« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2014/10/22(水)みちのくプロレス「ニューフェイズプロデュ―ス平日道場プロレス」@滝沢市大釜幼稚園体育館 観衆:205人超満員

道場プロレスは通常、試合のない週末に開催されるものですが、この日は週のど真ん中の平日開催。しかも午後になって急きょDDTよりHARASHIMA選手、男色ディーノ選手、飯伏幸太選手の三選手の参戦がリリース。どうもプロレスキャノンボールという企画の一環のようで?ともあれこりゃ大変なことになりそうだと、いつもより早めに出発して開場前に到着したのですが、あれ今日OOGAMANIAだったっけ?ってくらい人が並んでました。開場直後は「今日の道場プロレスはよく入ってるなあ」程度だったのですが、始まる頃には通路も何もあったもんじゃないってくらいの人入り。みなさんわりと急に都合がつくもんなんですね。
私はめちゃイケ見てないのでみちプロのtwitterで知ったのですが、めちゃイケメンバーの「三ちゃん」なる人物が入団したようで、売店で元気に声をあげていました。お客さんから向けられたカメラには「選手じゃないんで」と断っていましたが…。練習生なのにそこは断るのか。
ちなみにこの日はめちゃイケとプロレスキャノンボール、更におなじみサムライTVの撮影でカメラが三台も入ってました。こんだけお客さん多いと変にカメラ意識しなくていいやね。DDT関係では鶴見亜門GMも来ていて、お客さんにインタビューなどをしていました。

お時間になりまして沼ちゃん登場。いきなり「今日は歌はありません」さっさと告知へ。「矢巾のチケット買ってない人?」誰も手を挙げないと「嘘つけみんな買ってないだろ!買え!」今日の沼ちゃんはアグレッシヴだ!
告知に続いて大会プロデューサーからご挨拶ということで郡司登場。ニューフェイズで使ってる入場曲は郡司の曲なのかな?郡司の口から大地の高熱による欠場が伝えられると一部のお客さんから「えぇー」の声が。そんなこと郡司に言われたって困るわよね。郡司の挨拶の途中で男色ディーノ選手が登場。ディーノ選手は顔だけ見るとイケメンなんだけどワガママボディなんだよねえ。自己紹介もそこそこに「このまちををゲイタウンにする」だの「大釜幼稚園を性に解放的な幼稚園にする」だの。大釜という地名も「そもそも大ガマじゃない」と嬉しそうにいじるディーノ選手。それから郡司と大地はデキてると言ってたけど、この二人あまり仲いいイメージない。そんなこんなで一旦退場して試合開始。

1.10分1本勝負
○オーウェン・フェニックス(6:56片エビ固め)アントニオ・デ・ルカ×※ダイビングフットスタンプ

レフェリーはDDTの木曽大介レフェリー。髪型が超アシンメトリー。レフェリングに邪魔にならないのかしら?と、仕事のためにまつげパーマしているデューク佐渡レフェリーのことを思い出してみる。
デ・ルカは入場の時なにくわえてんの?つまようじ?しとしとぴっちゃん?
4FW提供試合と銘打たれた二人のシングルは滝沢大会に続いて二度目。試合の流れは大体同じ。リストの取り合いからロープワーク、終盤に向けて大技合戦へと。今日のデ・ルカはアピール少な目。
デ・ルカはラリアットの仕方が面白い。ショートレンジなんだけど、あまり腕延ばさないから叩きつけるというよりフックする感じ。
オーウェンのフィニッシュ、デ・ルカの背中へのダイビングフットスタンプを見て、滝沢大会でのフィニッシュ直前の不可解なドラゴンリングインは、これと同じことをやろうとして失敗したもしくは避けられたのねと二週間越しで腑に落ちました。
デ・ルカ勝てませんなー。ちょっと調べたんですけど、彼はデビューが2012年ということでまだ新人枠なんですね。オーウェンの方が2年もキャリア長い。体もキャラもできてるからそんな気しませんでしたよ。
…オーウェン4FWJr持ってるみたいだけど見なかったことにしよう。ベルト持ってきてないし!

2.10分1本勝負
○HARASHIMA(7:13変形フェイスロック)郡司歩×

レフェリーは沼ちゃんに交代。
KO-D王者HARASHIMA選手に郡司が挑むというすごいカード。他団体の王者とのシングルなんて郡司にとってもすごい経験です。
HARASHIMA選手表情厳しい。リングコールではベルトを掲げて郡司に見せつけます。ピリッとした空気が漂ったものの、試合前にはガッチリ握手。
グラウンドでスタート。そういえば郡司のグラウンドってあんまり見ないような気がする。グラウンドのうちはまだまし、立つとHARASHIMA選手がかかと落とし気味に郡司の背中をボコボコに蹴りまくる。防戦一方の郡司もドロップキックで反撃のチャンスを掴み、ブルドッキングに走り込みレッグドロップでHARASHIMA選手の顔面をマットに叩きつけます。
エルボー合戦では重いエルボーを受けても倒れない気力を見せたものの、コーナーに上げられて雪崩式ブレーンバスターで叩きつけられる。郡司がこれをクリアすると、HARASHIMA選手はすぐにキャメルクラッチに移行、ロープを求めてもがく郡司に場内郡司コール。もう少しでロープに左手が届くというところでHARASHIMA選手が郡司の左手をクラッチ、続いて右手もクラッチ。あきらめない郡司が左足をバタつかせると、HARASHIMA選手は非情にも左足もクラッチ、文字通り手も足も出なくなった郡司、ギブアップの意思も頷くことでしか示せないという屈辱的な敗北となりました。
HARASHIMA選手は勝ち名乗りを受けた後、郡司の側に屈みこんで様子を伺い、ノーサイドとしたいような感じでしたが、いかんせん郡司がボロボロで…。結局郡司は沼ちゃんに支えられて退場。
いやーHARASHIMA選手こわかったです!強いのはわかってたけど、こんなに厳しい試合をする人だったとは。最後にはイメージ通りの太陽のような笑顔を見せてくれましたけどね。

3.10分1本勝負
○日向寺塁(6:35バックスライド3)男色ディーノ×

ついに塁がディーノと初遭遇!塁の貞操の危機!なにげに一番楽しみなカードだったりします^^;
ディーノ選手の入場の際の注意事項を聞いて、試合前のディーノ選手の挨拶といい、ゲイだのホモだのそんな言葉が飛び交う幼稚園の体育館もないよなあと思いました。というわけでエガちゃんのテーマ曲でディーノ選手が登場!試合を終えたばかりでセコンドについた郡司が真っ先に襲われます!君の相方の大地も経験したことだ!耐えるんだ郡司!ディーノ選手は客席になだれ込み、男性客を襲い、女性客の頭をひっぱたき、お客さんのキャップを奪い遠投、女性客のニット帽にいたってはタイツの中にイン。持ち主に返却の際、沼ちゃんイヤ~な顔で「あったかい」ご愁傷様~。
さて試合。警戒して組もうとしない塁に「あ、バレたくないんだ」とディーノ。そんな挑発に乗る形で組み、リストの取り合いでまともに始まったのに、ディーノ選手はあっという間に塁を組み敷いてタイツの中に手を突っ込んで尻をゴニョゴニョ。悲鳴を上げる塁を蹂躙。男色ナイトメアも食らってしまい、塁の精神的ダメージは大!ファイトー!いっぱーつから男色ドライバーをかけられそうになるも、落とされる直前で正気を取り戻して未遂に。塁は一刻も早く試合を終わらせたいとばかりに逆さ押さえ込みを連発。ことごとく返されるもあきらめずに続けてついに3カウントをもぎ取りました!
塁ってヨゴレなイメージが全くないからどうなることかと思いましたが、試合には勝ったものの、好き放題やられっぱなしでしたね…。シングルということでフルコースでしっかり洗礼を受けました。これで塁もりっぱなプロレスラーだ!

4.10分1本勝負
△かめっしー(6:56両者リングアウト)飯伏幸太△

いよいよメイン。まずはかめっしーから入場。かめっしーの弟かめごろー(かわいい)も大釜初登場!定位置がキワドイ。ふなごろー(かわいい)がメディアに登場したのが15日で、かめごろーが登場したのが三日後の18日の新木場大会って取り入れるの早いな!
この日のお客さんの半数以上は彼を見に来たんじゃないんでしょうか、ゴールデン☆スター飯伏選手の登場に場内大興奮!「飯伏ー!ギャー!」なんて黄色い声まで飛んじゃってるし、スゲー。
でも試合が始まるとかめっしー人気だな。みちプロファンの意地か?最初フツーに始まったと思ったんだけど、急にかめっしーが動きを止めて仁王立ち。左手を挙げて挑発するかめっしー。飯伏選手は訝しみつつも手を組もうと右手を挙げめると、かめっしーは左手を下して右手を挙げました。同じように飯伏選手が左手を挙げるとかめっしーは右手を下ろし左手を…と、どんどんテンポが速くなり、いつの間にかかめっしーダンスに。観光大使コールも煽り初めてノリノリになってきたところで飯伏選手の激しすぎるツッコミが入って終了。
かめっしーがグラウンド、飯伏選手がスタンドの状態で、かめっしーが攻撃されそうになると、腰を突き上げてかめごろーをアピール。かめごろーのかわいさで戦意を削ぐ作戦か?多少の戸惑いを見せた飯伏選手でしたが、通じなかったようで、かめっしーを捕まえて場外へ。「外行くぞー!」でしばらく場外をウロウロしていましたが、OOGAMANIAのときにエントランスになる扉からから外へ出ていき、かなりのお客さんが二人のことを追いかけていきましたが、私はかろうじて黒山の人だかりの隙間から飯伏選手がムーンサルトをする姿が見えた程度でした。選手不在の会場で場外カウントは進み、カウント18になっても帰ってこないのでレフェリーの沼ちゃんカウントをやめてロープから身を乗り出して「帰って来ーい!」結局20カウントで両者リングアウト。場内「ええ~?!」の大合唱。戻ってきたかめっしーは背中に甲羅と見紛う大きななにかを背負っていました。
ザワザワした空気の中、いつの間にやらリングまわりに本日の出場選手が大集合。ディーノ選手がマイクを持ち「スッキリさせたいわよねえ?」と、お客さんの気持ちを代弁し、急遽6人タッグが決定!

延長戦.時間無制限一本勝負
○HARASHIMA、飯伏幸太、男色ディーノ(6:49片エビ固め)日向寺塁、郡司歩、かめっしー×※蒼魔刀

塁が乗り気じゃないような気もするけど延長戦突入!塁はパーカー、郡司はTシャツをそれぞれ着たままの状態でいきなり6人入り乱れての場外乱闘。塁は台車を持ち出して飯伏選手を乗せてリングにドカン。逆に塁が乗せされてこれまたドカン。ディーノ選手は試合そっちのけでお客さんのスマホを奪い、自分のタイツの中を撮影して持ち主に返却。いつの間にやら塁はディーノ選手に掴まってまたもや尻を重点的に攻められていました。塁は受難の日だな!
リングに戻ると、郡司が捕まり、ディーノ選手のリップロックの餌食に!フラフラになった郡司はディーノ選手のタイツに吸い寄せられて男色ドライバーを食らってしまいました。郡司戦線離脱、かめっしーが飛び込むと飯伏選手のその場飛びムーンサルトとHARASHIMA選手のレッグドロップがダブルで炸裂!
ディーノ選手がコーナーに上り、アンダータイツ一丁のお尻を突き出しスタンバイ。HARASHIMA選手が郡司のことをディーノ選手のお尻めがけて振るも、郡司が逃げ切ると勢い余ってHARASHIMA選手の顔面がディーノ選手のお尻に…。
チャンスとばかりに飯伏選手をコーナーに激突させ、みちプロチームがトレイン攻撃!塁も得意のスピアーなどで奮闘を見せたものの挽回しきれず。かめっしーが捕まり、かめっしーコールが起こるも状況は変わらず、ずっとコーナートップでお尻を突き出したまま悶えているディーノ選手のお尻にかめっしーが激突、立て続けに飯伏選手がジャーマンを決め、ダメ押しでHARASHIMA選手が蒼馬刀!DDTチームの勝利となりました。

飯伏選手はコーナーからのムーンサルトで勝利の喜びを表現。勝ち名乗りの後、マイクを握ったのはHARASHIMA選手。「いきなり来たのにあたたかく迎え入れてくれてありがとう」と感謝を述べます。この後なんて言ったか忘れたけど、一部のお客さんのお約束の「なんでー」に応えたそうなHARASHIMA選手を遮って、ディーノ選手が売店にいる三ちゃんに「本気なの?」と問うと、三ちゃんは「本気です!」と力強く答えました。三ちゃんが本気であることを確認すると「次来たときは…目覚めてなさいよ」とオカマポーズでエール(?)を送りました。あらためて、ディーノ選手はDDTの勝利により大釜がゲイタウンになったことを宣言。「大ガマという地名を見るたび笑っちゃうわ」とまたまた嬉しそうでした。最後は「アレで締めなさい」と飯伏選手にマイクをパス。飯伏選手はアレで締められるのが嬉しいのかワクワクソワソワといった様子、そして気合の入った「みちのくプロレスは永遠に不滅だー!」で大会を締めました。デーデレレデッデッデー。選手たちはそれぞれ握手を交わしあいノーサイド。かめっしーとディーノ選手にいたっては、サッカー選手のユニフォーム交換よろしく男色タイツとかめごろーを交換。おもむろに男色タイツを履くかめっしー。ディーノ選手もかめごろーを装着して塁と郡司に触らせてました。あらためて一列になり両手を掲げあってお客さんにアピール。大団円となりました。
リングを降りた選手は全員が会場の外でお見送り。追いかけるようにお客さんが会場の外へ行ってしまうので、沼ちゃんが「おでんの振る舞いがありますよー!」と声をかけていました。会場の外はお客さんでごった返し。かめっしーが「帰るお客さんもいるので通り道だけでも開けてくださーい」と呼びかけてて大変そうでした。ディーノ選手のファンサービスは相変わらず。男性客とはハイタッチ、女性客とはハイタッチすると見せかけて頭をベチン。ハタから見てるだけでも面白いです。

いやー。たいへんな大会でした。何かが起こるとは予告されていましたが、予想だにしないことが起こりました。大会プロデューサーである大地の欠場もひっくるめて。まさか大釜で飯伏選手を見れるとは。あんな全席ロイヤルシートみたいな会場で。しかもたったの500円で!入場料500円のままだったあたり、平日道場プロレスとプロレスキャノンボールは全然関係ないところで予定されていて、今大会がこうなったことは本当の本当に突然決まったことだったんでしょうね。
こないだのKAIENTAI DOJO十和田大会のときにも思ったことですが、やっぱ新日選手の人気はすごい!でも今までにない盛り上がりとは言わない。だって野橋対ライガーも負けないくらい盛り上がってたもん!
道場プロレスにも足を運んでいるみちプロファンとしては、超満員のお客さんのうちの3/4に対するこーいうときだけ来やがってと思う気持ちは隠せませんが、今大会に来たきっかけが飯伏選手目当てでもDDT目当てでもなんでもいいから、みちプロに全然興味無かったお客さんがみちプロも面白いじゃんと思ってみちプロにも足を運んでくれるようなったらいいなあと思ってます。かくいう私もノアを見に行くのは拳王目当てなのでどうこう言えないんですけどね。というわけで私の目下の興味は今度の道場プロレスの客入りです。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2014.10.22(Wed) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード