくに派手な演出もなく、ホームビデオみたいな映像とひかえめなBGMで「本当にあったこわい話」感増してる。
カップルが取り残される「手違い」の過程がすごくわかりやすくて実際にありえそうでゾッとした。
きっとすぐにボート戻ってくるから動かないで待っていよう→全然来ないね→あーなんか流されてる→あーおしっこしたくなってきた→あー具合悪くなってきた→あークラゲに刺された→あー小魚に噛まれた→ぎゃああああサメに食われたああああ!って、じわじわと追い詰められていく様子がなかなか恐怖でな…。
ようやっと捜索が始まって、きっと助かるよ!あとちょっとの我慢だよ!と思ったところで、サメに囲まれてボンベ外してゴーグル外してトプンと沈んでしまう絵面の虚しさったらないよ。これだから実話をもとにした映画は!!!

・カルテット!人生のオペラハウス
引退した音楽家たちのための老人ホームに有名なソプラノ歌手が入所することになり、重要な運営資金源となるコンサートにカルテットのメンバーとして出演してもらうために四苦八苦する話。
いつも音楽に溢れてる老人ホームだなんて素敵だなあ。入所者は当然老人だからみんな何かしら不具合はかかえてるんだけど、歌ったり演奏したり、みんなイキイキとしてる。音楽の授業で若者を喜ばせようと(?)ヒップホップの歴史のググるおじいさん笑った。
気難しくてプライドの高い彼女の心を動かした元浮気相手の助言(?)が辛辣すぎ。「君のファンなんてもうみんな死んでるよ」「あとは火葬場で主役になるだけだ」ちょっとスッとした。
元夫婦が老人ホームで再会するなんて普通に考えたら最悪だけど、丸く収まってよかったよかった。

・LOOPER
タイムマシンが実現のものとなった30年後の未来から送られてきた犯罪者を始末する「ルーパー」を生業としている男のもとに「30年後の自分」が送られてきた話。
現在の体の傷が未来の体に反映されるシーンこええええ。未来の体がどんどん欠けていくのもこわいけど現在の体にされたことを想像してしまうのが嫌すぎる。
念動力とか馴染みの娼婦の息子とか、スルーしてしまいそうな設定がちゃんと本筋に絡んでたし、未来の犯罪王の正体も犯罪王となった理由もなりえた理由もキッチリ描かれててスッキリ。主人公はあの状況でよく最善策を見出せた。行動に移せたのもすごい。
しかし「現在」と「30年後」で違和感ないなー。よくこの組み合わせ見つけたなー。
映画 | CM(0) | TB(-) 2017.06.28(Wed) 21:58

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード