« 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

音楽と疑似恋愛(4)

SEKAI NO OWARIのボーカルときゃりーぱみゅぱみゅのオープンな交際発信を見るとかつてのCorneliusこと小山田圭吾とカヒミ・カリィの恋愛商法を思い出します。お互いの作品に参加したり共作したり、ファッション雑誌の表紙をツーショットで飾る二人は当時のサブカル女にとって憧れのカップルでした。ただ、中には憧れ通り越して本気で小山田圭吾に恋してた少女もいたでしょう、そういう人は当時どのような心境でそれを見ていたのかなと。決して穏やかではなかっただろうなと。
時は流れて2015年、「フカセと結婚したい!」とか言ってる少女に対してもそれと同じことを思っているわけであります。

前にNHKで放送されたゴールデンボンバーの特番でメンバーの元カノが登場してそれはそれは驚いたのですが、だってバンド、とくにヴィジュアル系のバンドのファンはメンバーに女の影を感じたくないものだし、メンバーも人気商売だとわかっていればそういうのは匂わせないようにするだろうし、こりゃきっとネットで大炎上だ!とウキウキしながらネットの旅に出たら、「○○○(元カノの名前)出て来たw」「○○○初めて見たw」って、どうもファンの間では「元カノ○○○」としてよく知られた存在なようでってむしろバンド側がネタにしてるらしくて、ゴールデンボンバーをファンもろとも普通の物差しで測ろうとした私がバカでした。踊らされたのはファンじゃなくて外野だった!というオチ。

しかしあの当時小山田圭吾とカヒミ・カリィは結婚するものだと思ってたし、小山田圭吾が嶺川貴子とデキ婚した時は一時代が終わったと思った(大袈裟)。諸行無常。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2015.04.17(Fri) 23:00

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード