« 2019 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

わかるものがわからない

クリトリック・リス。

黒パン一丁のたるんだ体のハゲおやじ。写真見ても全っ然かっこいいと思わないのに生で見るとかっこいい。
しっかりタメてキメるパフォーマンスに中高生向けのラジオ番組の兄貴的パーソナリティーみたいなしゃべり方、こうしてスイッチ入れてカッコつけられるってところがおっさんなんだろうな。だって今の若いコは自然体がカッコよくてカッコつけるのはカッコ悪いんでしょう?やろうと思ってもできないだろうけど。できない言い訳にも思えるけど。カッコつけるのをかっこいいと思える自分でよかった!
社会人経験しっかり積んだ彼のメッセージはやはりそれなりに社会人経験積んだ人にこそ刺さるんだと思うんだけど、バイトしかしたことなさそうな、「赤い唇」や「イコライザー」がなんなのかもわからないような若いコたちがキャッチーなフレーズに合わせて拳振り上げてシンガロングしてるの、なんだか不思議な光景。
…なんて思いながら後ろから眺めてたらスギムさんフロアに降りてきて目の前でくまのアーノルド。キュートなダンスが脳裏から離れません。
いやでもホントにライブハウスのメインの客層からするとスギムさんって親世代でしょ?こういう芸風で自分の子どもみたいな人たちに面白がられてるのってどういう気持ちなんだろう?
つくづくクリトリック・リスの立ち位置ってのは唯一無二なんだなあ。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2016.05.02(Mon) 00:05

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード