« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2015/08/23(日)みちのくプロレス「道場プロレス2015・8月シリーズ・第2回」@滝沢市大釜幼稚園体育館 観衆:77人

開場時間過ぎてるはずなのに開場待ちの列があったのでおかしいなとは思ったんですけどね。お時間になったのに始まらず。試合開始が遅れる旨アナウンスがあり結局10分押しでスタート。珍しいこともあるモンです。
本日は道場プロレス実行委員長・大柳錦也氏提案によるコスチューム交換きせかえマッチということで前説は大柳先輩が担当。出囃子は異邦人じゃなくてベルばらのアニメの主題歌。「今日はルイ16世のお誕生日です」なんでその人選?と思ったら、ルイ16世の経歴紹介で「フランス革命によりギロチン…ギロチンドロップ?」とボソッと、これが言いたかったのかなと。
本日の試合形式について簡単に説明。誰がどのコスチュームで登場するかは出てくるまでわからないと。「私はいつも道場プロレスの企画のことしか考えてません」道場プロレス以外の試合や土地家屋調査の仕事をしているときはいつもうわのそらなのかと思うと笑えます。
日程告知では8.30のOOGAMANIAについて「野橋を助けてやってください」ってそんなにチケット売れてないのかね?
「今日は始まるのが遅れてしまったので歌はありません」歌のない道場プロレスなんて…。

本日のジャンケン大会の賞品は、パスタオル、ポスター3本、お菓子3袋でした。

大柳先輩一旦退場して試合開始。

1.大柳錦也プロデュースコスチューム着せ替えマッチ20分1本勝負
○日向寺太郎*日向寺塁、のはしあゆむ*のはしたろう(16:07片エビ固め)気仙大地*気仙沼二郎、佐々木塁*佐々木大地×※ゴリークラッシュ

最初に流れてきたのは大地の曲。出てきたのはなななんと沼ちゃん!前説大柳先輩だったから沼ちゃんは今日もお休みでてっきり昨日のメンバーでやるのかと思ったのでビックリ!大地の若々しいコスチュームは沼ちゃんには全く似合いません!ていうかよく入ったね。コスチュームは似合わないけど、登場して雄叫び、リングインして雄叫び、と、沼ちゃん本人は大地になりきってるご様子。
続いて郡司の曲が流れて「のはしたろう」って先にアナウンスするなよ!アナウンスどおり野橋登場。野橋も両腕を広げて雄叫び、ダッシュでリングインして、気合いの連呼、と沼ちゃん以上に郡司になり切ってました。
お次は塁の曲で大地登場。あの奇抜な入場アイテムは塁だから許されるんだなと思い知らされました。大地もエプロンサイドでのけぞったり、コーナーに上って陽気にアピールしたりとこれまたなりきってました。
最後は野橋の曲で塁登場。塁の股旅スタイルなんて最初で最後だろうな。野橋の入場シーンには欠かせないトップロープ飛び越えを披露しました。
全選手リングに出揃ったところであらためて、なんだこの絵面。試合に先駆けてお客さんに向けての記念撮影のサービスがありました。
リングコールでもしっかりなりきる面々。なんかチガウ沼ちゃんとだいたい合ってる野橋が面白い。最初に塁がコールされたんですけど、無意識に大地を見てて、塁が手を挙げたからあ、こっちかって。いやでもここまでなりきるんならコスチュームだけじゃなくてキャラクター交換マツチでもよかったんじゃない?!お客さんも声援間違っちゃう感じの。選手も二人とも返事しちゃう感じの。
大爆笑の入場シーンから一転、試合はまともに始まりました。野橋はこれでもかと気合いを発しまくってましたが。
入場時には気付かなかったんですけど、試合を見ているうちにだんだんと…必要以上に黒く、美しく鍛え抜かれた体に赤いロングタイツ…拳王が大釜に帰ってきたような錯覚に陥ってしまいました。大地のことなんですけどね。まじで顔見切れた写真なら「これ拳王でしょ?」ってなるくらい拳王でした。
この試合はあくまできせかえマッチなだけであってファイトスタイルまで交換するわけではないと頭でわかっていても、野橋が沼ちゃんのリストを取るとそのままコーナートップに上ってアームホイップでもするんじゃないかと思ってしまいました。まあねーさすがにねーできることとできないことがあるからねーとか思ってたのに、試合が進むにつれてムーブを取り入れだす面々。野橋はミサイルキックと場外プランチャ。ミサイルキックは郡司だって負けてませんが、野橋の場外プランチャは本家では見れないような見事なものでした。
沼ちゃんはトラースキックとノーザンライトスープレックスに挑戦しましたがどちらも成功せず。大地ってばなにげに難しいことやってるのね。
塁は野橋に促されて倒れこみヘッドバッド。どうしてコーナートップからはエルボードロップじゃなくてスプラッシュをしたのかがわからなかったんですけど、もしかしてダイビングヘッドバットやろうとしたのかも。覚悟決めきれなくてスプラッシュになっちゃったとか?
問題は大地。フライングボディアタックをかまして「フォー!(地声)」しかもこれを三方向にやった挙句「みなさんもご一緒に!」調子に乗った大地は「俺そんなにしつこくやらない」と塁に強烈なビンタをかまされてマウントでタコ殴り。よほど腹に据えかねたのか、止めようとする大柳レフェリーを突きとばす塁。これが大柳レフェリーの逆鱗に触れてしまい、大柳先輩のヒップアタックが塁に炸裂!「コスチューム履いてないじゃない!」と沼ちゃんからの指摘を受けるとズボンを脱いで「履いてます!」控室からコッソリ拝借したってこと?!大柳先輩はヒップアタック連発で塁にお仕置き。塁も反省したことでしょう!
その後、大柳先輩はレフェリー業務に戻ったのですが、ズボンが足元にたごまったままで機敏に動くもんですから笑いながらもヘンに感心してしまいました。しかも終盤だから試合の流れだって速くなってるのにね!
ここまできたらフィニッシュもなりきりで来るかな?!とちょっとばかし期待もしましたが、塁のゴリークラッシュでフィニッシュ。大柳先輩がズボン脱いだ時点で大柳先輩の卍固めでフィニッシュとかありえなくもないと思ったのでまともに終わっただけ良しとします。

試合終了、大柳先輩は足元にズボンをたごませたままマイクを取りに行き疲れ切った面々に「お疲れ様でした」大地に向き直ると「大地はやりすぎたな」塁「フォーは1試合につき1回」大柳先輩「次は気を付けるように」野橋「…エッ、次もあるの?!」明言はしなかったけどどうなることやら。あらためて大地に「負けてしまったけど、対戦相手の気持ちを知ろうとすることは大事なことだから、この経験を生かしてタイトルマッチがんばれ」とエールを送りました。「すごいいいこと言ってるのにその格好」と野橋にツッコまれてようやくズボンをはきなおしました。でもその後にトイレからオムツ丸出しのおチビちゃんが戻ってきたので大柳先輩またスボン下げて「おそろい」アピール。やさしいけどアホだ!
「みなさん今日は何の日か知ってますか?」…ルイ16世の誕生日?「みなさんテレビ見ますか」無反応…。沼ちゃん「こりゃ見てないな」大柳先輩「今日は24時間テレビの日です」沼ちゃん「よりによってウチと一番縁のないテレビ岩手」大柳先輩「みんなでサライを歌いたいと思います」えええええ?!沼ちゃん「ちょっと待って、みんなサライ歌える?少なくとも俺は歌えないよ」大柳先輩「歌詞カードを用意してきました」沼ちゃん「ええええええ?!」本部席から歌詞カードが渡されてもう言い逃れできません。「みなさんも一緒に歌ってください」沼ちゃん「お客さんこそ歌えないよ!」で、曲がスタートしてリング上ではマイクを回して歌い始めました。大柳先輩めっちゃ上手い!と思ったら、いわゆる「まま音」でした。私がそうなのですが、他のお客さんも歌えるほどは知らないようで…そんなビミョーな空気を打ち破ったのは、はいそうです、佐々木大地です。声量はあるしリズム感は悪くないのに音程が壊滅的というおなじみの歌声を披露してくれました。もちろん笑顔全開で。いや大した度胸です。歌い慣れてる沼ゃんはともかくとして、大柳先輩と野橋は声があんまり聞こえなかったもの。(きっと二人も歌えるほどは知らなかったのでしょう)
と、無理やりハッピーエンドなムードに持ってって最後は大柳先輩の音頭で「不滅だー!」でシメました。

いやー。久々のトンパチ興行でした。予告だけでも面白くなりそうとは思ってたけど、ここまで大柳先輩がやりたい放題になるとは。サライのくだりは大柳先輩的には感動を演出したかったのかも知れませんが、大地がいる時点で土台無理な話です。「本人が真面目なほど面白い」な空気を感じました。実験的な試合形式の中には正直ハズレだなと思うようなものもありますが、今回は大当たりでしたね。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2015.08.28(Fri) 23:14

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード