« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

落ちていいのは恋だけさ

及川光博。

今回のツアー、仙台公演だけホールでなくてライブハウスだったのと、5,000人規模の会場でのワンマンショーを体験してみたかったのとで行ってきました東京国際フォーラムホールA!「ついで」なのはそのとおりですが。

仙台ではステージに入りきれなかったセットの完全形態はプロジェクションマッピング(?)で豪華絢爛!これ見れただけでも良かったわー。
セットリストは「バラ色の人生」IN「悲しみロケット2号」OUTだけわかった。あとは同じだったんじゃないかな?バラードタイムも同じだったので。
仙台の時にダンサーの出番がえらい少ないなと思って、でもライブハウスだからスペース的な問題かとも思ったんだけど、東京も変わらず。メンバー紹介もフィナーレだけなのはいつものことだっけ?
と、いうわけで、ライブハウス公演はさほど特別仕様でもなかったんだなということが確認できました。

しっかしミッチー本人も言ってたけど、よく入ったねえ~!4,500人ベイベー&男子ですってよ!私2階席で見たんですけどね、ホントに2階席もみっちり!この会場は2階席から1階席全景を見渡せるわけではないので4,500人の一体感を味わうとまではいかなかったけど、2階席だけでもヘタすりゃ地方で一番大きなホールくらいの座席数ですからね、じゅうぶんに一体感を味わえました!
つくづくミッチーのワンマンショーは会場の端から端まで踊ってる。だからコンサートグッズのペンライトがリストバンドになったのは大正解。客席も踊りまくりのミッチーのワンマンショーじゃペンライトなんて文字通り無用の長物だもの。着けたまま自由に手が動かせるリストバンドはベストチョイスだね。
ポンポンもコンサートグッズがかなり浸透している模様。私も愛着たっぷりの十数年モノのお手製ポンポンとお別れするべきかしら…?正直、出すのちょっと恥ずかしかったし。
満員にご満悦のミッチー、コール&レスポンスや遠隔○○がいつも以上に執拗。初心者ベイベーも多く(ミッチー「ボク22年やってるんだけど君たち今まで何してたの?」ホントだよ!)、C&Rをやらせて「全然揃ってない」とどこか嬉しそうなミッチーに「熟練の技を見せて」と振られてハリキル熟練ベイベー、楽しいね。

トークが鉄板じゃないのもワンマンショーの魅力のひとつ。とくに「愛と哲学の小部屋」なんてスキルがなきゃできないよなあ。と、今さら。「漢字一文字でたとえると、ボクは光でベイベーは星」という話を聞いて、星は光を受けてより輝く…なんてポエミーなことを考えてしまいました。私なんて星は星でも恒星じゃなくて惑星だからそもそも光がないと輝けないよ!
終演後、出口に向かう階段で前を歩いていた二人、どうやら一方が初心者ベイベーらしく「トークも面白いでしょう?」という問いかけに「面白いし、すごく励まされた」わかるよーーーーーー!!!握手を求めたい気持ちをぐっとこらえました!

私がこれまで行ったワンマンショーの中では最大規模の会場で、私の席からはミッチーの顔なんてのっぺらぼうも同然なわけですが、たとえそうだとしても「距離的に見えない」ことに不満を感じないコンサートってのは本当に楽しいコンサートなんだと実感。東京ドームの一番遠いところからだって楽しめるよきっと。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2017.06.21(Wed) 21:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード