« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

筋肉最高!

PANORAMA AFRO。

年末に酒ナイトで復活したのは知ってた。でもお祭イベントだから、一夜限りの復活くらいにしか思ってなかった。
いやはやまさかまさかライブを見る機会に恵まれるとは。なんたってSPANAMやCOPASS GRINDERZと違って「解散してないんだからいつかきっと」はなかったもの。解散してたんだから。

思いがけない事態にテンションの持って行き方がわからないまま当日を迎えてしまいました。

10年振りのパノラマアフロ。
最後に見たライブでは3rdアルバムの時点ではメンバーだったベースのおやじさんもドラムの仁さんもいなかったんだよね。だからおなじみのSEで登場したおなじみの面子が嬉しい。ギターはヘルプでナントビックリSPANAMのカバさんだったけど。
カバさんはSPANAMで見たばっかだし、仁さんもPULLING TEETHで見たばっかだし、大佐は筋肉共々お変わりなく、意外といちばん変わってなかったのがおやじさん。名が示す通り元々の老け顔に実年齢が追い付いたのかもしれない。
1曲目のアフロジャスティスではなんだか目の前の光景が信じられなくて戸惑っちゃったけど、2曲目では自然と拳あげてゴッツァンポップとコールしてる自分がいて、思いのほか盛り上がってるお客さんにすっかりつられてしまいました。
お客さんからの文字通りのラブコールに「わかってる、俺も愛してる」と答えたり、投げキッスしたり、マッスルポーズ決めたり、
ああああそういえば大佐ってこういうキャラだったあーとか、大佐とおやじさんの漫才みたいなかけあいとか、そういうの見てるうちに当時の記憶がぶわーっとよみがえって、そうだよこれなんだよこういうのが楽しくてアフロのライブに行ってたんだよ!
持ち時間多めであれもこれもやってくれたしやらないだろうとニラんでたPANORAMA AFROやREAL ONEなんて聴かせる曲までやってくれたのにKICK BUTT THE LOWDOWNをやってくれなかったのが解せぬ。
ライブも終わりが見える頃には、アフロを見るのもこれが本当の最後かもしれないと思って悲しくなってしまいました。
大佐は「いつかまた」みたいなことを言ってたけど、どの程度の気持ちで受け止めたらいいんだろう?「パーマネントに活動する予定はないけどまたこういう特別なときにでもライブできたらいいな」程度の話なのかな?過度な期待はやめよう!
メンバー個々の活動状況は知らないけど、10年振りとは思えない余裕を通り越したリラックスしたムードは気負いがないからこそなんでしょうね。カバさんがあんなに楽しそうに笑いながらプレイしてるの見たことない。SPANAMファンとして嫉妬の意を表明します。
最後の最後、メンバー紹介で「ギターは大きくなったワッシー」ってのかオチ。

ああもうなんで私はテンションをちゃんと上げて臨まなかったんだろう!いったい何に気が引けてたのだろう!…という原因は自分ではわかってるんですけどね。ま、楽しかったことに変わりはないさ。

ところでマキール大佐とピエール瀧って似てるよね。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2017.03.13(Mon) 23:33

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード