« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

象を返せ!

最近観た映画。

・コインロッカーの女
赤ん坊の時分にコインロッカーに捨てられたところをホームレスに拾われ闇金業者に売られて以降、役に立たなくなったら殺される世界で生きてきた少女が取り立て先で出会った青年に淡い恋心を覚えるが…という話。
優しくされたことのない少女が優しさに触れて戸惑う姿のいじらしいこと。そんなの見せつけておいてさー、夢と希望にあふれた青年をいとも簡単に殺すなんてさすが韓国映画!
血ではなく恐怖で繋がれた絆とはいえ家族が崩壊していく様は切ないですなあ。情愛が見え隠れするのがまた…。ま、あんな外道なことやってりゃ普通には死ねないだろうけどさ。
で、少女は家業を継いだってこと?この世界で生きていくしかないってこと?どうにもならないの?
ところで独立したお兄ちゃんが誠意を迫って返り討ちに合う場面、そんなにブスブス刺したら使える臓器も使えなくなるじゃないのと思ったのは私だけじゃないはず。

・ブラインドネス
目が見えなくなる感染症(?)が蔓延する話。
もっとスケールのデカイ話(というか映像)を期待してたんだけど、大半の舞台は隔離収容所。あとは見えない人たちだけでヨロシク!なんてされたらそうかこうなるのか。どんな環境でも力を振りかざす人は現れるようで…「食料が欲しけりゃ女を差し出せ」のくだりはおぞましすぎてこの映画を見たこと自体後悔した。
結局、風邪みたいなモンだったようで?最後の主人公の心情のナレーションの意味がよくわかんなかった。まんまだとしたら、目が見えなくなることは恐怖だけどほっときゃ治るってわかったし、あれだけ献身したんだもの、見えるようになったまわりの人たちが助けてくれるに決まってるからそんなに悲観するようなことでもないんじゃないかな。

・探偵なふたり
膝が悪くてあこがれの刑事になれなかった漫画喫茶経営者が、先輩の妻を殺した容疑者として逮捕されてしまった友人(現役警察官)を救うべく、事件を追う刑事に押しかけ相棒する話。
コメディタッチの韓国映画初めて見たけど面白かった。ネタも細かくて楽しい。反発しあってた二人が歩み寄るきっかけが「お互い恐妻家」ってのが可笑しくって。主人公が赤ちゃん抱えてやってきたのには大笑いした。
裏の裏をかいたようなラストで刑事が主人公の引き立て役で終わらないのもよかった。
暴力描写の生々しさはそのままでアクションシーンもしっかりあって期待通り。事件も入り組んでてコメディタッチにしなくても相応の作品になりそう。
主人公の役者は服の上からでもわかるほどいいカラダしてたのでひと肌脱いでほしかったです!

・アイアンマン3
軍事会社の社長がテロ組織と戦う話。
これ見る前にアベンジャーズも見ておくべきだったのね。
パワードスーツだったアイアンマンがしばらく見ない間に遠隔操縦ロボットになっててビックリですよ。
今回の敵はシンプルなんだけど、ヒートカッターがめちゃくちゃこわい。豪邸がぶっ壊れようと給水塔が倒れようと飛行機が空中分解しようと、口から火を吐くシーンにはなにも敵わなかった。
社長のキャラって敵役なら「なんだか憎めない」なんだけど、ヒーローとしては「どうも好きになれない」なんだよねえ。ほんっと大人げない!でも助けてもらった少年へのお礼は心躍った。
メイキングが面白かった。アイアンマンマニアな青年大興奮の場面はアドリブなのね。

・トム・ヤム・クン!
象とともに育ったタイ人青年が誘拐された象を取り戻すべくシドニーに渡る話。
息の合った殺陣が本当に気持ちよくていつまでも見てられる。ルチャリブレっぽいし蛍光灯デスマッチっぽいし本物のプロレスラー出てくるしプロレスファンにもオススメ。人間って垂直方向に走れるんだ…。
冒頭の少年時代のシーン、主人公も象さんもおりこうでかわいらしくてね!そんな主人公の象を愛する気持ちはとても心に響くのに、戦闘シーンがブッ飛びすぎてて全部忘れそう。大切な象が骨格標本にされていたという場面に大変なショックを受けたのも束の間、その骨を武器に戦う主人公にポカーンですよ。汽笛みたいなの鳴らしたらまち中のエクストリーマー大集合とかホント面白い。
レストランで襲い掛かるチンピラどもをバッタバッタとなぎ倒し螺旋階段を進んでいく場面、このギラギラした色合いといいなんだろこの既視感?と思ってたら思い出した!ファイナルファイトだ!
映画 | CM(0) | TB(-) 2017.01.19(Thu) 22:47

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード