« 2019 . 12 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2015/05/23(土)みちのくプロレス「道場プロレス2015・5月シリーズ・第3回」@滝沢村大釜幼稚園体育館 観衆:56人

本日のカードはあみだくじで決めると事前に発表が。公開で決めるのかと思っていたのですが、到着したらすでにホワイトボードに決定事項が書いてありました。レフェリーも前説もあみだくじで決定したようで。大柳先輩の前説によると、客入れ時間の早いうちにやったみたいですね?早く行けばよかったなあ。しかし動員はいよいよ元に戻った感じ…。

というわけで前説担当の大柳先輩登場。出囃子はスターダストレビューの夢伝説。ボーカルの根本要さんのお誕生日だそうです。ということは今日の青森ライブは根本さんのバースデーライブだったのね。
「盛岡は暖かくなりましたか?」当日はかなり気温が上がりました。「青森も暖かくなってきましたが、まだ風が強い日もあったりして、今日やっとコタツをしまいました」雪国あるあるですな。6月にも1日くらいストーブ付けちゃったりする日があるよね!「コタツを干す時間が無かったので、今日ここに来る前にレイコップを買って実家に寄って母に頼んだのですが、レイコップ素晴らしいです。フィルターがみるみる真っ白になりました。今日買ったばかりなのに母に新しいフィルターが欲しいと言われました。回し者ではありませんよ。レイコップおすすめです」たかた社長「清潔に清潔に!」ですね。
日程告知「ムーの太陽の祭典はすごい試合になりそうです」と、大柳先輩も後楽園大会に注目しているようです。
グッズ紹介「私の最強卍固めのTシャツが入荷されています。身内には好評で、こないだのツアーのときも一週間ほどでなくなりました。もしかしたらそのうち手に入りにくくなるかもしれません」商売上手!「Tシャツが売れれば私のギャラが出るかも知れないのでぜひ買ってください」そうか前説程度じゃギャラは出ないのか。
告知も終わり、お客さんから「歌は?」なんて声も飛んで、これ言ったお客さんもきっと冗談半分だったと思うのですが、真面目な大柳先輩は「沼二郎さんの代わりをしっかりと務めたいと思いますので」と、ポケットから俺の海の歌詞カードを取り出しました!「一番だけ」とはにかむ大柳先輩。「歌詞カードは持ってきましたが見ません」とポケットに戻して見事にそらで一番を歌い切りました。今度は振り付きで頼みます!
続いてジャンケン大会。賞品は贈答用っぽいタオル、ポスター3本、クッキー、マシュマロを計6名様に。先週に引き続きで要領を得たようで、オオガマックスのサポートなしでしっかり進行していました。

1.30分1本勝負
○のはしたろう、気仙沼二郎(17:06片エビ固め)日向寺塁、郡司歩×※東林寺ドライバー

あみだくじで決まったカードはこのとおり。たしかに普通なら出てこないような組み合わせ。欠場でもないのに大地が入ってないというのがありえない。大地も郡司も試合しない道場プロレスもありえたってことだよね。しかしそれでは道場プロレスの意義が…。(こないだの野橋対大柳先輩の61本3本勝負はノーカンで)
そんな大地はレフェリーを務めます。大地のレフェリーは珍しいのでレフェリーシャツが見慣れない。
先発は沼ちゃんと塁。じっくりとバックの取り合い。
塁と交代した郡司は沼ちゃんを相手に三角飛びアームホイップ。
両者交代、塁と野橋でショルダー合戦は塁の勝ち。野橋の絶品リープフロッグが見れるロープワークの末に塁がダメ押しショルダー。
野橋は郡司ともエルボー合戦を展開。野橋が出てくると一気にリングが熱を帯びますね!
そうこうしてるうちに野橋が捕まる展開に。郡司も積極的に攻めます。郡司が相手でも野橋に声援を送りたくなるほどによく攻めていました。
野橋は郡司に振られそうになってもロープを掴んで堪える。郡司は野橋の腕を掴んだままボディに一発入れて弱らせてからどうにか振るも、カウンターで野橋のフライングボティアタックを喰らってしまいました。これで野橋窮地脱出。一気に混戦模様に。
野橋に続いて沼ちゃんもサニーサイド、更に塁もフライングボディアタックからのフォー!でフライングボディアタック祭。塁のフライングボディアタックは微妙だったけどライオンサルトは相変わらずお見事。低空ドロップなんて塁にしては珍しい技も出てきました。それからドロップキックも。塁のドロップキックは素晴らしいのでもっとやってほしいのですが。
塁対沼ちゃんで、お互いタイミングが合わなくて沼ちゃんのダイビングヒップアタックを塁が待つような感じになってしまったのはちょっと残念。ヒップアタックは喰らってしまった塁ですが、ダイビングレッグドロップはしっかり回避しました。
再び塁郡司組が優勢に。野橋相手に郡司はギロチンドロップを成功させ、塁が野橋をキャメルクラッチに捕らえると郡司は沼ちゃんがカットに入って来られないようにしっかりガード。あわやギブアップというところでなんとかロープエスケープ。
郡司は野橋にバックドロップで持ち上げられたところを潰してフォール。3カウントは入らず、結局その後バックドロップで投げられてしまいました。
ようやく沼ちゃん野橋組に風向きが。当然狙われたのは郡司。沼ちゃんから銀鱗を喰らいその場飛びセントーンでグチャッと潰され、野橋にはダイビングヘッドバッドを喰らい強烈な低空ドロップ!これを返すと野橋の東林寺ドライバーが炸裂!3カウントとなりました。いやー長丁場でした。

試合後のマイクは野橋。「私は今年で33歳ですが、沼二郎さんの頑張る姿を見て自分もまだまだやれるなと発奮させられました。大釜のメンバーだけでこれだけの試合ができることを誇りに思っています。これからも道場プロレスをどうぞよろしくお願いします」そうだそうだ!33歳なんてまだまだこれから!野橋は元々ネガティブ発言多いし、最近だとセカンドキャリアを考えているような発言もしてたから気が気じゃなかったんですけど、このマイクを聞いてホッとしました。
「この後、大地のおでんの振る舞いがありますが、その前にいつもので締めたいと思います。ご起立ください」で、不滅だー!で締めました。
野橋と沼ちゃんはあらためて握手。両手を掲げて勝どきをあげました。
塁と郡司はというと、塁はとくに郡司の傍にもいかずひとりでリングを降りたのですが、野橋のマイクの最中もリングから少し離れたところにずっといて、郡司と一緒に退場したので今日は合格点だったのかな?一緒に退場といっても肩貸したりとかはなくて一歩前を歩く感じだったんですけど。
見てる側からしても今日の郡司は本当によく塁をサポートしたと思う。えらい偏ったカードだったけど、塁も基本は大地に任せてという感じじゃなくて自分からガンガン行ってたので充実感のある試合になったのかなと。ま、塁はまだ「若いのに任せて…」なんてトシでもキャリアでもないしね。まだ本人が「若いの」だからね。

お振る舞いの大地特製おでんはたまねぎが甘くておいしかったです。

今日は三ちゃんいました。先週末は「もしかして…」なんて疑ってしまって大変失礼しました。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2015.05.23(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード