« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

非実在甥(姪)戦法

ここ何年も一番面白い漫画は「キングダム」だと現在進行形で思っていますが、それとは別に「トクサツガガガ」が面白い!!!
主人公の仲村さんは隠れ特撮オタクの独身OL(26)。自宅で特撮を見るのがなによりの幸せ、人目を盗んでガチャを回し、個人経営のおもちゃ屋で合体ロボのパッケージを片手に置き場所やひとり暮らしでカツカツな生活費との折り合いがつかず何時間も悩む。社会人としてのお付き合いはそれなりにこなすけど、暇大歓迎!早くお家に帰りたい!
いわゆる「オタクあるある」モノですが、それ系って読者もそれを知っていることが前提で知らない人が読んでもサッパリ楽しめなかったりするけど、この作品は「特撮とは!」という解説をサービス精神たっぷりに事細かにしてくれるから知識がなくてもじゅうぶんに楽しめる!特撮に興味がわく。特撮にも現場(ヒーローショー)があるのでそこらへんちょっと親しみを感じるし。若手俳優オタクの日常を描いた「2DK」を読んでたから、特オタから見た若手俳優ってのも興味深かった。
なによりこの作品で描かれているのは「オタク同士が仲間内だけで通じるネタで盛り上がっている様子」ではなく「隠れオタクの生き辛さ」だから特撮の知識がなくても、それこそ特撮解説読み飛ばしたって楽しめる。好きなものを自由に好きと言えない社会人の葛藤にはものすごく共感できる!まあ私は特オタ仲間の吉田さん寄りだから仲村さんみたいな苦労はしてないけどさ。
仲村さんは最大の「非」理解者が母親で、そこらへんのエピソードがなかなかキツイんだけど、「やってもらえなかったことばかり覚えていて、やってもらったことは忘れている」という場面には涙してしまった。
特撮用語でいうところの追加戦士として女児向アニメオタクや若手俳優オタクなんかも出てくるんだけど、ジャンルを超えた友情がもーーーー本当に羨ましくて!人数が足りないからと協力し合うカラオケ回とか羨ましすぎて震えた。「ひとりは傷付かなくて楽だけどいつまでもひとりでは続けられない」ってのもグサッときたー。
一番そうそうそうそう!と思ったのは「感想は言いたい」ってこと!感想は何万字書いても足りない!口でブチまけるのが一番!それこそ「ひとり」な私には感想を言い合える相手がいないんだけど、「こんなのを見たんだけどさー」を「へー」と聞いてもらうだけでもスッキリするもん。たとえ相手が話を聞いていなくとも!
こんなに面白いのに非オタが読んでも面白いのか謎すぎて万人に勧められないのが悔しい。でも非オタなら仲村さんの同僚に「あ、これ私だ」って思うかもしれない。私も「若手俳優の特撮ヒーロー出演歴を黒歴史扱いするな!」にはギクッとした。
完全にオタ向けならこんなもどかしさ感じることもないんだろうけど日常漫画としてもちゃんと面白いし、青年誌連載だけど「アラサー女あるある」なところもあるからむしろ女性こそハマると思うんだけど(お色気要素ゼロだし。イケメン要素もゼロだけど)、素通りしてる人ゴマンといるんだろうなあ~。とにかくなにかしら趣味を持ってるならば男女問わず読むべし!
しっかしこの作品…絵もキャラもノリもツボすぎて特オタマジで妬ましい。
特撮 | CM(0) | TB(-) 2017.01.11(Wed) 23:00

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード