« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2015/03/21(土)みちのくプロレス「道場プロレス2015・3月シリーズ・第1回」@滝沢村大釜幼稚園体育館 観衆:72人

すっかり春ですねー。めちゃイケ効果か?土曜の夜にしてはお客さんかなり多目。

客入れ時間でFIGHTING TV サムライで放送された先日の矢巾大会の模様の上映がありました。

お時間になりまして着流しの沼ちゃん登場。今日の出囃子はチャラリー鼻から牛乳ーで有名なクラシック。
「みさなさんご存知の通り今日はバッハの誕生日です」知らん。正式なタイトルは「トッカータとフーガニ短調」だそうです。
その他、本日がお誕生日の著名人を紹介。読書家の沼ちゃんは吉村達也と江國香織を「面白いから読んでみてください」とオススメ。吉村達也って岩手県江刺市出身のドラマー吉田達也とごっちゃになる。チョー・ヨンピルには「チョー・ヨンピルの曲でで出てくればよかったな。じゃあ来年はチョー・ヨンピルの曲で」
ゴールデンウィークツアーの日程も出たので告知が長い!「見る人はいいけど営業が大変。始めの方はいいけど後半…福島と山形遠いんだよなー」と沼ちゃんもボヤキモード。
仙台の定期会場ベストウエスタンホテル仙台の宴会場をプロレスで使用する場合は「みちのくホール」となることに触れて「みなさんも書くときはみちのくホールと書いてくださいね」わかりました。ちなみに本来の名称は「アルゴ」です。今調べた。
沼ちゃん一生懸命喋ってんのに例によって無反応な会場に「反応がないのは私のトーク力不足の表れ」みたいなことを言ってて切なくなりました…。なんか、沼ちゃんがギター侍やって盛大にスベってたけどなんの流れでギター侍なんかやってしまったのか全く思い出せません。ホラ、人間ってショックなことがあると前後の記憶失くすっていうじゃない?
今日の歌は「俺の海」でした。
続いてじゃんけん大会。本日の賞品は、ポスター3本に各種お菓子4袋を計7名様に。

1.20分1本勝負
○気仙沼二郎、のはしたろう(15:08片エビ固め)佐々木大地、郡司歩×※銀鱗

先日の矢巾大会で股旅スタイルに公開改造された野橋、仙台でお披露目済みですが、道場プロレスでは初登場。私は今回が初見なのでとっても楽しみにしていました!かめっしーの陽気な入場パフォーマンスとは打って変わって落ち着いた入場パフォーマンス。トップロープを飛び越えてリングインするのは変わらずですが、コーナーでアピールしなくなったのが寂しい…。リングコールのときに三度笠取るのはいいですね。
新・東北タッグ王者となったニューフェイズはベルトを肩にかけて入場。絵にはなるんだけどねえ。私はまだ納得していない!
今日のレフェリーは塁です。
さて試合。初っ端の沼ちゃんとのショルダー合戦に打ち勝つ大地。郡司のコーナーからのアームホイップは今まで見た中で一番形がきれいでした。
好調な出だしのニューフェイズ、勢いに乗って郡司が野橋の背後を捕えて野橋の両腕をギリギリと絞り始めました。攻守は見たままなのに攻められながらも「どうしたやってみろ!」と声を荒げる野橋の様子に、攻めてる方の郡司を応援してしまうという不思議な光景に。この状態がかなり長い間続きます。郡司はこれでギブアップわ取るつもりだったのかな?しかし一向にギブアップしない野橋。郡司は自分の膝を野橋の腰を打ち付けてフォールに移行。返したものの、効いてはいたみたい。その後、何度か腰に手を当てて気にしているようでした。
大地は野橋とブレーンバスターの鬩ぎ合い。持ち上げるところまで行ったのですが、抜けられてしまいました。郡司もブルドッギングを抜けられ、ニューフェイズは阻止され、だんだんと調子が崩れてきました。
対照的に調子を上げてきた沼ちゃん野橋組。野橋の倒れ込みヘッドバッドにと沼ちゃんのその場飛びセントーンのコンボを食らう大地。野橋がリングサイドに蹴り落として大地を排除。
沼ちゃんは気仙沼落としで試合を決めにかかるも郡司脱出、しかし銀鱗を食らってしまい、フォール。郡司は3カウントと同時くらいで肩を上げたのですが、レフェリーの塁は終了のゴングを要請。ニューフェイズの敗北となりました。まさか銀鱗でフォールに来るとは思わなかったか?

ニューフェイズが東北タッグ王者になったとはいえ、試合前から沼ちゃん野橋組に勝つ絵はまったく浮かばず、試合を見てもそれは変わらず、もはや関心はどう終わらせるかというところだけ。で、こうなったわけですが、今後ずっとこういう「なんか惜しかったね」みたいな終わり方ばかりになってしまうんだろうか?という不安。べつにこないだの選手権だって正攻法で勝ったわけじゃないんだから、ヘンにひねらなくてもよくない?今のニューフェイズじゃあ誰も「チャンピオンなのになんで負けるの?!」なんて思わないよ。悲しいことだけど。

試合後、沼ちゃんからの「お前たちチャンピオンだろ!」という言葉になにも言い返せないニューフェイズ。「負けたから見送りに立て。リング降りろ」ニューフェイズに厳しい態度を見せた沼ちゃんはお客さんに「みなさん、二人が見送りに立ちますので、激励の言葉をかけてやってください」とお願い。優しいね!
ニューフェイズがリングを降りると沼ちゃんは正面に向き直り股旅スタイルの野橋の話に。「仙台ではこのコスチューム戦いましたが、みなさんは初めて見ですよね?どうですか?」一切反応のない客席に思わずフキ出す野橋。沼ちゃんも「ここで盛り上がると思ったんですけど!」と苦笑い。優しいお客さんからの「似合うよ!」という声とともに拍手が上がりました。なんかもうスミマセン…。
ともあれシメる流れに。「先日の矢巾でも久々にやりましたが…わからない人いますか?」野橋は「ここにいるお客さんはみんなわかってると思う」と言っていましたが、どうも沼ちゃん的に初めて見るお客さんがチラホラいるようで?「不滅だー!でチャーチャラララチャッチャッチャーとなりますので拳を挙げてください」と説明。「そこの制服のお嬢さん方もやってね」今日の沼ちゃん、年配のご婦人に「近所?○○さんが連れて来たの?」とか、妙にお客さんに絡んでました。あらためて不滅だー!でシメ。
お見送りには沼ちゃんの言いつけ通りニューフェイズが立ちました。元気出せ!

今日も例によってめちゃイケのカメラが入っていましたが。カメラマンに子分が付いていていつもの倍邪魔でした。リングサイドに張り付いたカメラマンに視界を塞がれるのは千歩譲って我慢できるけど、なにもしない人に視界を塞がれるのは我慢ならん!
ていうか、ほぼ定点アングルなら客席の無い奥側に陣取ってほしいんですけど!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2015.03.21(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード