« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

I・AI・愛

宝塚花組公演・サイエンス・フィクションラブ・ストーリー「アイラブアインシュタイン」に行ってきました。
雪→星→宙→月→花→星→宙→宙→月→星→花→星→花の一公演振りの花組です。初めてのバウホール、全国ツアーチームとバウチームの両方を見るのも初めてです。
バウホールは最後列でもステージとの距離を感じない、コンパクトでとても見やすい会場。むしろ後ろの方がステージ全体を見渡せるし、ノンストレスで鑑賞できました。
バウチームは主演の瀬戸かずやさんはじめ、桜咲彩花さん、水美舞斗さん、天真みちるさんなどなど、「風の次郎吉」に出演した生徒が多数出演しているので、全国ツアーよりも楽しみにしていました。

「オー!マイキー」のボブ先生状態の総統やアンドロイドの失敗など楽しいシーンも多く、わりとコミカルに進んでいったのですが、一幕の幕引きで衝撃的な展開に。ところが二幕になると予想していた展開と違うというか、えっ、それでいいの?勝手にそんなことされて何を笑い合ってるの?とか、話もゴチャゴチャしてきて頭の中がハテナマークでいっぱいになってしまいました。振り返っても後半の展開がよく思い出せない…。別にオペラ覗いてばかりいたわけじゃないのにストーリーがよくわからないという結果に。
ストーリーはよくわかりませんでしたが、各要素はかなり好みでした。
衣装やセットのデザインはスチームパンクでかっこよく、最後に歯車のオブジェが組み合わさってハート形になったのには、おお~!となりました。
音楽もよかったです。ノリノリなロック調の「ノーモアマリオネット」は場面の勢いもあって楽しいし、アンドロイド達による「あの子は少し変わってる」の合唱は静かに不気味な感じが頭に残るし、スチームパンクなイメージによく合っていました。
観劇後にポスターを見ると、博士もアンドロイドだってこと、おもいっきりネタバレしてますね。

バウ公演のフィナーレでへーっと思ったのは、主役でも番手付じゃないと黒燕尾にキラキラは付かないということ。格差のない黒燕尾の群舞は端正でとても素敵でした。
女役二人を相手にするデュエット(じゃないか)ダンスにはエロスを感じました。そのまんまの意味です!
パレードじゃなくてカーテンコールっていうんですか?演じたキャラをイメージした決めポーズが楽しかったです。

簡単に印象に残った生徒の感想を。

・瀬戸かずや/アルバート
次郎吉の金さん役でもきれいな人だなーと思ってたけど、生で見ると本当にきれいで現実感がない。コスチュームもハマリすぎててフィギュアみたい。
滑舌が悪いのとちょこちょこ噛むのが気になりましたが、声量はあるのでストレスにはなりませんでした。

・桜咲彩花/ミレーヴァ
彼女の本来の持ち味はこっちの、貴婦人系なんですかね?
次郎吉でとっても元気な役を演じたときは歌になると急にソプラノボイスになるのがキャラに合わなくて戸惑ったのですが、こういうキャラならばピッタリの歌声。
なんだか意外でした。全然違う役が見れて嬉しいです。

・城妃美伶/エルザ
かわいいし歌うまいし演技できるし、花組をよく知らない私が見ても娘役トップ候補なんだろうなと思える人でした。デュエットでも声量のある瀬戸かずやさんに全然負けてないし。
あのお人形さんみたいな衣装を着こなせるのがすごい。

・水美舞斗/トーマス
親友が実はラスボスだった!ていう話かと思ったら違った。彼女は狂気の演技がうまいなあ。ソロも迫力があって素晴らしかったです。ラフな衣装もキマってる。
私、彼女は非の打ちどころがないと思うのですが。どうにかならないんですか?

・英真なおき/ヨーゼフ/レオ
専科の男役声ってなんであんなに自然なんですかね?正直、男役声って大半の人がどこかしら違和感があって聞き苦しいとすら思うこともあるんですけど、専科ではそう思ったことがないので。
彼女も例外なく、すごく自然に耳に入ってくる声でした。さらりと自然な演技も素敵でした。

・天真みちる/ハンス
次郎吉における三助さんの印象が強い彼女の正統派な執事スタイルにドキッ。アンドロイドだから無表情&無感情なのにどこかコミカルなのは彼女ならではでしょうか?メイドアンドロイドと偵察に行くシーン、かわいかったです。

・羽立光来/マルティン
現役屈指の歌ウマという評判の彼女、実は生で見るのを一番楽しみにしていました。のに、残念ながらソロなし。がっくし。役もニコイチであんまりおいくなかったです。もっとちゃんとした(?)役が見たかったなあ。でも長身で体格のいい彼女は軍服の着こなしが抜群で舞台映え最高でした。

・亜蓮冬馬/ヴォルフ
彼女、歌うまいっすね。長身なのでオペラを覗くとあどけない顔にビックリ。あの悶え苦しむ演技は本当に難しいと思う…。

・朝月希和/ヨハン
灰色の髪と服装のせいで少年じゃなくておじいさんに見えてしまったのでどうにかならんかったのかと。喋ればちゃんと少年なんですが。

ストーリーはよくわからなかったというか忘れてるけど、面白かったと思ったことは覚えているので、面白かったんだと思います。

今回初めてバウに行きましたが。バウの雰囲気は独特ですね。私が見た回がたまたまだったのかもしれませんが、誰かしらが誰かしらと知り合いといったご様子。一見さんお断りということはないでしょうが、少し肩身が狭かったです。

ところで瀬戸かずやさん主演なら「OH! Edo Night Show II『桜吹雪の金四郎-大江戸夜飛翔・其之二-』」という手もあったのではと思うのですが。思うのですが。今後いかがでしょう?
宝塚 | CM(0) | TB(-) 2016.09.30(Fri) 20:42

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード