« 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2014/10/26(日)みちのくプロレス「道場プロレス2014・10月シリーズ・第2回」@滝沢市大釜幼稚園体育館 観衆:89人

客入り、昨日よりは落ち着いたかな?と思ったけど主催者発表だと一人しか違わない。
マウンテンキングブースの横ではかめっしーが「観戦のお供にどうぞー」とポップコーン売りに精を出していました。
本日もFIGHTING TV サムライで放送された先日のプロレスキャノンボールの模様の上映がありました。
VTRが終わって「海の魂」で沼ちゃん登場。そのまま歌へ。
「盛岡の人ならわかると思いますが、今日はMOON CHILDのボーカル佐々木収さんの誕生日です」ふーん…。「ムーンチャイルドで反応無かったらあとは誰の反応も期待できない。ザ・ブングルの加藤、マツコ・デラックス…」「ムーンチャイルドの曲で出て来ても良かったのですが」
「次の試合はもう11月なんですね。…反応ありませんね。水曜日は夢だったのかな?昨日も訊いたけど、水曜日に来なかった人?」あれ、誰も手を挙げない?と思ったらパラパラ手が挙がりました。昨日と同じく、プロレスキャノンボールの簡単な説明と、11.19に大船渡で開催されるチャリティー大会の告知がありました。
11.15のお菓子撒きについて本部席から「去年より多く撒きます!」という声が飛ぶと「優勝したときより多いっておかしくない?」と沼ちゃんから鋭いツッコミ。
告知も終わり、沼ちゃんの「じゃんけんたいかーい!」に拍手も何の反応もないので「あれー?じゃんけん大会やらない?」と、どんなに煽ってもかたくなに反応しないお客さん。沼ちゃんがロープに脚をかけたところでようやく拍手が起きました。「あと一歩で帰るところだった」本日もポスターやらお菓子やらを組み合わせて数名にプレゼントされました。

1.30分1本勝負
○アントニオ・デ・ルカ、日向寺塁(16:03片エビ固め)オーエン・フェニッス、郡司歩×※D-LUCA.T

今日もレフェリーは野橋。ブースにいるときはかめっしーでレフェリーするときは野橋なのね。
オーウェン、塁の順で出てきたのでシングルかと思ったら、郡司が入場して青コーナーへ、オーウェンとのタッグです。最後にデ・ルカが入場して塁と組んで4人タッグとなりました。大地風邪長引いてんなー。
オーフェンはリングコールのときに天を指すんだけど、野橋がそれに合わせて上向くのがなんか可笑しい。塁がリングコールでオーウェンの天を指すポーズを真似したらオーウェンは「おいおい真似すんなよ」という感じで塁のことを指差してムッとしてました。
リングコールが終わると、ゴングを待たずに塁・デルカ組の奇襲で試合開始。リングサイドに落ちてきたのでいきなり場外乱闘が始まるのかと思ってヒヤリとしました。
仕切り直しで郡司と塁がチョップ合戦。一歩も引かない郡司でしたが、塁の強烈なビンタに動きが止まってしまい、そこに塁がドロップキック。試合は場外へ。
塁はオーウェンを相手にコーナーポストを振り回して大暴れ。デ・ルカも郡司を相手にラフに戦います。
この場外乱闘のとき、アワアしているチビッコたちを瀧澤専務が「ここなら大丈夫だよ」下がらせて、収束したタイミングで「もう戻ってもいいよ」と誘導。瀧澤専務いい仕事してました!
リングに戻ると郡司が捕まる展開に。赤コーナーに郡司を追い詰めて二人がかりでいたぶります。塁に片エビで苦しめられるも必死でロープエスケープ。郡司はデ・ルカにフルネルソンで持ち上げられそうになったところひっくり返して逆にデ・ルカをマットに叩きつけると、ドロップキックを放ち、窮地脱出!
交代したオーウェン、デ・ルカに突進した勢いでコーナーで控えている塁にも攻撃、塁はリングサイドに転落。
オーウェンと郡司はダブルプランチャにダブルでのブレーンバスターにとタッグワークも良好。
再び郡司、デ・ルカとエルボー合戦を展開。走り込みレッグドロップを成功させた郡司ですが、その後、垂直落下式ブレーンバスターで叩きつけられてしまいました。
塁は郡司が立ちあがったタイミングを見計らってダイビングショルダーをヒットさせると、続け様にデ・ルカがダイビングラリアットをブチ当てて来ました。大技の連発に郡司は立ち上がれず、ダウンカウントを取られてしまいます。
塁はコーナーに上り、手で数を作り、デ・ルカも一緒になってノリノリでダウンカウントを煽ります。まーにくたらしい!郡司は8カウントでようやく立ち上りました。
試合も終わりに近づき郡司はボロボロな一方で、オーウェンはまだまだ奮闘、デ・ルカを垂直落下式ブレーンバスターで叩きつけ、郡司も気力を振り絞ってミサイルキックを発射!
しかし、リングサイドに落ちたオーウェンは塁に捕まってしまい、リング内は郡司とデ・ルカに。デ・ルカはフロントキックで郡司を倒すとカバー、クリアされると、回転のかかったサイドバスターみたいな技で3カウントを奪いました。
いや素晴らしい試合でした。両チームとも即席タッグとは思えませんでした。とくに塁とデ・ルカなんて初タッグだろうに、塁もヒールに寄せたのか、キャラクターの相性もバッチリ。このタッグはまた見たい。郡司の打たれ強さにも唸らされました。こういうなんでもないカードがたまに大当たりするから道場プロレスはやめられない!

勝者となったデ・ルカ、オーウェンと同じくエプロンに座ってしばらく客席眺めて一旦リングを降りましたが、沼ちゃんに「ステイ?」と確認してリングに逆戻り、マイクを持った塁の横に立ちました。郡司はオーウェンに支えされて退場していきました。
塁は「戦ってよし、組んでよし、顔よし体よし。羨ましいね!」とデ・ルカをベタ褒め。ひととおり挨拶を終えると、塁はデ・ルカと顔寄せて何やらゴニョゴニョ。正面に向き直り、「教えたのでデ・ルカもやってくれると思います」で、デ・ルカと一緒に「不滅だー!」で大会を締めました。再び両者コーナーに登って勝どきをあげました。

リングを降りたデ・ルカはツーショット撮影会のブースへ。試合のときのデ・ルカがあんなキャラなので、どんな感じかと思ったら、ちゃんとお客さんの肩を抱いたりと、にこやかにツーショットを撮ってました。昨日書き忘れたけどデ・ルカのコスチュームが変わりました。青いショートタイツになりました。って別に変わったわけじゃなくて何枚か持ってるうちのひとつなんでしょうが。

ところで、レフェリーが野橋だとどうしても野橋にも目が行ってしまうのですが、なんとなく、野橋は正規軍戻ってから表情もやわらかくなったような気がします。フルマスクのかめっしーじゃわかんないんですけど、レフェリー姿の野橋を見てそう思いました。

というわけで2か月ぶりの通常道場プロレス二連戦でした。水曜日の余韻は感じつつも動員以外は元通りですかね?年末までずらりと発表されている今後の道場プロレスでは、すでにいくつか企画が発表されていますし、色々と楽しみです!ちょっと気が早いけど、最終戦の佐々木大地プレゼンツ恐怖のクリスマスナイトを無事に迎えられますように。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2014.10.26(Sun) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード