« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

少しも早く

最近観た映画。

・忠臣蔵(1958)
意地悪じいさんに対する我慢が限界に達し殿中で傷害事件起こして切腹させられた殿様の仇を討つ話。
年末になるとドラマでやってるなくらいしか知らないで初めて見たけど面白かった!他のバージョンも見たくなった。
吉良はともかく、大石側は自分本位な人なんかひとりもいなくて行動原理が「人のため」なのが泣かせる。
大切なものを手放しどんなに罵られようと貶められようとよくぞ隠し通したなと!
討ち入りを果たした後に待ち受けるのは死というのはわかってるけど、それでもハッピーエンドだと思いたい。
ところで宝塚でも舞台化されてる忠臣蔵、恋愛模様もあって意外と向いてる。目張りもだんだんヅカメイクに見えてきた。

・オール・ユー・ニード・イズ・キル
広報担当同然の少佐が右も左もわからないまま最前線に送り込まれて敵(地球外生命体)の体液浴びたら死ぬことによってタイムリープするようになったのでこれを利用して勝とうと四苦八苦する話。
死に覚えゲー実写化。ラスボス前に能力失うのもまるっきりラストダンジョン前の「この先セーブポイントありません」のソレ。
死ねばリセットったって、死には苦痛が伴うわけで、強靭な精神がなきゃ気が狂うよなあ。ちょっとミスったくらいでパカパカ殺してやり直しさせる女軍曹にゲームをしてるときの自分が重なって、なんか、マリオごめん。みたいな気持ちになってしまった。

・俺たちニュースキャスター
猫のファッションショーが目玉ニュースになるほどのどかな地方局に中央のメインキャスターを目指す美しく聡明な女性キャスターがやってきたことに好き勝手やってたメインキャスターとその取り巻きが危機感を覚える話。
おバカ映画に見えてマッチョ思考がはびこる時代における女性の社会進出というテーマがちゃんと読めたからコメディセンス合わなくてもなんとか見れた。(「俺たち」シリーズのフィギュアスケーターは笑えたんだけどなあ)
物心ついたときから櫻井よしこや安藤優子が普通に活躍していた私には「女性がメインキャスターなんて」と言われるような時代があったのかと興味深かった。
地方局からいずれは中央局にとか、地方局同士のライバル関係とか、アメリカも日本と変わらないのね。各地方局が集結しての決闘の場面、テレビでおなじみの顔に置き換えて想像したら笑ってしまった。
エンドロール後、笑いあった後にしーんとなってしまう4人姿がしみじみしてて、この場面が一番良かった。
主人公の役者「プロデューサーズ」のネオナチか!全然気づかなかったし思い出してもピンとこない。

・モーテル
田舎道で車がトラブってしまった夫婦が電話を借りにモーテルを訪ねたんだけど夜中じゃ修理屋も来てくれないってことでとりあえず宿泊して朝を待つことにしたらものすごい勢いでドアだの壁だの叩かれまくってなんかヤバくない?となる話。
オープニングクレジットが文字だけなのにめちゃくちゃかっこいい。テーマ曲も名曲。見終わった後すぐに頭から再生してそこだけもう一度見たくらい。
いやーこわかった!オカルトかと思ったらサスペンスだった。ありえなくもなさそうなシチュエーションがまた。心臓に悪すぎて早く終われ早く終われと思いながら見てた。
わりともどかしくハラハラした展開が続いたのに、最後は勢い任せでちょっと笑ってしまった。
普通に考えたら腹刺された夫が助かるとは思えないんだけど、はっきり描かないのはかえってよかったかも。だって二人とも助かってほしいもの。

・彼岸島
行きずりの女に「私の住んでる島が吸血鬼に支配されて大変なの。2年前に行方不明になったあなたのお兄さんが吸血鬼と戦ってるから一緒に戦って」と頼まれて友達と一緒に戦いに行く話。
ダルくなりつつあと少しだからと頑張って読んだ最終巻の「第一章・完」にわなないて続き読むのやめた程度にしか原作への思い入れはないので、動く巨大邪鬼が見たいなーと軽い気持ちで見始めたのですが。
丸太は初っ端から出てきたけど、ハアハア言わないし失禁しないし雅は山本耕史にしか見えないし、待てど暮らせど邪鬼は出てこないしまさかこの人間サイズのコウモリ女で精一杯?とガッカリしてたらようやく終盤に出てきました!サイズ的に控えめだしCGショボいけどまあいいや。
話はあってないようなものだし原作ファンが喜ぶようなポイントを押さえてるわけでもないし期待した巨大邪鬼もたいしたことなかったし見なくてもよかったなーと思ったけど、キャスト・スタッフ一新した2016年版では巨大邪鬼がいっぱい出てるみたいだから見るしかない?そしてまた「時間返せ!」と思うんだろうなあ。
映画 | CM(0) | TB(-) 2017.05.25(Thu) 00:10

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード