« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

LL COOL J太郎

最近観た映画。

・ポリスアカデミー
市長の意向で誰でも入れるようになった警察学校のあるまちで問題ばかり起こしている青年が顔見知りの警官に「監獄に入るか警察学校に入るか」を迫られてしかたなく警察学校に入る話。
敵は現場のトップ(鬼教官)で組織のトップ(校長)は理解があるってのは万国共通で学園モノのお約束?
一応主人公はいるけれど群像劇という感じで、登場人物がみんな個性的で楽しい!口真似黒人面白すぎる。白人デブと黒人女子の成長にはグッときた!
コメディもやりすぎ一歩手前でちゃんと笑えた。護身術の授業で美人教官にマウント取られた白人デブを見て我も我もと名乗りをあげるの笑った。鬼教官の手先が騙されてゲイバーに迷い込んでしまったのも笑った。こういうベタな感じがちょうどいいや。

・ディープ・ブルー
アルツハイマーの治療薬の研究のために開発されたサメが研究施設を舞台に大暴れする話。
サメ映画が見たくてまずはシャークネードと心に決めていたのだがシャークネードが近所のレンタル屋に置いてないのだよ!続編はあるのに!というわけで、まともなサメ映画の双璧のこちらの作品を。
密室型サメ映画!サメもこわいけど水もこわい!ついでに火もこわい!最悪な状況に輪をかけてオープンでこんがり焼かれそうになるとかそんなファイナルデスティネーションな展開はいらないから!
死に方もというか死ぬタイミングも嫌すぎる。社長の演説に感動してる最中にそりゃないよー。
しかし主人公(ヒロイン)がヒールとは珍しい。ヒロインは生き残るVSヒールは死ぬ、そもそも諸悪の根源だしこんな状況になってもまだそんなこと言うかってなヒールっぷりに死ね死ね思いながら見てたけど、最後に見せた自己犠牲精神に許す!って思ったところで、まさか後者とは!なまじカッコイイところ見せないでヒール貫いて散ってほしかった。モヤモヤする。
まっ、陽気なコックさんが生き残ったからいいか!

・シルミド
死刑囚など重犯罪者で構成された金日成暗殺を目的とする特殊部隊「684部隊」の話。
前半の訓練シーンや訓練兵同士での衝突の場面なんかはわりと面白がって見れたんですけどね、元組長かっこよすぎ!男が惚れる男とはまさにこのこと!なんてミーハーな目線も交えつつ。
こんな事件があったとは。事件のことは知らなくても現在の北朝鮮を見れば目的が果たせなかったことは明らかで、良い結末を迎えるわけがないのはわかってたけど、指導兵と訓練兵で殺し合うなんて予想以上に最悪な結末だった。信頼関係を築いた者たちもいたってのが殊更残酷。厳しい指導兵が実は訓練兵のことを想っていたとか泣けてくる。迷わず訓練兵を殺すことを選んだ優しい指導兵の「"おまえらしくない"ってなんだ!」という怒りの声も切ない。
もし作戦が成功してたら昨今のミサイル騒ぎなんてなかったんだろうなあなんてつい考えてしまいます。

・偉大なるマルグリット
芸術をこよなく愛し若き才能への支援をいとわず自らも歌をたしなむ大金持ちの奥さんが実はひどい音痴だということをみんなで隠し通す話。
あらすじだけだとまるでコメディだし私自身コメディのつもりで見始めたらとんでもねえー胸糞映画だった。無知だけど悪意のない人がよってたかってコケにされるのとか不愉快で見てらんない。
奥さんがかすむほどの変人揃いで実は一番の変人というか狂人は執事なんじゃないかと。彼もまたも芸術家で奥さんの身よりも自分の芸術を優先したってことでしょ?こっわいわー。
最後も「自分の歌声に卒倒」だなんてブラックユーモアなのかもしれないけど私には悲惨な結末としか思えなかった。
この映画、実在の人物がモデルだそうで、ほんで同じ人を取り上げた映画がもう一本あるそうで(実はそれと間違えて借りた)、そっちは期待通りであることを願ってる。モヤモヤを晴らしたい!
ところで、身近な音痴といえばみちのくプロレスの佐々木大地なわけですが、奥さんも大地も「声は出てるしリズム感も悪くないのに音程が壊滅的」という同じタイプの音痴だなと。

・ファイアーストーム(1998)
凶悪犯が囚人による森林火災の消火活動に便乗して脱走する話。…これだとまるで凶悪犯が主人公だな。まあいいや。
タイトルと序盤の展開に森林火災と戦うものとばかり思ってたら凶悪犯と戦う話だった。この悪役相当悪い。囚人をバスに閉じ込めて蒸し焼きにしようとしたり、他の仲間に気付かれないように仲間を殺していったり、クズ同士の潰し合いはご勝手にの私ですら被害者に同情してしまった。体は水に浸かったまま顔だけ炎に包まれるという残酷な最期はそんな彼にふさわしかったんじゃないでしょうか。
足を怪我して引退することにしたベテラン消防士の台詞「引退できるのは幸運なことだ」、消防士って命がけの仕事なんだなあ。
すごい勢いで燃え広がる森のシーンには圧倒されたけど、燃え盛る小屋からバイクで脱出するというせっかくのおいしいシーンを映さないのは予算の都合?
映画 | CM(0) | TB(-) 2017.05.31(Wed) 22:39

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード