« 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2014/09/27(土)KAIENTAI DOJO「CLUB-K TOUR in KITAKAMI~復興支援チャリティー大会 北上プロレス祭り~」@サンレック北上 観衆:352人超満員札止め

5月に続いて今年2回目のKAIENTAI DOJO北上大会。前回よりもお客さんが多い!にぎわっています!
みちのくプロレスも飲食ブースを出していたようで、郡司がいました。

定刻にKのテーマが流れて対戦カード発表をして試合開始。

1.北上コロッケ侍デビュー戦 タッグマッチ 20分1本勝負]
○北上コロッケ侍、梶トマト(8:29原爆固め)マリーンズマスク、吉野コータロー×

トマトダンスを見るとKに来たなーという気がします。そういえばハヤトもトマトダンス踊ったっけな…。
マリーンズ選手はみちのくプロレスのツアーにも帯同していたのですっかりご贔屓です。だから出てくると嬉しい。前回は負傷欠場していたようで、Kで戦う姿を見るのは初めて。Kよりも先にみちプロで戦う姿を見てしまったわけですな。
吉野コータロー選手はKの新人ですね、初めて見ました。体型も含めて若いんだかおっさんだかわかんないようなルックスですが、まだ二十歳なんですね!そう知るとあのぷよぷよな感じも増やして絞るところなのかなと思えてきます。
本日デビュー戦の北上コロッケ侍はかなりの痩せ形。こういうご当地レスラーはその日出場していない選手なんでしょうが、Kをよく知らないのでわかりません!この北上コロッケ侍、マスクがちびまる子ちゃんみたいな顔なので、「ニヤニヤしてんじゃねー!」「笑ってないで真面目に戦え!」とか言われてておかしかったです。あと声援が「コロッケー!」なのでモノマネタレントのコロッケの顔がチラチラ浮かんでしまってこれまたおかしかったです。
吉野選手には「俺はメンチの方が好きなんだー!」と言われたり、攻めるにしても受けるにしてもコロッケ侍が主役の試合でした。

2.北上女子選手権王座決定戦 時間無制限1本勝負
○バンビ(6:23チョークスラム→体固め)石橋葵(世界プロレス協会)×
※バンビが北上女子選手権初代王座に就く

ベルト乱立のプロレス界でまたもや新たなベルトが設立されてしまいました!
石橋葵選手は名前すら知らない…と思ってたのですが、今年の頭にNHKで放送された北都プロレスのドキュメントに登場した選手ですね。
私は一度もバンビ様に強さを感じたことが無かったのですが、今日のバンビ様は強いと思いましたね!あの独特のモッサリ感すら一発一発が重く感じる要素に思えました。やっぱり女子は女子とですね!
石橋選手は若そうなのに元気で明るい感じはしなかったけど、必死に向かっていく姿がよかったです!
ひとつ気になったのが、バンビ様がフォールして石橋選手がブリッジで返すシーン、バンビ様、石橋選手に密着してなくて隙間が…それじゃあただすり抜けてるだけじゃんって…。そういう部分は手抜き(?)しないでしっかり見せてほしいと思いました。

3.タッグマッチ 30分1本勝負
○稲松三郎、関根龍一(8:39エビ固め)ヒロ・トウナイ、佐藤悠己×※サンダーファイヤー・パワーボム

さときゅん登場、マイメインエベントです!さときゅんは髪型のせいか、なんだか大人っぽく見えました。
対戦相手の関根選手も応援したくなる選手ですがやはりここはさときゅんを応援!
Kではさときゅんの正タッグパートナーはトウナイ選手なんですかね?タッグワークが素晴らしくて目を見張りました。トウナイ選手は玄人好みしそうな極め技主体の地味なレスリングをするイメージがあるのですが、ちゃんとっていう言い方もおかしいですが、飛び技もイケルんですね。だから(?)さときゅんとの息もピッタリ。ホントに、稲松選手が相手でももしかしたらと思わされるほどでした。
さときゅんがホームで元気に頑張ってる姿を見れて良かったです!

休憩をはさんで試合開始前にガチアウトローのシンガーソングライター松本哲也が登場。本日誕生日のリッキーさんをリングに呼び込み、お客さんとともにバースデーソングで祝いつつ、カラオケで2曲披露しました。散々プロレスラー見た後に一般人男性を見ると異様に華奢に見えますね。

4.リッキー・フジ生誕49年記念 インディペンデント・ワールド世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
○<王者>TEPPEI(8:59エビ固め)リッキー・フジ<挑戦者>×※フランケンシュタイナー返し※王者TEPPEIが初防衛に成功

リッキーさんといえばお尻出すようなコミカルな試合しか見たことなかったのでこんな真面目な試合ができるんだ!と思ってしまいました。失礼ながら。お年を考えると信じられないコンディションですよ体も動きも。
TEPPEI選手を前回見たときは中の人を知らなかったわけですが、その後中の人を知り更に幾度となく別キャラを毎月のように見ているわけですが、どうもつながらない。まあ真面目に戦って喋らなければそうなりますか。
バースデーマッチだしベルトの移動もあるかなと思ったのですがありませんでした。

5.北上スペシャル6人タッグマッチ 30分1本勝負
○TAKAみちのく、鈴木みのる(パンクラスMISSION)、火野裕士(17:03エビ固め)真霜拳號、タンク永井、雄馬※みちのくドライバーII

前回第1試合間に合わなかったのでタンク永井選手初めて見たんですけど、すごく雰囲気ありますね!とても新人とは思えない風貌に、えっ、誰これ、こんなレスラーいたっけ?!と思いましたもん。プロフィールの写真とも全然違うじゃないですか!真霜選手と並んでもバッチリ絵になります!試合の方は体格を生かした突貫ファイト。上手さで見せるような感じではないのでここらへんに新人らしさを感じなくもないですが、うーんでもやっぱり新人とは思えない!一度見ただけですっかり気になるレスラーになってしまいました。
さて、彼が目当てのお客さんもいたことでしょう、鈴木みのる選手が登場!2010年の新日1.4東京ドームに言ったので一度は見てるのですがなんにも覚えてない…。そんな私ですらタイトルだけは知っている中村あゆみの「風になれ」に乗って登場するだけですごい盛り上がり!鈴木選手のファイトスタイルはいわゆるU系っていうんですか?みちプロファンの私にはさほど魅力は感じないのですが、試合以外のところでちょこちょこ面白いことやってお客さんを笑わせて、こんなところで人気があるのもわかるなーなんて思ってしまいました。
前回は別々のカードに組まれましたが、今回は同カードに組まれました、Kの二大エースともいえる火野選手と真霜選手!真霜選手って大柄な選手だと思ってたんですけど、火野選手と並ぶと0.3まわりくらい小さく見えますね。てか火野選手デカすぎ!火野選手のチョップはど迫力!真霜選手だからあんなに何度も受けられるんですかね?!強烈でした。
TAKAはサミングにアックスボンバーに…と、いつもどおりでしたが、ラ・ケブラーダを披露してくれました!TAKAのケブラーダなんて見たことあったかしら?!いや多分あるんだろうけど、そんなにしょっちゅう見てる気もしないので、あのTAKAのケブラーダとなるとやっぱ興奮しますね!会場も大盛り上がりでした!
このメンツの中だと雄馬選手が捕まってしまうのは当然と言ったところでしょうか。
鈴木TAKA火野組の貫録勝ちでした。

試合後、鈴木選手がなぜか大荒れで退場。Kののぼりを壊してしまったようで、「金かかってんだから弁償させろよ」という火野選手をTAKAがなだめてました。
気を取り直して、北上市に義援金を贈呈し、シメの挨拶はTAKAが務めます。「前回から椅子を1.5倍にしましたがそれでも満員!」新日と全日も北上で大会が開催されることにも触れて「Kは千葉の団体でありながらどころよりも北上を大事にしている」とアピール。前回同様「俺たちの団体の名前だけでも覚えて帰ってください!俺たちの名前は何だ?!」で、微妙に揃わないカイ!エン!タイ!ドージョー!で大会をシメました。

というわけで今年2回目のK。やっぱ短いスパンで試合が見れると愛着が沸きますね。
私は試合数は5試合がちょうどいいと思っているのですが、みちプロと違って滅多に見れない団体となるともっと見たいなあなんて思ってしまいました。とくに今回は前回参戦した旭志織選手と柏大五郎選手がいなかったので。
北上ゆかりのレスラーもデビューしたことですし!ベルトも新設されたことですし!毎年恒例になるといいな!

ところで今のSTRONGEST-K王者って真霜選手なんですね。前回から稲松選手が落としたのはなんとなく覚えてたんですけど…多分ベルトは巻いてきたと思うんですけど、アピール合戦みたいなのが無かったので気が付きませんでした。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2014.09.27(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード