« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2015/05/30(土)みちのくプロレス「道場プロレス2015・5月シリーズ・第5回」@滝沢村大釜幼稚園体育館 観衆:47人

三週連続道場プロレスも今週で最後。受付が瀧澤専務でおや?と思ったら「宇田川さんは負傷欠場です。大柳さんのパイルドライバーを受けて」お、お大事に。みちプロの売店ごとお休みで、他のブースの配置もいつもと違っていました。

お時間になりまして、レフェリー姿の大柳先輩が登場。試合が無いからの前説かと思ったら沼ちゃんお休みでした。
出囃子はNHKBS「にっぽん縦断こころ旅」のテーマ曲とのこと。「今日は火野正平さんのお誕生日です」大柳先輩は火野正平のプロフィールを懇切丁寧に説明。数あるエピソードの中で業界一のプレイボーイと呼ばれているくだりを紹介したということは大柳先輩の琴線にひっかかったということなんでしょうね。火野正平と聴くとジャズトランぺッター?と思ってしまう私です。そりゃ日野皓正だ。
日程告知では「ローカル線プロレスは自分も初めてなのでどうなるかわかりません」と不安気。後楽園大会は半月後にして超能力者の応募はまだないようです。「明日は私のプロデュース大会ということになっていますが、そんなたいしたことではなく、特別なルールでやりたいと思います」オオヤナギ春の黒パンまつりじゃないのね?

続いてじゃんけん大会、本日の賞品は、お菓子詰め合わせ、チョコ、キャンディー、ポスター3本でした。勝ち残りが賞品より少ないとてきとうに賞品をまとめて人数分にするのですが、今日は4人残りでイチ抜けの賞品がお菓子詰め合わせ、チョコ、ポスター1本と豪華なことになってました。

じゃんけん大会を終えて大柳先輩がリングを降りたので、今日は歌なしなのねと思ったら、大柳さん戻ってきました。そしてエプロンサイドに立つと「歌いますか?」お客さん拍手!しかも今日は海の魂に挑戦!イントロの時点で何度も深呼吸して緊張してるのがまるまかり。俺の海はそらで歌える大柳先輩ですが海の魂は歌詞カードを見ながらでしたが、よいとこらさっさーでは網を引いて拳を挙げるポーズもしっかり決めて、「間違ったので」と言いつつも2番まで歌い切りました!いやー海の魂って難しいんですね。沼ちゃんとくに歌うまいとか思ったことないというより沼ちゃんの歌だからそういうものだとしか思ってなかったのですが、この曲を歌いこなす沼ちゃんは歌うまいんだなと思い直しました。

1.20分1本勝負
△のはしたろう、郡司歩(20:00引き分け)日向寺塁、佐々木大地△

みちのくふたり旅2013優勝タッグが登場!対する塁大地組は実は珍しいタッグで、直近が2014.12.28、その前が2014.7.27と、半年に1回くらいしか組まれなてないんですよね。
ニューフェイズ対決からスタート。スタンディングでバックの取り合いの後、ロックアップして力比べ、そしてエルボー合戦へ。やっぱりこの二人の戦いはアツくていいね!
郡司対塁では、塁が郡司にアンクル取られたまま片足でとっとっとっ…とバランスを取って延髄蹴り!スゲエ!
野橋がリングに出たかどうかなうちに郡司が捕まってしまいました。これでもかと左腕を狙われる郡司、大地が郡司を自コーナーに押し込めるとコーナートップに立って待っていた塁が郡司の腕にレッグドロップ!なんと凄惨なことか…。郡司、顎切ったみたいで流血してるし。
攻め立てられる郡司に野橋は「返せるよ!」といったふうに、声を荒げても言葉は荒げずに励まして続けてるのがすごく印象的でした。
郡司が塁にいたぶられているのを見かねて野橋がカットに入ると大地が野橋を排除しリングに飛び込んできたんだけど抵抗する野橋を排除できなくて、そのうち塁が郡司そっちのけでふたりがかりで野橋の排除にかかったのは平気でほっとかれる郡司こそそれでいいのかと!
捕まりっぱなしだった郡司、あれはラリアットと言っていいんだろうか、大地の首に自分の一の腕を叩き付けてようやく帰還。
いよいよ野橋の出番!大地も塁に交代して野橋対塁に。野橋は塁のアックスにふっとばされるも飛びつきフランケンを決めると、ここから野橋大フィーバーで大挽回。低空ドロップに倒れこみヘッドバッドを決め、対する塁もあの微妙なフライングボディアタックでフォー!からのライオンサルト!エルボー合戦では野橋がすんごい音立てて打ち込んでて驚嘆してしまいました。
野橋の奮闘のおかげで郡司も復活、ブルドッギングを成功させ、入れ代わり立ち代わりの攻防ではミサイルキックをバッチリ決めました!
そういえば大地が見たことない技やってました。ファイヤーマンズキャリーから相手の前面をサイドに叩き付けるの。調べてもわかりませんでした。
終了間際の大地対郡司、なんでか攻防が全然噛み合わなくって、発端は郡司が大地の蹴り脚掴み損ねたっぽくて、そこからバタバタな感じになっちゃって、それなのに仕切り直すこともなく、とにかく二人ともなんかしら仕掛けようとしてるみたいで、ケンカとも違うし、でもプロレスじゃないし。ヘンにツボに入ってしまって参りました。結局どうにもならなくてエルボー合戦になっちゃってるしね!
塁が終盤で強烈なビンタ二連続かましたんだけど、どこぞでプロレスラー談として「ビンタなんて誰でもできるからやらない」というのを読んでからビンタの印象がよろしくないのです。南野のナックルと被るのも嫌な理由。
ついに郡司がフェイスロックで大地からギブアップか?!と期待する場面もあったのですが、エスケープを許してしまいそうはいきませんでした。
で、塁と野橋の抑え込み合戦で時間切れ。
私は引き分けはよろしくないと思ってるのですが、あまりの混戦っぷりに引き分けもいたしかたなしかなと。もう展開がめまぐるしくてついていくのが大変でした。4人とも最後までよく動いてたしね。試合のクオリティは高いとは言えませんが、いろんな意味で面白かったです。みんなイキイキしてた!とくに塁と大地、この二人が組むとイキのいい若いタッグって感じがして、塁の横に並んでる大地は強そうに見えました。野橋郡司組よりも塁大地組の方が「勝つだろうな」と思えたし。組み合わせ見たときに若干、試合を見てる間はかなり。

試合後、レフェリーの大柳先輩がマイクを持つと「延長する?」野橋が全力でご遠慮。結局「続きは明日ということで」そのまま大柳先輩がマイクを握ってみんなを労ったんだけど、「野橋、塁、大地、郡司」って全員を呼び捨てにしたのがなんだか先輩!って感じがしてすごくかっこよかった。「今日は引き分けということで私が締めさせていただきます」で、大柳先輩が音頭を取って不滅だー!で締めました。
締めた後に野橋と大地になにやら話してた(というより野橋が一方的に話しかけてた?)のですが、野橋も笑ってたし大地も明るい顔してたから、大地なんかいいこと言われたのかなー?

お振る舞いは郡司特製牛スジちゃんこ。牛スジとともにじゃがいもかと思うような脂の塊がゴロンゴロン入ってて見た目にギョッとしてしまいましたが食べてみたらおいしかったです。でも顔が油田になりそう。

会場の外では塁・野橋・郡司がお見送り。ただでさえお客さん少ないのにお振る舞いのある日はお客さん帰るタイミングバラバラだから選手が待ち構えているところを通るのがすごく恥ずかしいんですけど…。ベルトコンベア方式の方が気楽。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2015.05.30(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード