« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

パンドラの~

SEX冠。

SEX MACHINEGUNSとTHE冠のカップリングツアー。
このライブに行った理由はTHE冠に興味があったから。
THE冠は冠徹弥のソロ名義。私にとってはSO WHAT?のボーカルという認識。
マシンガンズとのツーマンなら万が一THE冠がイマイチでもマシンガンズだけでも満足できるはず!
ということで行ってきました。

会場のthe five moriokaは今年の4月にオープンしたばかりライブハウス。盛岡Club Changeの系列店ですね。WAVEの入っている建物の3回なのに建物への入口がWAVEとは別でちょっとわかりにくい。今回初めて入りましたが、木目の壁が特徴的で、アコースティックライブが似合いそうな落ち着いた雰囲気。キャパはChangeよりは大きくWAVEよりは小さい。200人くらいですかね?こんなところでメタルライブやるとか似合わねーとか思っちゃいました。

お客さんはいい感じに入ってました。男性客結構多い。両バンドのTシャツやSEX冠Tシャツを着ているお客さんもかなりいました。黒T着用率高い!

開演前のBGMはSYSTEM OF A DOWNとか、あとTHE MAD CAPSULE MARKET'Sのシステムエラーが流れてひとりこっそりアガってました。転換中にはマイナーリーグも流れてたな。

そんなこんなで場内暗転。といってもこの会場は真っ暗にならないのね。デーデーデーデー!ってUWFインターのテーマが流れて一部の男性客大ウケ。たーむーら!たーむーら!ANCHANGと冠徹弥の二人が登場して前説。ANCHANG「男もけっこうおるなーけどおっさんばっかやなー」女の人も…^^;マシンガンズもファンの高齢化は深刻そう。
ナマ冠徹弥は初めて見たのですが、目力がすごくて顔の中身はかなりイケメンだけど輪郭がゴツい。すげーボーカル顔。この人の目ェ見開いて唇突き出した喋り方は西川きよし師匠を思い出す。剃ってるけどハゲじゃないことも確認。
会場の木目の壁を見て「サウナみたい」確かに!「サウナみたいに暑くすればええねん!」そうだそうだ!下の広くてきれいな会場(WAVE)ではオシャレな人気バンドがやっているとさかんに言ってたので誰だろう?と調べたらアルカラでした。…オシャレか?
ツアー初日である前日の柏の様子や、冠徹弥は初日ハリキリすぎて声がガサガサだとか、マシンガンズは3回解散してるとか、ヘビーメタルに市民権を!と訴えたり、そしてSEX冠ポーズのレクチャー(メロイックサインを頭上で交差する。胸の前で交差するとマシキマムザホルモンになってしまう)をして前説終了。ライブ前から笑わされました。冠徹弥のテンパリキャラいいなあ。

先行はTHE冠。初めて見るどころか初めて聴きました。思った以上にゴリゴリのヘヴィーメタル。テンポもそんなに速くないし私好み!SO WHAT?は1枚目と4枚目を持ってるけど、1枚目はもっとモゴモゴした感じでヘヴィメタルというよりハードコアっぽかったし、4枚目は当時の流行りのデジタルロック色が強くてもっとポップだったので、今の飾り気のないこの音は意外に思いました。こう書くとなんだかとっつきにくそうに思われるかもしれないけど、曲のコールのしやすさはかなり今の時代に合っている(合わせている?)と思いました。アルバム聴きこんでコールするポイント覚えて一緒にコールしたら気持ちよさそうだなーと全編に渡ってそう思いました。実際に曲を覚えてコールしてる人もいっぱいいてすごく楽しそう!羨ましい~~~!案外ライブで客が参加して楽しむことも考えて作ってるんじゃないですかね。こういう「ライブは客も参加して楽しむもの」的な考え方ってすごく今っぽいと思う。歌詞は多分面白いことを言ってるんだろうけどヘヴィメタルだから聴き取れませんでした。どうせ聴き取れたところで頭に入ってこないのでいいんですけど。
MCは前説同様お笑い成分高め。曲の合間に独り芝居が入ったり(多分曲の一部)、エンタメ性もバッチリ。エビバデダンスナウには大笑いしました。これを笑える私も若くないな…。まあ会場にいた大半の人は私含めて若くなさそうでしたが、冠徹弥が曲終わりにいきなり「最前列にすごく若い子がいる。歳訊いていい?いくつ?」「17歳」どうもシモなパフォーマンスがあるようで、その子の前でやってしまったことを必死に謝ってました。しかも隣にはその子のおば様がいたようで。「最前列だと色々なものが見えます!」ということで。
MCでは前日の柏でアンコールにふざけてXの紅をやったら自分達のどの曲よりも盛り上がったという切ないエピソードも。メンバー紹介も最高におかしかったです。「ハゲ!ハゲ!ロン毛!」と紹介した後に横一列に並んで無表情で黙り込む絵面がシュールすぎて。しかも「名前はネットで調べてください」だもん。THE冠はソロ名義なのでメンバーはサポートなのですが、「ベッチという名前のスキンヘッドのギタリスト」にものすごーく覚えがあって、2000年前後に結構名を知られたバンドをやっていたはず!というところまでは思い出せたのですが、それがBENTROOTなのかHELLBENTなのかSUNS OWLなのかがはっきりしなくて、ライブ中ずーっとモヤモヤしてました。で、家帰って調べました。FULLTRAPでした。全然違うじゃねーかと思いきや一応HELLBENTでつながってた!彼、えらいキャーキャー言われてましたな。ベーシストの方がイケメンなのに。でもたしかに冠徹弥のMCに「今日は面白いっすね」と笑った顔なんかキュートでしたけど。それからドラムの彼はBAT CAVEなんですね!ということは去年見てるはず。…あのときはほとんど内田さんしか見てなかったからな…。
良かったですTHE冠。音も好みだしエンタメ性もあるしで期待以上でした。こりゃ次来ることを期待してアルバム聴いとかなきゃだなー。私もコールしたい!

後攻はSEX MACHINEGUNS。マシンガンズを見るのはなんやかんやで4年半振り。月日が経つのが早いよ…。
THE冠盛り上がったなーTHE冠のファンも意外といっぱいいたんだなーなんて思ってたのですが、オープニングのイントロからお客さん全員高速ヘドバンの嵐!あ、THE冠ファンがいっぱいいたんじゃなくて、9割方マシンガンズが本命でTHE冠も好きなのね、と思いました。1曲目からみかんのうた、2曲目はファミレスボンバーと人気ナンバー連発ですでにバテ気味。お客さんの振りもカンペキ!自分もなんとなく覚えてたけどどうやら拳を挙げるタイミングも決まっているようで、一人だけ拳挙げてたりということが何度も…。振りといってもかわいいモンじゃなくて、基本各種ヘドバンとフィストバンギング(かっこよく言ってみた)の組み合わせなので、けっこうかわいいカッコしてるようなお客さんも肩幅に脚開いてしっかり腰落として高速ヘドバン扇風機ヘドバンとかやってるんですよ。なんかもースゲースゲースゲーと思いながら見てました。
メンバーは前回見た時からドラムが変わっただけかな?SUSSYはサポートなんだけど。新メンバーは沖縄出身LA在住だそうで。ベースのシンゴ☆スターも沖縄出身なんですね。彼はジャニーズ系のイケメンなのに背もなさそうだし喋り方も必死な感じでキャラクターがマスコット的というかなんというか。典型的な「黙ってればイケメン」ですな。まあそこが「かーわーいーいー」のだと思いますが。カミカミなのも含めて。
アルバムリリースしたばかりなので、アルバム中心のセットリストになるのかなと思ったのですが、1枚目と初期のシングル曲しか知らないにもかかわらず、半分知ってる曲でした。他の曲もこれって結構古い曲じゃないっけ?と思ったり、みどりのおばさんとか森のくまさんとか。一体アルバムの曲はいつ聴けるの?私みたいに数年に一度しか見ないような人ならいいかもしれないけど、ファンには物足りないセットリストでは?と疑問に思ってしまいました。
ニューアルバムのリード曲は「エグイ食い込み」なのかな?私はリード曲よりもアンコールでやった亀の歌にやられたよ!ギターのリフも印象的!単純にスラッシュナンバーだからだろと言われたら否定しませんけど!曲始める前の音鳴らしで爆音の振動で足の裏が痺れたのには思わず「うおおおおおおお!」と声が出てしまいました。(爆音で聴こえないからダイジョーブダジョーブ)
先にも書きましたが私は歌詞が頭に入ってこないのでマシンガンズは「かっこいい!」な印象しか残らないんですけど、MCは相変わらず面白かったです。べつに笑わそうとしているようには見えないんですけどね。THE冠と違ってフロント3人全員喋るから掛け合いも面白い。ネットで「オワコンバンド」(シンゴ☆「おはこんばんど?」おはこんばんちは)と書かれていたことに絡めて「自分たちは昔から何も変わってない」と言いつつ「そりゃヴィジュアル系みたいな衣装を着たこともあった」と自虐。往年のファンらしきお客さんたちオオウケ。それでまさしくヴィジュアルメイクにヴィジュアルファッションなSUSSYに注目が集まると「俺は昔から何も変わってない!ファンデーションの量が増えただけだ!」ANCHANGの「ホント気持ち悪いおっさんになってもそのまんま」というツッコミはキツイよ!そういえば転換中にお客さんの会話盗み聞きしてたら「ANCHANGもちょっとはメイクした方がいいよねー」とか言ってて、笑ってしまいました。話の続きで、「でも俺ら海外では結構知られてるんだよ?みかんみかんーとか」から日本では有名なのに海外では全然知られていないバンドやミュージシャンの話題になったときにすぐにMR.BIGの名前が浮かんだんですけど、その後にANCHANGが「ポール・ギルバートとか」と名前を出したのでフフフッとなりました。笑わせつつも結構深いことも話してて、ふたつの意味で面白い話が聴けました。
アンコールは「SEX冠」コール。男性客誰も声出さねーのな。マシンガンズが出てくると「SEX冠コールならMETAL FIRE(SEX冠の曲)やった方がええんちゃうの?」と言うANCHANGに大ブーイング。「お前らもっと気ィ使え」と言いつつ、マシンガンズの曲を披露して、THE冠の面々登場。THE冠のドラムもギターを持ったので(音出るようになってるかは謎)、ツインボーカルにツインベースにカルテットギターにドラムという無茶苦茶な編成に。なんやかんやでMETAL FIREが一番盛り上がりました!
エンディングトークではTHE冠も盛岡でワンマンできるようになればいいねという話をして(拍手したのは3人。冠徹弥「こんなんでワンマンやったら大赤字です」)、終了。

いやー。行ってよかった!楽しかった!前説があったのもSEX冠名義の曲があったのもエンディングトークがあったのもすごくイベントっぽくて、ただ順番にやって終わりなだけのなんの工夫もないツーマンと違って、特別感がありました!それから両バンドの音楽性が近いというのも良かったです。親和性は大事だよー。客からしたって気持ちよく見たいもの。異種格闘技戦もほどほどに!
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2014.11.02(Sun) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード