« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2015/04/05(日)KAIENTAI DOJO「CLUB-K TOUR in KITAKAMI~復興支援チャリティー大会~」@サンレック北上 観衆:312人

昨日の晴天から一転一日中雨。
昨年5月来ほぼ半月毎というハイペースで北上大会を開催しているKAIENTAI DOJO。今回はご当地出身の組長こと藤原喜明選手が特別参戦!心なしお客さんの年齢層が高いような…?みちのくプロレスからは塁とニューフェイズが参戦。売店も出していました。参戦しない野橋もいたのでちょっとビックリ。
自由席として用意された椅子が少なかったのか、立見のお客さんも結構いました。(スペース自体は余裕あるんだから椅子くらい用意してくれてもいいのに…)

お時間になりましてKのテーマが流れて対戦カード発表。

1.北上コロッケ侍再光臨!6人タッグマッチ20分1本勝負
○梶トマト、旭志織 、石橋葵(11:21レッドアイ)ヒロ・トウナイ、加藤悠、北上コロッケ侍×

女子プロレスは不勉強でよくわからないのですが、北上コロッケ侍はともかく、この面子で第1試合なんてもったいないというかゼータクというか。考えようによってはキャリアに関係なくカード組まれるということで、それは素晴らしいことです。
加藤悠選手は興味本位で一度生で見て見たかった選手なので思いがけず見れてラッキー。ぶっちゃけ写真で見ると怖いんですけど、生で見たら笑顔のかわいらしい女性でした。プロレスの技術はよくわかりませんが一生懸命な姿も好感が持てます。
この試合では第1試合にして今大会最大のハプニングが。旭選手が北コロ選手の頭を掴んだら勢い余ってマスクがすっぽ抜けてしまいました!唐突なマスク剥ぎに場内騒然。ガチアクシデントだったようで敵味方セコンド全員で北コロ選手をガード。旭選手まで「何も見てない!誰も何も見てない!」スポッとかぶるタイプなのでさもありなん。きっと次回は後頭部をキッチリ紐で結ぶタイプにバージョンアップしていることでしょう。
梶トマト選手の高角度逆打ちみたいなフィニッシュカッコいい!いつも思うけど梶選手は明るいキャラクターとプロレスの上手さと頼れるポジションが一致しなくて混乱する。
しかしなんですね。セクハラのないミックストマッチというのはどうにも物足りないですね。こんなこと思うようになったのも沼ちゃんとカツオとせいです。

2.北上女子選手権試合60分1本勝負
○<王者>バンビ(7:02バンロック)神田愛実<挑戦者>×
※バンビが初防衛に成功。

前回、衝撃的なベルトがよく視認できなかったのですが、今回はちゃんと見れました。バンビ様の腰に巻かれていることで3割増で衝撃的でした。
挑戦者の神田愛実選手は初見。ランジェリー風なコスチュームも相まって闇金ウシジマくんの瑞樹を思い出してしまいました。見た目ふてぶてしい感じなのに実直なファイトスタイル。言い換えるとこれといった特徴もなく…。新人なのかな?バンビ様の貫録勝ち。
このベルトって今後移動することはあるんだろうか?という疑問。

3.KAIENTAI DOJO対みちのくプロレス対抗戦タッグマッチ20分1本勝負
○日向寺塁、郡司歩(9:37片エビ固め)佐藤悠己、雄馬×※ゴリークラッシュ

待ってました悪いさときゅん略して悪きゅん!黒い鬼太郎ヘアーに黒いロングタイツ、竹刀持参で悪そう!パートナーの雄馬選手も前見たときは若手がペイントしてるだけという印象でしたが、前に見たときよりは雰囲気ありました。相手は塁と郡司のみちプロコンビ。みちプロファンのお客さんもも少なくないようでよく声援が飛んでいました。紙テープまで飛んでて、Kの選手には飛んでないのにいいのかなあ?なんて…。
注目はもちろん悪きゅん。ひとことで言うとヘタレヒール?竹刀攻撃しようとしてレフェリーに厳しく咎められて竹刀を取り上げられたり。終盤にどこからともなく黒いステッキを出したのはマジックみたいでお客さんを驚かせていました。
さときゅんといえば棒読みマイクですが、試合中に郡司に向かって「お前東北タッグチャンピオンなんだってなーナントカトカントカ」(後半よく聞こえなかった)と言ったのはそんなに棒読みっぽくなかったです。
この試合でも郡司が捕まってしまいましたが、塁の活躍でみちプロ軍がキッチリ勝利。雄馬選手のゴリークラッシュの受けっぷりはお見事でした。
そうか悪きゅんはこういう感じなんだ。ヒールになっても相変わらず「カワイー」とか言われちゃう感じだなこりゃ。愛されヒールじゃなくて愛でられヒールか。

4.組長見参!6人タッグマッチ30分1本勝負
○藤原喜明、稲松三郎、関根龍一(12:38脇固め)リッキー・フジ、洞口義浩、吉野コータロー×

組長登場に年配のお客さん大喜び。Bozz連合と共闘するわけですが、坊主に黒タイツなのでやけに馴染んでます。
関根・洞口・吉野の三選手を見ると一番フレッシュに見える関根選手が実は一番先輩という不思議。一方でデスマッチもこなす関根選手の背中のズタボロっぷりに戦慄。顔と体のギャップが…。なんやかんやで試合を引っ張るのも関根選手だったりするんですよね。リッキー選手とのカミカゼをめぐるいざこざには笑いました。試合後に組長に怒られてるし。
組長は積極的に試合に関わる感じではありませんが、一本足頭突きとフィニッシュの脇固めだけで沸かせられるのはもはや伝統芸能。リッキー選手の長滞空ブレーンバスターで組長が関根を救出すべくリッキー選手の腹に一発入れた勢いで関根選手が叩き付けられた一連の流れは面白かったです。
役者が揃った楽しい試合でした。
しかし組長、あの体でよく戦えるなと。腕と脚が長いからまだ見れるけど同年代の現役選手に比べても特別に細いよ~~~。

5.KAIENTAI DOJO対みちのくプロレス対抗戦2シングルマッチ30分1本勝負
○TAKAみちのく(8:24みちのくドライバーII)佐々木大地×

2013.1.12のみちプロ矢巾大会以来2度目のシングル。のはず。前日の仙台大会では郡司がTAKAとシングルやったみたいですね。セミという好位置なのが嬉しい。
試合前にTAKAから北上のお偉いさんに復興支援の義援金の贈呈がありました。
試合は二人とも試合中に声出すタイプじゃないから静かに白熱。プロレスというよりレスリングを見ているような気分。打撃がなかなか当たらないのも面白い。TAKAが徐々に追いつめてジャストフェイスロックが出たあたりまではよかったのですが、サミングの後に唐突なみちドラ2であっさりフィニッシュ。大地はよく食らいついてたしTAKAもよく受けてたしで一方的な展開だとは思わなかったのですが、結局掌で転がされていたというか、いつ終わるかはTAKA次第だったのかと思えてなんだかシラけてしまいました。TAKAの理想とするプロレスってこういう感じなのかなー?とボンヤリ思いました。
試合後、中々起き上がれない大地に「チャンピオンなんだからしっかりしろ!」とでもいうように東北タッグのベルトを差し出しすTAKA。ようやく起き上がった大地は一度は差し出されたTAKAの手を張り返したものの、最後は握手。手を握ったまま頭を垂れる姿は悔しそうでした。
この二人は同窓の縁で今後もシングル組まれるでしょうね。次も楽しみです!

6.北上スペシャルタッグマッチ30分1本勝負
○火野裕士、Hi69(20:53体固め)真霜拳號、タンク永井×※Fucking BOMB

Hi69選手って細いイメージがあったんですけど、太ったよね?(バルクアップしたのか単に太ったのかは不明)なんかこの面子に紛れてても違和感ないんですけど…。キャリアとしては新人枠のタンク選手の違和感のなさもすごい。
火野選手の見た目だけで金が取れるプロレスラーっぷりもすごい。なんか見るたびにデカくなってるような気がするんですけど…。大日の関本選手よりデカくない?
真霜選手は相変わらず現実感がなくて目の保養。悪きゅんも凶月のセコンドとして登場!
試合は火野Hi69組ペースというより火野選手ペース。チョップだけであそこまで客席を沸かせされるのは本当にすごい。場外乱闘では真霜選手を相手にリングサイドでチョップ合戦の大サービス。これを受ける真霜選手も相当だよね。
大会通して静かな雰囲気でしたが、真霜選手の蹴り技とHi69選手のトペスイシーダ、凶月の介入もあり、火野選手のこれでもかと持ち上げる超高角度ファッキンボムでフィニッシュとなったメインはさすがに盛り上がりました。火野選手の独擅場ですなー。

試合後のマイクは火野選手とHi69選手。火野選手の手にはこけしが。入場時にも持ってたけど、トレーニング器具だと思ってました。こけしだったんですね。で、なにかといいますと昨夜飲んだ北上のお寿司屋さんから持ってきてしまったそうで「関係者の方おりましたら売店まで取りに来てください」と。マイクを渡されたHi69選手は「それを窃盗といいます」とバッサリ。こけし騒動はひとまず置いといて「次は10月あたりに来られればと思っています」とはやくも次の話が!最後はマイクを押し付け合って火野選手が「真霜の持つベルトに挑戦します」と後楽園大会の宣伝をしてシメとなりました。二人のやりとりが漫才みたいで面白かったです。

全試合終了後は売店がロビーに移動するから出にくい!みちプロの売店も移動してのはしがポップコーン売りに追い込みをかけていました。

半年振りのK、悪きゅんも見れたしみちプロ勢も参戦したしで楽しめましたが、半年ごとの3回目だし、もうちょっと盛り上がってもいいのになあ~と思ってしまいました…。単純に声援が少ない。遠征組も含めて熱心なファンっていないモンなんですかね?もちろん静かに楽しむ人もいるってのはわかってますが。岩手県民はトゥーシャイシャイボーイ&ガールなんだっけなということを思い出してしまいました。
プロレス観戦記 | CM(2) | TB(-) 2015.04.05(Sun) 23:59

コメント

観戦にいらしたんですね! 私も行ってましたよ。藤原組長参戦を当日知り、試合する姿を見て「あと何回リング上で試合する姿が見られるかな…」と思ったりしました。

佐藤選手がヒールになってたのは事前に知らず、びっくりしました。マイクの最後は「俺が試してやるよ」みたいなことを言っていたような?

パワーファイター好きなので、お目当ては火野選手でした。後半比較的ダメージが少ない(ように見えた)永井選手を削り切っての勝利は圧巻でした。日野選手、北上では勝ちっぱなしの印象です。

梶選手のフィニッシュ、初めて見ましたが私も格好良いなと思いました。反動付けて叩きつける所は野橋選手の逆打ちを思わせるんですが、斜めから入る感じで似ている技が思いつかないんですよね。今後も注目していきたいです。

2015.04.08(Wed) 07:27 | URL | 岸人 #-[ 編集]

Re: タイトルなし

>>岸人様
みちプロファンにも見逃せない大会でしたね!
藤原組長なんてみちのくのリングではまず見れないレジェンドも見れておトクでした。
でもやっぱりKの最大の見どころは火野選手ですよね~!インディー界が誇る逸材のひとりをKが所有しているのは羨ましい限りです。自前の選手層も厚いし…って隣の芝生羨んでもどうしようもないのですが。
私は過去2回行っただけですが、Kの後楽園大会は客入りの淋しさを感じさせないほど雰囲気が良く、タイトルマッチの満足度もとても高いのでおすすめです!機会がありましたら是非!
そういえば以前ハヤトがKの後楽園大会で梶選手と組んだ時にトマトダンス踊ったんですよ(笑)

>「俺が試してやるよ」
そう言ってたんですね。悪ぶってる悪きゅんがおかしくて気がそぞろになってました。ありがとうごさいます。
悪きゅんは悪くなったことでかえってかわいさが増してしまったような気が…。

2015.04.09(Thu) 01:50 | URL | nisui #-[ 編集]

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード