« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2015/04/28(火)みちのくプロレス「道場プロレス・フリマ2015」@滝沢村大釜幼稚園体育館 観衆:110人

ゴールデンウィークツアー恒例のフリーマーケット。私は初回で懲りて以降スルーしてたのですが、当日になって「19時半から3試合」の告知が。しかもサスケ参戦ですと?!急きょ予定変更。まさか3試合もやるとは思ってませんでした。どうりでチケット高かったわけだ。時間もわかってれば身の置き場に困ることもないしね。

というわけで行ってまいりました。出入口では珍しく大地がお出迎え。会場内はフリーマーケットを楽しむ選手とお客さんでにぎわっていました。

そのうち選手も一旦引っ込んでお客さんもゴザシートに座りお時間になったようで沼ちゃんがリングに登場。
「世間的には今日はゴールデンウィークですか?まだ?」剣舞ブースの行列を見て矢巾のチケットが飛ぶように売れてるのかと勘違いしたとかなんとか?近郊の大会を簡単に告知してトークもそこそこに歌へ。「今のうちにトイレなど済ませておいてください。歌聴かないでフリーマーケット見ててもいいですよ」と謎のお気遣い。とくに誰も立たなかったようで「律儀ですね」今日の歌は海の魂でした。

1.15分1本勝負
○南野タケシ、卍丸、ken45°(7:54丸め込み)のはしたろう、日向寺塁、剣舞×

第1試合から6人タッグ!しかもこの面子!
のっけから野橋と卍丸が激しいエルボー合戦、どっちが打っても「ゴッ」という音が響いて強烈!
場外乱闘ではバッドボーイが大暴れ。
野橋が倒れこみヘッドバッドで自爆して捕まってしまうもkenに腰を掴まれたところを堪え切り逆に投げ飛ばして窮地脱出。
タッチした塁はエルボー連打、剣舞も南野にヘッドシザーズホイップ、kenに619と一気に流れは正規軍に。
野橋に飛びつきフランケンで叩き付けられたkenが狙われ始めたと思ったらレフェリーの気をそらして剣舞にラリアットから急所攻撃!すかさず飛び込んできた舎人一家は卍丸のラリアットから南野の立ちシャイニングに繋ぐ抜群のコンビネーションを見せてくれました。
終盤になっても攻防が次々に入れ替わる接戦の末、剣舞が南野をラ・マヒストラルで捕らえて3カウント入ったー!ちょっと剣舞金星じゃん!と思ったら南野に軍配が上がってエッ?!なんと南野が剣舞を押さえ込んで南野の勝ち。
結果はぬか喜びでガッカリでしたが、ハイスピードな展開の6人タッグをじゅうぶんに堪能できました!
試合後、剣舞と塁が言い争いからド突き合いを始めたので野橋が仲裁に入ったところ、ド突かれたのでド突きかえしたらいつの間にか野橋対塁・剣舞の構図に。野橋は二人にド突きまわされながら退場していきました。野橋はとんだとばっちりだったけど塁と剣舞が仲直りしてよかったよかった。

2.15分1本勝負
○気仙沼二郎(9:35体固め)郡司歩×※気仙沼落とし

ニューフェイズのカードが第1試合のメンツより上というのが道場プロレスらしい。まずは郡司、相手は東北Jr選手権を目前に控えた沼ちゃん!こりゃいつも以上に厳しい試合になりそうだという予感は的中。ほぼ沼ちゃんの一方的な展開。とくに前半なんか郡司が沼ちゃんから逃れようともがいている印象しかないくらい。郡司もアームホイップにブルドッギングにギロチンドロップ、それに最近使うようになったクリップラーフェイスロック(ジャストフェイスロックっぽかったけど)と、ひととおり出せるところで出してはきたのですが、どうにもこうにも。
郡司がミサイルキックをすべくトップロープに上ったときに沼ちゃんの視線がしっかり郡司を捕えていたのでこりゃよけられるか?と思いきやしっかり受けるとその勢いを利用してロープにバウンドして沼チャンボンバー!沼ちゃんの戦略に感心。これとは逆に、コーナーに上った郡司を追いかけて気仙沼落としの体勢に入るまでの過程で沼ちゃんが郡司に打撃を加えてから担ぐとかしてくれないと見てるこっちは郡司なんで大人しく技をかけられてるの?なんて思ってしまうような場面も…。
沼ちゃんの勢い止まらず、セントーン→銀鱗とたたみかけて三度目の正直の気仙沼落としで3カウント。郡司も2回も気仙沼落としを抜ける根性見せてくれたんですけどねー。
やっぱこわくて強いぬまちゃんはいい!東北Jr選手権がますます楽しみになりました!

3.20分1本勝負
○フジタ"Jr"ハヤト(10:20腕ひしぎ逆十字固め)佐々木大地×

メインは因縁のカード!2014.3.20仙台大会で大地がバッドボーイを追放された試合以来ですね。ハヤト対大地にはいい思い出が無いのでヒヤヒヤしてたのですが、至極真っ当に展開していく試合にホッ。
ハヤトの腹のたるみ具合が気になるところですが、それでも大地の方が全然体格いいのにエルボーの重みが全然違うのが本当に不思議。書くまでもないけどハヤトの方が比べ物にならないくらい重い。それでも大地も何発かいいエルボー入れてました!
前の試合の郡司とは違って大地はかなり喰らいついていて、大技もしっかり決めてきました。
大技といえばハヤトを見直したことがあって、ノーザンライトで投げられたときの受け身、垂直に落とされてもしっかり背中で受けるってのはプロレスラーの本能なのかなと。他の人もそうなんだろうけど、妙に印象に残ってしまって、ハヤトもプロレスラーなんだなーって今更ながら思ってしまいました。
ハヤトは大地の左腕狙いで関節極め中心、もうエグイったらない。後半になるとそれプラス蹴りで大地大苦戦。そんな展開で大地がハヤトの蹴り足をキャッチしたのには会場がどよめきました。キャッチしたときの音もものすごかった。
ハヤトの足数もどんどん増えていってラッシュの末のハイキックにこれで終わりかと思ったら大地倒れずにトラースキックで反撃!すげええええ!K.I.Dもハヤトにしがみつかれたままロープに突進してブレイク!
ハヤトは再び左腕攻めに、もう左腕を肩からもぎ取らんばかりの勢い。悲痛な叫びをあげながらも粘りに粘った大地でしたが、腕ひしぎについにタップ。
いやもうホントにこれもしかしたらもしかする?!と思いましたよ!ただ粘りを見せただけじゃなくてしっかり攻撃もしてたもの!大地本当によくやった!ぶっちゃけこのカードでこんないい試合が見れるとは思ってませんでした。この二人がこんなに噛み合うとは思わなかった。まったくこれっぽっちも思わなかった。大地がここまで喰らいつくとは思ってなかったし、先輩の責任という部分でもハヤトに大地の相手は荷が重いとも思ってた。大地が成長してることはわかってるつもりだけど、ハヤトあなたいつの間に?!という感じで、目立った動きの無かった2014年で何があったのかと。ハヤトのシングルとしても大地のシングルとしてもベストと言ってしまいたいくらいの内容でした。
大地のセコンドについていた正規軍の面々の姿も印象的でした。とくに野橋なんか大地の反撃にガッツポーズまでしちゃって。なにげにパンチさんも混ざってましたね。
そうそう、ハヤトの入場曲が新しくなってました。「ハヤト」や「GOD BLESS」というキーワードが入るレゲエナンバー。きっとハヤトのための書下ろしだね。「最近の若い奴は」というフレーズがやけに耳に残る。

試合後、コーナーり寄りかかる大地の元に歩み寄り握手を求めるハヤトの姿に会場は「おおっ?!」の大合唱。私は拒否しろ!張り返せ!なんて思ってたんですけど、大地は立ち上がると握り返して頭を下げました。会場は拍手喝采!私も拍手!
ひとまずノーサイドということでハヤトのマイク。
「短い時間でしたが楽しんでもらえましたか?」拍手で応えるお客さん。「みなさん知らないと思いますが、大地はバッドボーイに居たことがあって、来たいって言うから入れてやったのに急にやめたいって言われて、リングでリンチみたいなことをしたこともあったけど、強くなったな。これからも何度も当たるだろうし、大地と郡司と一緒で2対1でもいいし、ガンガンやっていこう」この後にハヤトが何か言って笑いが起きてたんだけど、はっきり聞えなかったんだけど「でもバッドボーイには入れないよ」って言ったのかな?だとしたら今の大地ならハヤトだってバッドボーイに欲しいんじゃないの?なんて思ったのは思い違いでしたか。
大地にシメを任せてハヤトは一足お先に退場。すると大地がマイクを持っておもむろに「ハヤトさん」あと一歩でエントランスというところで呼び止められたハヤト、振り向いた顔が素。「そう言ってられるのも今のうちです」という大地の言葉に笑みを浮かべながらリングサイドに戻ってきたと思ったらコーナーにかけてあったタオルを取るとまたすぐに退場してしまいました。忘れ物取りに来ただけかーい。緩んだ空気の中ですが、「近いうちにあなたを超えます!」という大地の力強い言葉が今日はとても頼もしく感じました。「郡司とふたりでみちのくプロレスをひっぱって行くのでこれからも応援よろしくお願いします」期待してるよ!最後は不滅だー!で立派に大会を締めました。

大地はセコンド業務についていた三ちゃんの肩を借りて退場。フリーマーケットは20:35まで開催ということで、選手も各々のブースに戻りました。私もチラッと覗いてみましたが、やはりTシャツが多いですね。そして値段は「選手愛用」という付加価値でどれもお高めでした。フリマなんて0が3個付いたら視界から消える私には何も見えませんでした。
kenが長年愛用していたというシューズも売りに出されていました。半値まで下げられてたけど売れたのかなあ?面白かったのが沼ちゃんの人生相談10分100円。600円出したら1時間割いてくれるのかしら?

フリマは初めても同然なのでどんなモンかと思いましたが、3試合も見れたし、ニューフェイズが主役の道場プロレスらしいカード編成だったし、サスケも試合するのかと思ってたからそこらへんはちょっと拍子抜けしたけど、なにより試合の内容、とくにメインが素晴らしかったので見に来て大正解でした。ただ、パンチさんのブログなんか見ると「ファンミーティング」と表現されているように例年はトークショーがあったりともっとイベント色が強いみたいなので、例年の内容の方が良かったという人もいるんだろうなとは思いました。試合なら大会で見ればいいしってね。
それから三ちゃん、セコンド業務頑張ってました。選手に声援を送ったりマットを叩いて拍手を煽ったりと盛り上げに一役買っていました。メインでは階段外すの忘れてハヤトに目で訴えられたりもしてましたが、長い目で見ないとね。過剰な「下がってー!」もそのうち加減がわかってくるでしょう。何かあってからでは遅い!やりすぎくらいがちょうどいい!

はいっ。ここから本題。ハヤトのマイクでさらっと過去の真相があきらかになってるんですけど!!!大地ってバッドボーイ追放されたんじゃなくて自分から出てったのかよ!!!だからあの追放マッチの最後に自分から「今までお世話になりました」なんて言ったのかよ!ハヤトごめん!大地にそう言わせて「そうか、お前がそう言うんなら」みたいな顔してんじゃねーよ!なんて思って本当にごめん!って真相バラすなよ!ファンタジーのままにしとけよ!でもまあ真相バラしちゃったのも面白かったからいいや。
真相がわかったところで今度はなんで追放というかたちにしたのかという新たな謎が発生したわけですが。まあ、普通に考えれば大地への思いやりだよね。イモ引いた大地を「追放」というかたちにしてバッドボーイが泥かぶったんだから。
イマイチはっきりしないのが「リング上でやったリンチみたいなこと」って2013.8.17の不穏試合のことかなと思ったけど、追放マッチまで間がありすぎるからこれはまた別件?一度は説得されて…という線も考えられるけど…気になるー!そのうちこっちの真相もポロッと明かされないかしら?
しかし大地はなんでバッドボーイ嫌になったのかなあ?ヒールというか反体制合わなかったのかなあ?まあ楽しそうにやってるとは微塵も思わなかったけど。かといって正規軍でもとくに楽しそうとかは前も今も思わないけど。ダメだ止まらない。キリがないので考えるのをやめる。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2015.04.28(Tue) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード