« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ア、

町あかり「ア、町あかり」

メジャーデビュー作品となるセカンドアルバム。
町あかりの魅力を一言で表すと「手作り感」なので、メジャー盤ということでいきなりゴージャスな音になってたらどうしようかとドキドキしていたのですが、さすがにそういうことはなく。
とはいえ、なんでしょう。びじゅチューン!に例えると、ジョリーラジャーズ版?
クレジット見るに実際に他人の手が入ってるので、これはあかりちゃんが選んだ音なの?と思うのもチラホラ。とくにギターの生音に違和感。バンドセットでもライブやってるのでそれを見ていればまた印象は違うのでしょうが。
曲そのものは「町あかり以外のなにものでもない」という感じで、満足しております。
レコード盤を意識したアートワークはバッチリですね。歌詞カードに掲載されている曲をイメージしたあかりちゃん作のイラストも楽しい。頬が緩みます。

ひとこと全曲レビュー。

1.ア、アイシャドウ
化粧品のCMソングを意識した思われる曲。アイシャドウの粉を蝶の鱗粉に例えるなんてオッシャレー。

2.もぐらたたきのような人
おなじみの。ファーストよりもグレードアップしてるような?

3.それ分かる!
この曲こそまさに「それ分かる!」ですよ。女同士の会話なんて心無い同意のみで構成されているのです!

4.さっきも聞いたわその話
最も共感した曲。共感しすぎて今作品で音源化される以前に数回聴いただけでも脳内リピートが過ぎて1番ならそらで歌える。

5.No Problem(お安い御用)
珍しくあかりちゃんが英語で歌っている曲。音楽バーのステージでピンスポット1本で歌ってそうなアダルトな雰囲気が素敵。

6.ちょっとここじゃあ言えません
怒りに満ちた曲なのにきっとここで言われても大したことないんだろうなあと思ってしまうような溢れるほのぼの感。

7. 夢という小鳥
平日昼間放送で10年くらい続いてるホームドラマの主題歌みたいな曲。

8.横浜のすずめ
ハテ、すずめとは気取るようなものなのだろうか?チュン。

9. コテンパン
おなじみの。ファーストよりも歌い方に力が入っているような?

10.お悩み相談室
「あなたがそう思うならそれでいいと思います」全肯定して受け入れてくれるようにも全否定して突き放されているようにも受け取れる不思議なフレーズ。

ボーナストラック.神楽坂劇場のテーマ
神楽坂劇場ではおなじみの。嬉しいサプライズ!

「アッチャ~」は「コテンパン」や「もぐらたたき」に位置する曲だと思ってたので、収録されなかったのが意外。ストックはまだまだあるぞということで、今後のリリースも楽しみ楽しみ。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2015.07.02(Thu) 22:34

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード