« 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

死神が少女をおばあさんになるまでストーカーする話

「エリザベート-愛と死の輪舞-」のあらすじを手短に説明しようとしても支離滅裂になってうまく説明できないので、なんとか1行にまとめてみる。

自由を愛する少女が皇帝に見初められ結婚したものの厳格な姑とはうまくいかず、理解してくれない夫の浮気に愛想を尽かして逃げ出した末に息子に死なれテロリストに殺される話。

…これではトートが登場しないではないか。

綱渡りに失敗した少女を迎えに行った死神が少女に一目ぼれしてしまい「生きたお前に愛されたい(=死に焦がれて自殺してほしい)」と彼女を生き返らせたものの、嫁いびりにも夫の浮気にも息子の死にもめげずなかなか死んでくれないのでテロリストを仕向けて殺す話。

…トート視点のこっちのほうが宝塚っぽくていいかな。
宝塚 | CM(0) | TB(-) 2016.10.17(Mon) 23:33

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード