« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ハナ毛リオン

お笑いコンビ「母心」の単独公演全国ツアーに行ってきました。
3年目のツアーですが、2年目は行けなかったので2年振り見ました。
私が見た1年目では初の全国ツアーということもあってか、嶋川さんは落語、関ちゃんはパラパラ漫画にそれぞれ挑戦するという大きな企画があり、気合を感じましたが、今回はそのような大きな企画はなく、ネタと交互に地方局のレギュラー番組映像を素材にしたVTRを流すシンプルな構成で、こなれて無駄な力が抜けた印象を受けました。前説担当の若手の登場にも若手の面倒を見てやれるようになったのか!と成長を感じました。(1年目は本人がやってた)

母心といえば嶋川さんのオカンキャラですが、今回の独演会でオカンキャラで出てきたのは一度きり。(しかも今回準備が間に合わなくて出遅れるというハプニングが)それ以外は普通の恰好(といってもどハデな花柄のスーツ)で進行。母心用語で言うところの「男漫才」が中心でしたが、キャラに頼らなくったってバッチリ面白い!
「若手なのに客席の年齢層が高い」という鉄板トークもネタが尽きないねー。「カリスマ美容師とは」「非関西人のエセ関西弁はウザイ」あたりのキャッチーなネタは気軽に楽しめましたが、嶋川さんの実体験と思われる「奥さんが事務所の社長って羨ましい?」がなかなか衝撃的で、スリラー映画を見ているようで気が重くなりました…。

終盤にやったトライアウト企画は単独公演ならではの試みで面白かったです。
様々な理由で2軍となっているネタを披露して客席の反応を見てレギュラー昇格を検討するという企画。
ホワイトボードにタイトルが10個くらい並んでいて「理由」を簡単に説明してお客さんに選んでもらうのですが、その「理由」が興味深い。
「嶋川さんの実体験で特定の人を傷付けるおそれがあるからやりたくない」
「今回のツアーの若者だって笑わせたいというコンセプトに合ってない」
「広い会場だと伝わらない」
「2日前にできたばかり」
どれもこれも見たくなりましたが、そのうち3本が披露されました。
こういう「お客さんのためじゃない本人のための企画」ってのもいいですね。見てる側もお試しな感じに優越感得られるし。

公演の最後には「嶋川さん、公演中にギックリ腰になる」という盛大なオチがつきました。お大事に!

あっという間の2時間公演、笑いっぱなしでした。アゴ痛いー。2年振りの母心は確実にパワーアップしてました!この2年間の場数がそのまんま余裕に繋がってるのかなと。話の流れは忘れたけど「賞レースがんばるぞ!」という発言があって、テレビとはまた違う世界で頑張っているお笑い芸人がいるということを再認識しました。
大都市にでも住んでなきゃお笑い芸人の単独公演を見る機会なんてなかなか無いですからねー。まして「売れてない芸人さん」となると。ツアーで来てくれるのは本当にありがたい。また来年もよろしくお願いします!

さて今回のツアーはサブタイトルに「若者だって笑わせたい!」と付いているわけですが。
確かに母心は取り上げるテーマからしても若者向けではないんだろうなとは思うけど、本人が言うほど年配向けでもないと思うんですよね。「若手のノリにはついていけないけど大御所のノリでは物足りない」というような、それこそ母心と同世代の人こそハマるんじゃないかなと。全員集合よりもドリフ大爆笑よりもバカ殿になじみがある世代におすすめしたい母心です。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2016.08.03(Wed) 22:55

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード