« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2015/01/17(土)みちのくプロレス「道場プロレス2015・1月シリーズ・第1回」@滝沢市大釜幼稚園体育館 観衆:40人

昨日までにアスファルトが見えるくらいまで雪が溶けていたのに今日になって吹雪!こんな日に新年一発目の道場プロレス開催となりました。吹雪の影響か淋しい客入り…。入ってすぐのテーブルに似顔絵大会の応募作品が並べてありました。

今日は客入れ時間のVTR上映もなく、時間ちょうどに沼ちゃん登場。出囃子は宮史郎とぴんからトリオの「女のみち」この曲たまたま昨日も聴いてたのでタイムリー。「今日は宮史郎さんのお誕生日です!」本日が誕生日の他の有名人を羅列して(いちいち「知らない」と反応する瀧澤専務)「この中であえて宮史郎を紹介!」
新年一発目なので告知かなり多目。
「ハッスルマッスルのチラシを帰りに配りますので、前にも貰ってるという人は断ってください。(客席を見渡して)…みなさん必要なさそうですね」そ、そうですね。両面コピーだから裏紙にもならないし。
「選手が着てるスウェットはまだ売ってます。パーカーだけです」あ、上下セットじゃないんだ?何を勘違いしてたんだろう…。沖縄からの練習生君が黄色(カツオカラー?)の上下着用で売店に立ってました。他、ルチャグッズの福袋なども販売とのこと。マウンテンキングからはホワイトカレーを注文すると先着10名様にホタテまるごと1個入れますとのお知らせが。おトクな感じがする!
「2.28は郡司の地元・羽後町での開催です。会場は秋田自動車道の十文字IC?湯沢IC?から降りるとすぐです」
「似顔絵大会は何点応募ありましたか?9点?」もうちょっと欲しいなということで、明日の試合開始まで募集することになりました。「近所に中学生以下の子どもがいる人は似顔絵書かせて明日連れてきてください」今回の特別賞は商品券1万円分だそうです。…やっぱり中学生以下じゃなくて中年以下も応募できるようにしてくれませんかねえ?「いつもはもっと中学生以下いたと思うんだけどなあ。今日何かあったの?面白いテレビでもやってるの?テレビ見ないからわかんないんだよね」客席からは「寒いから」「雪」「吹雪」などのごもっともな声が。そもそも基本土曜日人少ないという話も…。
「今日は阪神淡路大震災から20年なので、復興応援ソングを歌います。あの日の翌日IBCで試合したんですよ。まだIBCの敷地が丸ごとIBCだった頃、今は建物立ってるところが空いてて、そこにリング組んで、当時は別のキャラクターだったから雪の中は得意で、確か薬師寺正人と戦ったはず…」ですよね?とお客さんにも伺うも流石に反応が無く…。なし崩し的に歌へ。
ヨネ源氏といえば、最近の沼ちゃんの髪型はかなりアナーキーな感じなので、今ならヨネ原人の格好しても全く違和感なさそうです。
続いてジャンケン大会。今日の景品は、先日のお台場大会のポスターを目玉商品として、ポスター数本にお菓子数個を数名様に。(テキトー)

沼ちゃん退場して試合へ。本日のレフェリーはかめっしー。野橋じゃなくてかめっしーです。レフェリー姿のかめっしーはなんとも不気味でした。

1.15分1本勝負
○大柳錦也、日向寺塁(13:58最強卍固め)郡司歩、佐々木大地×

3月に東北タッグベルトのリマッチを控えているニューフェイズがみちのくふたり旅2014出場タッグでもある大柳塁組と激突!負けられないけどぶっちゃけ勝てるのか?!
この会場は客席が三面なのではコーナーに上ってアピールする場合、普通は正面扱いの面を挟むコーナーでするのですが、郡司がなぜかいつもと違うコーナーに上ってアピールしてたのが気になりました。
先発は塁と大地。塁はチビッコからの声援に顔は大地を見据えたままピースサインで応答。グラウンドの攻防ではどちらも退かず。
両者交代、大柳先輩は郡司とのチョップ合戦で胸元がみるみる真っ赤に!ここから郡司がしばらく捕まってしまいます。こないだの矢巾もだったけど、今日の大柳先輩も荒ぶってるなー。
大柳先輩が塁に交代、郡司は塁に苦しめられながらもろふーエスケープ、窮地を脱するべくドロップキックを放ったのですが、距離が近すぎて不完全な感じ。それなのに自陣に戻れてしまったのは…。きっちりリカバリしてから戻って欲しかった。
郡司が大地に交代、裏投げなどの大技も出して塁相手に奮闘。しかし塁は一枚も二枚も上手、大地のトラースキックを防御すると、ショートレンジラリアットをブチ当て、垂直落下式ブレーンバスター!更にコーナーに激突させると串刺しスピアーで「フォー!」スバラシイ!
後半になるとニューフェイズも好連係を見せ、ひと時も目を離せなくなります。大地が塁を捕まえてニューフェイズを出すべく郡司がコーナーに立とうとしたところを大柳先輩が延髄蹴りで阻止、大柳塁組が流れを引き戻しました。
今日は郡司が失敗してしまったので、きっちり決めた大地のドロップキックにさすがと思ったけど、塁のドロップキックはもっと打点が高くきれいでした。
大柳先輩が大地にトップロープからスワンダイブでニードロップ、倒れたところに塁がダイビングエルボー!
大柳先輩に卍固めで捕らえられた大地、苦しみながらもレフェリーの問いかけには断固「ノー!」塁は郡司をコーナーに押さえつけるような形でガッチリガード。それを郡司が執念で突破してカット成功!
しかし大地は再び大柳先輩に、郡司は塁にそれぞれ卍固めで捕らえられ、大地がついにタップ。ニューフェイズは東北タッグ挑戦へ向けて好スタートとはなりませんでした。
この日の塁はロープブレイクしても手を離さずに反則カウントを取られたりとチラホラ悪い顔をのぞかせていました。試合後もゴングが鳴っても郡司を離さず、レフェリーに無理やり剥がされる姿を見てかつての塁を思い出したりしたのですが、ふと、フィニッシュの卍固めで塁の脚が郡司の頭にうまくかからなくて、それがどうも郡司が嫌がってなのか首をわざとヘンに曲げて逃げていたようにも見えて、もしかしてそれに怒って離さなかったのかなと…ホラ、プロレスは協力がないと成立しないものですから…勘繰り過ぎですかね?
個々の実力では大柳塁組には敵わないものの連係はニューフェイズの方が…と思いきや、後半では大柳塁組も好連係見せてきて+個々の実力で圧勝でした。こういう見方はナンですが、東北タッグ挑戦も控えてるし、残り2分のアナウンスが流れたときはこのまま引き分けるかな?と思ったけどとんでもなかったです。

ニューフェイズがリングを降りると、塁がマイクを持ちました。「大柳さん、俺たちいい感じじゃないですか?」客席からは賛同の拍手が。大柳先輩も笑顔。「俺たちもタッグベルトに挑戦しちゃおうか?」塁の爆弾発言に期待の声が上がりましたが、「冗談だけどね」なーんだ。「新崎社長がいないのに勝手に決めたら俺たちの身が危ない」塁がリングサイドのニューフェイズに向けて言います。「急造タッグの俺たちに負けてるようじゃまだまだだぞ。タイトルマッチで当たる相手は俺たちなんかより何倍も強いしタッグの経験も長い」塁の他の選手の評価なんて初めて聞いた気がする。「お前たちの代わりに俺たちが挑戦してもいいんだけど」という挑発的な言葉も向けられましたが、ニューフェイズは「絶対に勝ってベルト獲ります!」と意気込みを見せました。塁もその言葉に満足したようで「あと二ヶ月半あるからがんばれ!」とエールを送りました。ひとまず丸く収まったところで、お開きとなりました。塁と大柳先輩はお見送りのため出入り口に。野橋は自ブースで自作っぽいプッシュアップバーがはみ出ている袋(福袋?)を手に「これでムキムキのモテモテモのウハウハになれますよ!」とアピールをしていました。沼ちゃん、チラシは一枚でも配れたのでしょうか?

一発目からクオリティの高い試合が見れて大満足!ニューフェイズは負けてしまいましたが、かえって次回矢巾までにいかに成長するかも見どころのひとつになりました!今年も道場プロレスから目が離せそうにないです。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2015.01.17(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード