« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

俺は差別しない。全て平等に価値がない。

(最後のはホントに)最近見た(けど最初のはいつ見たのかも覚えてないくらい前に見た)映画

・魔法にかけられて
ディズニーアニメの世界から永遠の幸せなんてない世界=現代ニューヨークにやってきたプリンセスの話。
実写+アニメということでロジャーラビットみたいな感じかと思ったら全然違った。
プリンセスが歌うと森の仲間たちがやってきて~というほのぼのシーンも現代ニューヨークではやってくるのは鳩やネズミやゴキブリ、それを実写でやるもんだからとんでもねー絵面に仕上がってました。ゾゾゾ~。
ラストも「王子様と結ばれて幸せに暮らしました」とはいかず…。可能性は考えたけどやはりディズニープリンセスのセオリーからするとまさかな結末。しかもやもめだし。お互いパートナーいたのにねえ。ま、パートナーも幸せになったからいいか。
頭ン中お花畑なプリンセスが現代アメリカで手に入れた「人間らしい心」が「怒り」というのには唸った!なるほど~。

・フルメタルジャケット
ベトナム戦争のために鬼軍曹にウジ虫以下と罵られながら厳しい訓練を乗り越えた若者たちが戦地に送られる話。
訓練が第一部で戦地が第二部だとしたら、ゲラゲラ笑いながら見てたから第一部の結末に気まずくなった…。ハートマン軍曹は悪い人じゃないと思うんだけどなあ。しかしまあーよくも次から次へとあんな汚い言葉が口から湧いて出てくるもんだ。
第二部はラスボスに唖然。「Shot me」の連呼は強烈で夢に見そう…。
ファミコンウォーズのCMとかウルフルズの「すっとばす」のPVとか、元ネタが知れてウフッ。

・殺人の追憶
とある村で発生した連続強姦殺人事件を追う話。
冒頭で「実在の未解決事件を元にしたフィクションです」と説明されているとおり犯人はわからずじまいなんだけど、エピローグが素晴らしい。犯人の顔が映るのもだからこその演出かなと。あのシーンはホラー映画ばりにビビッた。
しかし韓国の取り調べってマジであんなんなの?署内で掲げてるスローガン、「安全第一」のノリで「拷問はやめよう」とか、冗談だろ?

・オールド・ボーイ
「なぜ俺は15年間も監禁されたのか?」を探る話。
2時間あっという間の面白さだったけどもう二度と見たくない。最大の地雷踏んだ。
犯人が姉を殺した(自殺に追い込んだ)んなら逆恨みじゃん!と思ったけれど、そうではないとわかったから多少の救い(?)はあったかな。地雷は地雷なんだけど「俺たちはすべてわかったうえで愛し合っていた」というセリフには切なくなってしまった。
醜態さらして自傷してまでなかったことにしたかった過ちが繰り返されることを暗示したエピローグがまた…ハッピーエンド装って地獄は続くよどこまでも。そこまで犯人が仕組んだことだとしたら復讐大成功だね。

・ヘラクレス
宝塚がディズニーとコラボしたレビューでやった曲で歌詞が面白いから見てみようと思ったシリーズ。
話はたいして面白くないんだけど、キャラクターが個性的で楽しめた。パッケージから想像できない漂うオシャレ感。キャラクターデザインブッ飛びすぎ。風刺画家を起用したとかで納得。ゴスペルクワイヤホント楽しい。
基本ローテンションでたまに激昂するヴィランいいです。好きです。
これまたローテンションで妙に色っぽい年上(?)陰性ヒロインいいです。好きです。
主人公よりも脇役のほうが魅力的だなあ。
ゼウス=浮気しまくり外に子ども作りまくり、ヘラ=嫉妬でゼウスの浮気相手&その子ども殺しまくりというイメージなので仲睦じい二人にものすごい違和感。違和感といえばバケモノと戦うシーンの丸出しCG。時代を感じるな~。
主人公の吹き替え担当したTOKIOの松岡くん、普段のオドオドしたキャラには棒読みも味になってたけど、戦いのシーンは全っっっ然ダメ。歌なんかもうお話にならない。せめて歌だけでも別の人にしてほしかった。これならしょこたんにラプンツェル歌わせたっていいじゃんねえ?ってくらい。メイキングで本役が「若く才能に溢れる人物を起用」と紹介されてて吹き替えはどうでもいいのかよ!とツッコんでしまった。
工藤静香は工藤静香なんだけどけだるい感じがやけにハマっててなかなかよかった。

ディズニーで始まりディズニーで終わってる!偶然!
映画 | CM(0) | TB(-) 2016.05.22(Sun) 23:42

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード