« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2014/10/25(土)みちのくプロレス「道場プロレス2014・10月シリーズ・第1回」@滝沢市大釜幼稚園体育館 観衆:90人

まだ水曜日の余韻が残っているようで、お客さんがいつもよりかなり多い。小中学生の集団もチラホラ。
お時間5分ほど前になって水曜日の様子が放映されたバトル☆メンの上映がありました。
上映が終わり、広島カープの曲で沼ちゃん登場。だから客入りBGMは野球の各球団のテーマ曲だったのね。「今日は山本浩二さんの誕生日です」ほーん。というお客さんの反応に「山本浩二知ってるの?広島カープといえば山本浩二、ミスター赤ヘルです…今度は無反応ですか。水曜日はあんなに賑やかだったのにもう元通りですか」とボヤキが入り始めました。でも沼ちゃんが告知してる間ずっとザワザワしてたような。静まり返っててもザワザワしてても反応が無いのは同じか。
「こないだの水曜日来なかった人?」パラパラ手が上がったので、プロレスキャノンボールの説明は「詳しくは映画を見てください」ということで、ゴールとなったみちのくプロレスの合宿所に、酒呑童子チーム、世界一性格の悪い世界一性格の悪いクレージー大社長チーム、24時を過ぎてガンプロチームが到着したことと、11.19に大船渡で今回の企画に参加した選手によるチャリティ大会の開催が決定したことの報告がありました。
大会日程の告知では、「11.15に楽天6位入賞記念のお菓子撒きをやります。イーグルスマスクにお菓子を撒いてもらいます」11.15ってプロレスリングAKの旗揚げ戦の日じゃん。郡司が参戦するからみちプロも全面的に協力するのかと思ったらそうじゃないかったのね。「6位入賞といってもパリーグって何チームあるかわかります?6チームしかないので最下位です!」たしかクライマックスシリーズに行けたらお菓子撒きやるとか言ってたよね。結局最下位でもやるのか!「4位になったときは仙台の人はみんなクライマックスシリーズに行くと信じてました」とりあえず沼ちゃんの告知がひと段落したタイミングでかめっしーじゃなくて野橋が野橋ブースから告知。「11.8は斜めプロレスをやります」沼ちゃん「斜めプロレス?」野橋「来ればわかります」リングを斜めにでもするんだろか?酔って吐きそう。「11.9の道場見学ツアーは残り3人で定員です」盛況ですなー。「今日は試合終了後にツーショット撮影会をやります」久々の道場プロレスということで告知盛りだくさんでした。沼ちゃん「三ちゃん、顔つきがよくなったんじゃない?」三ちゃん「はい、今日で一週間が経ちましたので!」
そんなこんなで歌へ。今日は「俺の海」でした。
続いてジャンケン大会。オオガマックスの着てるカレーマンTシャツいいなあ。今日はポスターにお菓子にとてんこ盛りで沼ちゃんの言う通り「商店みたい」。ポスターとお菓子適当に組み合わせて10名ほどにプレゼントされました。じゃんけん大会が終わるとまたまた野橋から告知が。「道場見学ツアー、先ほど2名申込があったので残り1名です」おお!企画した甲斐があったね!

1.10分1本勝負
○オーウェン・フェニックス(8:55片エビ固め)郡司歩×※ダイビングフットスタンプ

今日の郡司は郡司の曲で入場してきたのであの曲は郡司の曲ではなくてニューフェイズの曲なのね?いまだにあの曲が誰のなんて曲かわかんないんだけど、Fear,and Loathing in Las Vegasって人たちの曲なんかな?件のバンドはちゃんと聴いたことないけど全部同じ曲に聴こえてあの曲も同じに聴こえるので。入場曲といえばオーウェンの入場曲はスクールウォーズの主題歌みたいでダサカッコよくて好き。
ところで、リングコールで「レフェリー・野橋太郎」と言われてました。レフェリーするときはかめっしーじゃなくて野橋なのね。セコンドの時もかめっしーのままなので野橋の素顔は当分見れないのかと思ってました。ちょっと嬉しい。
本題、オーウェンは今回の来日で初のみちプロ勢とのシングルですね。相手は郡司。前回来日時、郡司はデビュー1年目でした。
オーウェンって少年的なルックスのせいかなんなのかあんまり強い印象ないんですけど、郡司との試合運びは余裕を感じるほどでした。とくにグラウンドで郡司を捕える姿は非情さも感じるほど。こないだのHARASHIMA選手じゃないけど、そこで腕まで極めちゃったら郡司なんにもできないじゃんって。でも郡司がロープエスケープしている途中で体勢を変えてオーウェンを押さえ込みに行ったのは、まさかでしたね。3カウントは取れなかったけれど、意表を突かれました。
郡司は前半でかなり責められてたにもかかわらず、後半になるとドロップキックから一気に反撃開始、ブルドッキングと走り込みレッグドロップを立て続けに出しました。オーウェンのその場飛びスプラッシュはよけることに成功。しかしコーナーに上り飛んだところをオーウェンが迎撃。垂直落下式ブレーンバスターはホントに頭から落としたのでヒヤリ。2回目のその場飛びムーンサルトはしっかり決められて、背中へのエグいダイビングフットスタンプで3カウント。
勝ち名乗りを受けたオーウェンは郡司の元へ行き握手を求めたのですが、郡司は起き上がれず、仰向けのまま右手だけ差し出したので、オーウェンがそれを握ってとりあえず形だけは。郡司は沼ちゃんに支えられて退場していきました。
オーウェンは勝つとしばらくエプロンサイドに座って脚プラプさせてるよね。変なアピール。
オーウェンの強さを感じた試合でした。そして郡司のなんとかしようという気概を感じる試合でもありました。

2.10分1本勝負
○日向寺塁(8:57片エビ固め)アントニオ・デ・ルカ×※ゴリークラッシュ

デ・ルカは踊りながらノリノリで入場。客席に近付くのでお客さんがハイタッチしようと手を差し出すと応えると見せかけてスカしてニヤニヤ。試合中もサミングするし、やっぱりデ・ルカはヒールなんだな!
デ・ルカも初のみちプロ勢とのシングルです。デ・ルカはあんなキャラなんだけど、如何せん一度も白星を挙げていないし、相手も格上の塁ということで複雑な気持ちもありつつデ・ルカに肩入れして見てました。
体格だけ見ればデ・ルカの方が全然分厚いのに、チョップ合戦では塁も引けを取らず。序盤は塁が攻め込み、デ・ルカは防戦一方。中盤、デ・ルカが反撃に出ると、ここぞとばかりに大技連発。とくにラリアットは塁の体が回転するほどの勢いで思わず「うわっ」と声が出てしまいました。ファルコンアローで叩き付けられたときは本当にダメかと思いました。塁が余裕の勝利を見せるかと思いきや接戦になり、両者同時にダウンカウントを取られる場面も。
試合も佳境、塁が抑え込みを連発。まさかデ・ルカ相手にそれで決めるつもり?それはちょっと…と思ったのですが、塁はゴリースペシャルボムを決めて3カウントを奪いました。見ている側としても納得のいく形での勝利でした。
塁のゴリースペシャルボムはこないだのみちのくふたり旅シリーズから使い始めた技で、滝沢・仙台でも見てはいたのですが、今回初めてきれいに決まったのを見たというか、フィニッシュとして説得力のある技だな!と思うことができました。
デ・ルカはなんとなく敗北が納得いかないご様子?これまた沼ちゃんに支えられて退場しました。

勝ち名乗りを受け、コーナーでもポーズをとってアピールした塁は、あらためてマイクを取り中央へ。「勝ちましたー!」おめでとう!一旦、腰をかがめて息を整えると「デ・ルカは顔もいいし手強かった!」とデ・ルカを称えました。「明日も5時からここでやりますので、ぜひ来てください」と、明日の大会とツーショット撮影会の告知をして不滅だー!で大会を締めました。
ツーショット撮影会は沼ちゃんが仕切ったのでお見送りはナシ。ちなみにオーウェンとのツーショット撮影会でした。

通常の道場プロレスとしてはナント2ヶ月振り!本興行が立て込んでてずいぶん間が空きましたね。
動員についてはぶっちゃけ水曜日が特別で今回はまたいつもどおりのだと予想していたのですが、冒頭に書いたとおり、水曜日の余韻+おそらく多少なりともめちゃイケ効果で目に見えて動員は上がっていました。
でもなあ。
お客さんが増えるのはいい事だけど、某中学生集団の傍若無人っぷりにはまいった。脊髄で喋るなよ…。幼児だってもっとお行儀いいぞ。ああいうのって狭い会場だから悪目立ちするんだよなー。ま、奴さんらに限らず友達に誘われて来てはみたけどつまらなかったってこともあるだろうし、まして小中学生無料となりゃ「懐痛めてんだから楽しもう」という気も無いだろうし。いずれ残るべき人だけ残っていくのでしょう。触らぬ神に祟りなし。くわばらくわばら。

思い出した。大地いなかった。早く良くなってね!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2014.10.25(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード