« 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

拳王ノア移籍

入団のご報告

ついに。
私はハナから拳王はみちのくプロレスには帰ってこなくていいと思っていたので、ショックは一切ありません。
みちプロ所属でありながら一度もみちプロのリングに上がらなかった昨年の活動を見てもみちプロに籍を置いておく意味は(結果的には)全くなかったし。これが一度でも里帰りをしたならばまた捉え方は違っただろうけどね。今にして思えば「みちプロ所属のままノアを主戦場に」というのはみちプロファンに配慮したワンクッションだったのかなと。

ノアの人となった拳王はジュニア戦線にとどまらず近いうちにヘビー戦線でガンガンやっていくことになるんでしょう!ノアはジュニアとヘビーの境目があいまいだからトップ戦線と表現した方がいいのかな?GHCヘビーだってじゅうぶん狙えるよ。まさに楽しみしかない。これで拳王がみちプロに帰ってきたときの居場所を心配する必要もなくなったし!

とはいえ、「我らが拳王」ではなくなった拳王を今までと同じテンションで注目していけるかはわからないなあ。如何せん移籍劇なんて私には初めての経験ですから…。

拳王については楽しみしかないけど気がかりなのが…ハヤト…私は一昨年末の拳王離脱劇で一番傷付いたのはハヤトなんじゃないかと思ってて、もしハヤトが拳王がみちプロに帰ってくることを信じていたとしたら…考えたくないからハヤトにとって拳王はすでに過去の人となっていると思いたい。
そうなると今度は拳王の移籍劇でハヤトの団体愛をプロレスラー個人としての野心が上回ってしまわないかという気がかりも…。今ではマイクでも幾度となく団体愛を口にしてるけど、そもそもが「みちのく経由で新日行ければ」な人ですから、ハヤトもいずれは…ということがずっと頭にありまして…。拳王離脱後のハヤトを見てもハヤト自身が現状に満足してるとは思えないし。プロレスラーとしてステップアップするのは望ましいことだけど、立て続けはさすがにキツい。ここでハヤトが個人の野心を見せずに「俺がみちのくを引っ張っていく」という団体愛を見せてくれることを願う。

拳王とハヤトが再びリングで相見えるのはいつになることやら。拳王は帰ってこなくていいと思っておきながらハヤトと拳王がバチバチやり合う姿が見れなくなるとは思ってもみなかったなあ。帰らないってそういうことなのになあ。我ながらアホだあ。
結局、シングル戦は2013.6.30仙台の東北Jr選手権、タッグ戦は2013.11.24仙台の対ハヤト南野組(パートナーは野橋)、最初で最後にタッグ組んだのは2013.11.4盛岡の対サスケ人生組、がそれぞれ最後になったと。くやしいことに私は最後のタッグ戦を見てないのですが同カードを2013.11.3秋田で見てるのでいいことにします。ま、最後になったってあくまでみちプロ所属としてであって、お互いプロレス続けてりゃいつかは再会するさ!

拳王は帰ってこなくていいと思っていたのも移籍にショックを受けなかったのも本心だけど、昨年の選手名鑑を見てみちのくプロレスの欄にちゃんと拳王がいたことを嬉しいと思ったのも本心。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2015.03.30(Mon) 00:42

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード