« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2014/08/12(水)みちのくプロレス「夏休みシリーズ」@宮古市千徳地区体育館 観衆:242人

みちのくプロレス夏休みツアー怒涛の9連戦!も半ば。降りっぱなしの夏休みで今日も雨。そのかわり肌寒いくらい。
会場に入りますと売店にはカツオの姿が。元気よく呼び込みをしていました。
宮古といえば忘れもしない試合前に登場した地元のダンスチームの我が子のダンスを見に来た親御さんがダンスが終わると我が子共々ぞろぞろと帰っちゃった事件の会場なわけですが、それを思い出すとお客さん思ったより入ってる。天下の新日様のおかげでプロレス人口増えた?

15分くらい前にカツオがグッズを持ってリングに登場。「欠場中ですが、売店部長に任命されました」とのこと。
グッズの宣伝の前に「今日の岩手日報は見ましたか?宮古高校がインターハイのセーリングで優勝しました!おめでとうございます!」そりゃめでたい!「ウチの地元の高校なんて6校しか参加しないマイナーな競技で3位に入っただけで大騒ぎです」と、ご当地ネタを披露したところでグッズ紹介へ。パンフレットにうちわ(100円なのは去年の売れ残りだから)やタオルなど、ついでに自分のブロマイドも「買ってもらえると膝の治りが早くなる」と宣伝。リングサイドではヤッペーマンズが茶々を入れてました。それから「kenさんに胸ぐらをつかまれて売り上げを訊かれる」というロッキンファイトのチケットの宣伝も。kenは選手入場口のドアからひょっこり顔を覗かせてにらみをきかせていました。任務完了でリングを降りようとするカツオ。1号がグッズを載せたトレー(多分なにかのケースの蓋)を持ってってあげるのかと思ったらリングサイドにひっくり返して立ち去ってしまいました。「ああ~」とかいいながらグッズを拾うカツオ…。少しでも1号いい奴じゃんと思った私がバカでした。いじめ反対!
続いて沼ちゃん登場。「蒸し暑いですね。水分補給をしっかりして熱中症対策してください」って、さっきカツオがうちわの宣伝で「今日はそんなに暑くないですけど、試合が始まると暑くなると思います!」って言ってたから、二人していってることが真逆だなと。沼ちゃんは尋常じゃない暑がりなのね。似顔絵大会の告知で賞品を「Wii」と紹介してしまい、近くのチビッコから「WiiUじゃないの?」「なんで今更Wii?」というテンション低めな声が聞こえてきました。告知は正確に!
スポンサーの紹介の後、「海の魂」を歌って沼ちゃん居残りで選手入場。正規軍とバッドボーイが参加しました。大柳先輩は欠場ですね。郡司髪が伸びてた。郡司はワックス付けてたけど郡司はバリッと短いほうがカッコイイなあ。リングインするときに卍丸とkenがどうぞどうぞという感じでお互いロープを持ち上げあって同時にリングインしたりと遊んでました。
挨拶は宮古初登場のイーグルスマスク。イーグルスって舌足らずだよね。ちょっと聞き取りにくい。「宮古大会のためにこのメンバーが集結しました」などと大言壮語。マヨーリについては「新崎社長自らイタリアまで赴き発掘してきたレスラー」と紹介。(※本当はディック東郷さんからの紹介です)更に「プロレス界の四男坊」とよくわからないキャッチフレーズを付ける始末。ちなみに長男はハルク・ホーガン、次男はリック・フレアー、三男は力道山先生だそうです。「こんなに反応の無い会場も珍しい」と言われるくらいお客さんの反応が悪くても「そんなことでは私の心は折れませんよ」と強気。話の途中でバッドボーイが退場し始めると「話聞かなくていいんですか?話長なるよ」1号「話長くなるから帰るんじゃねーか」マヨーリの紹介はまだ続いて、前回の三連戦では技をひとつも出さなかったマヨーリも今日は違うぞと。これについては「決してアバラが治ったからではありません」「それではマヨーリさんからひとこと」で、マヨーリは先日放送された「Youは何しに日本へ?」を「みんな見てくれたかな?」と気にしつつ普通によろしくお願いしますみたいな挨拶をしてイーグルスにマイクを返したんだけど、イーグルスが「ではマヨーリさんに締めていただきましょう」とまたもやマイクを渡してしまい、マヨーリ「本当にもう喋ることがない」と困惑。会場の空気もどんどん気まずい感じになってきて「ついに私の心が折れてしまいました」とイーグルス。結局イーグルスがガンバルゾーみたいな感じで締めました。ああ長かった!今日はサインボールの投げ入れがありました。

1.15分1本勝負
○卍丸(7:55片エビ固め)ラッセ×※卍落とし

最近の卍丸のケンカファイトについての噂は目にしていたものの、それってマウントポジションでのタコ殴りってこと?ビンタ合戦は面白いし、ナックルと見紛うようなエルボーもいいんだけど、私はそのまんまナックルは大嫌いなので、もしそれをスタイルとしていくのならば戸惑ってしまう。プロレスのリングで総合格闘技は見たくないよ。
その部分抜きにすればさすが九龍1dayトーナメント決勝カード。序盤のグラウンドを卍丸が制し、殺気立ったケンカファイトへ、ラッセはトペスイシーダを放ち、卍丸はワンハンドスプリングをカウンターで捕らえ、ラッセも捕まったと思ったらマバタキ!最後は卍丸の攻めをラッセが受けて、ツームストン返す、卍落とし抜ける、垂直落下式ブレーンバスター返す、そして卍落としでピン。怒涛の展開でした。ラッセの場外に飛ぶと見せかけてトンボ切るヤツ、セコンドがすごい勢いで客をさがらせるからついうっかり本当に飛ぶのではないかと信じてしまいました。セコンド陣もナイスワーク。
すごくいい試合だったけど、卍丸の今後について不安にさせられてしまう試合でもありました…。

2.20分1本勝負
○マヌエルマヨーリ、イーグルスマスク(11:08イタリアンジャックブリーカー)ヤッペーマン1号&2号×

イーグルスとマヨーリも大概入場長いよね。
こないだの三連戦ではマヨーリを出すことを頑なに拒んでいたイーグルスでしたが、今回はマヨーリがあっさりと先発へ。ヤッペーマンズからは2号が出ます。「カンパネーラナントカー!」と、ゴングを要求するマヨーリ。お客さんからも歓声が上がりました。「お前に何の権利があるんだよ」とヤッペーマンズが抗議すると「テレビ見てないのかよ」とマヨーリ。1号「クソッ、これがテレビのチカラか」2号「ウチのお母さんも見たって」
ようやっと組んで試合開始。2号リスト取られっぱなし。って一人で勝手にもがいてるような。そして自ら煽る2号コールで急に力を取り戻すと。最初からこんな感じで、試合のポジション的にコミカルマッチですな。マヨーリの胸毛毟って客席に吹き飛ばすのが地味に嫌。マヨーリの分身が出てきそう。
場外乱闘で、前にタイガースマスクがみちプロに参戦したときにもやってた「彼女の笑顔を守りたかっただけなんだ」をやったんだけど、あれ、面白いか?いつも空気が微妙で巻き込まれたお客さんがいたたまれない…。
4人しかいないのに4人でエストレージャの輪を作ってしまって、イーグルス「お客様の中にウラカンラナをできる方はいらっしゃいませんか?」は面白かった!もちろんできる人なんていないんですけど、カツオが「僕でよければ」と名乗りをあげました。エッ、カツオできるの?と思ったのは私だけじゃないはず。イーグルスに「呼んでもないけどどうぞ」と言われて輪の中央へ。「一発芸でもいいですか?ピアノを弾きます。ドーレーミーフーァーソーラー(ここまでピアノを弾く真似)シ~リ~(ヤッペーマンズに向かって尻を突き出す)」会場の空気が一気に氷点下に!カツオと交代してマヨーリも輪の中央に立ってなんか言ってたけどよくわかんなかった。マヨーリはたしかに日本語は喋れるんだけど、イントネーションが平坦というか喋り方が舞台向きじゃないからどうもハマらない。
なんかもう氷点下な空気に耐えられない!と思い始めた頃にフィニッシュに向けたシリアスな戦いで空気がガラリと変わってホッ。マヨーリのスリングブレイドみたいな技は腕で回ってから足を首にひっかけてレッグドロップしているということに気付いてビックリ。マヨーリスゲエ!最後は手首を固めたアルゼンチンバックブリーカーで2号からギブアップを奪いました。
引き上げる際にお客さんと握手するように促すイーグルス、マヨーリも促されるままに応えます。客席にまで入り込んで応えるもんだから退場もながーい。
終盤のシリアスな戦いの方があきらかに盛り上がっていましたね!イーグルスは本当にハートが強い!

3.30分1本勝負
○南野タケシ、フジタ"Jr"ハヤト、ken45°(12:09ライガーボム)日向寺塁、剣舞、野橋太郎×

正規軍が塁と剣舞の二人しか出てこないからアレ?と思ったら野橋は一人で出てきました。本興行だけじゃなくてずっとこの格好なんだ…。ちなみにモジモジくん(わからないチビッコはおとうさんかおかあさんにきいてね!)みたいになってました。目も平面タイプになっていて布に貼り付けてありました。これなら目ン玉食べられなくて安心だね!バズーカは試合では使わないみたいで外してしまいました。
先発は塁と南野。グラウンドでやりあってたんだけど、南野がやたら楽しそうで、交代するときにもやけに満足そうな顔をしていました。
両者交代して野橋対ハヤト。ハヤトの回し蹴りをかわした野橋に大歓声!
ここから剣舞が捕まってしまいます。
ハヤトはパワーのあるイメージが全くないんですけど、剣舞へのボディスラムは勢いもあって叩き付けた音も派手でグッド。
剣舞があともうちょっとでタッチというところで捕まってしまい引き戻されるも、メサイヤでの脱出に大盛り上がり!
タッチした塁はスピアーで南野とkenを次々となぎ倒すも、ハヤトには反撃を喰らってしまいした。コーナー串刺しのPKは強烈!
野橋と剣舞は立て続けにトペコンを披露。
野橋とkenの攻防はさすが。息が合っています。しかしkenはレフェリーの気をそらすと急所蹴りからのラリアット!
野橋に的を絞ると、ハヤトがリングに入りK.I.D!野橋は堪えてハヤトを振りほどくも、南野のライガーボムに沈みました。
野橋がヘンテコな格好をしていることをすっかり忘れてしまうほど、真っ当にいい試合でした。

4.東林寺杯争奪バトルロイヤル
○南野タケシ(7:50一人残り)
※退場順 >> 1号、卍丸、ハヤト、ken、ラッセ、塁、野橋、2号、イーグルスマスク、剣舞、マヌエル

東林寺杯ってことはスポンサーの名乗り出がなかったってことね…。
野橋とラッセはなぜか笑顔で肩を組んで入場。リングインの際はお互いロープを持ち上げていたわり合う。この二人はシルエットが似てる。
全選手出揃ってゴング。全員でにらみ合ってぐるぐる回ってるうちにだんだんと歩数が合わなくなりヤッペーマンズとの間に妙な隙間が。おかしいことに気付いたヤッペーマンズがツッコんではみたものの、結局ヤッペーマンズ対その他の構図に。そういうつもりならやってやると果敢に挑むもあっという間に袋叩き。いつの間にやらみんなと一緒に1号を蹴りまくる2号。それに気付いた1号がどういうことだと詰め寄り、2号とモメている1号の背後に塁が忍び寄りものっすごいスローなぶっこ抜きジャーマンで3カウント。
プロローグ終了、リングは混戦。野橋はコーナーポストにしがみつき亀のように丸くなって嵐が過ぎ去るのを待っていたところを南野に見つかり尻を思いっきり蹴り上げられてしまいました。痛そ~。これに気を取られてて気付かなかったんですけど、いつの間に卍丸とハヤトが退場になっていました。卍丸はどうもラッセに落とされたようで、リング下からラッセの足を引っ張って転ばせていました。
ラッセがkenを丸め込んで退場させると他の面々からkenごとひっくり返されてラッセも退場。バッドボーイは南野を残して三人で引き揚げてしまいました。このときkenが卍丸の肩を借りて、まるでタイトルマッチを戦い抜いたかのようによろけながら歩いていて面白かったです。選手はわりと誰も見てないようなところでふざけて遊んでるのね。
誰に落とされたか忘れたけど、塁が落ちたときに客席までなだれ込んできて、エクステンションが1本外れてラッセに「取れたぞ!大丈夫か!」って言われてて、これも笑いました。ていうかエクステだったのね。地毛編んでるのかと思ってた。
数珠繋ぎ首固めでは最後のイーグルスが逆エビでひっくり返すはずが首固めをしてしまって「しまったー!間違えたー!お客様の中にボストンクラブができる方はいらっしゃいませんか?」退場になってセコンドについた選手も呼びかけますが名乗り出はなく、またもやカツオが名乗り出て、今度はちゃんとボストンクラブでひっくり返しました。
後半戦に突入してもまだまだ人数が多い。誰かが袋叩きにされてると思ったらいつの間にか野橋が袋叩きになってて、浦島太郎みたいだなーと思いました。さてここからは野橋2号イーグルスとポンポンポンとOTRで退場し、マヨーリが剣舞をブリッジのような形で固めて3カウントを取ったんだけど、どうもマヨーリも肩をマットに付けてたみたいでダブルフォール。どうりでデュークレフェリーが両手でマット叩いてたわけだ。ということで終盤はコーナーに腰かけてボーッとしてた南野が優勝してしまいました!選手はもちろん猛抗議!お客さんもエーッ?!といった反応。なんだか素直に祝福できないわー。南野は満足そうにトロフィーを掲げ、金一封の中身をチェックしながら退場していきました。
今回のバトルロイヤルは新ネタたくさん、エンディングも予想外でめちゃくちゃ面白かったです!


5.時間無限1本勝負
○バラモンケイ、ザグレートサスケ、バラモンシュウ(13:53首固め)佐々木大地、郡司歩、気仙沼二郎×

東北タッグの前哨戦。正規軍に続いてムーの太陽の入場。しかしバラモンの歌の1番(?)が終わっても出てこない。どうなってんの?と思ったらエントランスではない別の扉から登場。おせーよ!バラモンは水撒き、マスターは赤ちゃんにイニシエーション。このときマスターから逃げ惑うお客さんの中にマスターに近寄りハイタッチを求める勇気ある少女が!まあ、マスターが求めていたのは赤ちゃんだったのですが。でもハイタッチはちゃんとしてましたよ。マスターは金の盃を持つと今度はご年配にイニシエーション。ひととおり儀式を終えてようやっとリングへ。バラモンのコスチュームが新しくなってるーと思ったけどよくよく見たら阿修羅時代のコスチュームにペイントしてるだけじゃん。でもグッとかっこよくなってる!ちなみにマスターはオレンジ色の布をまとってタイのお坊さんみたいになってました。
さあ試合だ!と思ったら大地がマイクを持ち「入場なげーんだよ!」そうだそうだ!バラモンは「これは儀式なんだよ!」と反論。大地が次回矢巾の東北タッグタイトルマッチについてバラモンを挑発したんだけど「俺カンケーないよ」とシュウ。そういえばそうでした。郡司は「アゴとスナイパーでベルト獲ってやるからな!」と宣戦布告して奇襲!バラモンは「反則だろ!」ってどの口が言うか。威勢のいい二人でしたが、ダブルでマスターのラリアットを喰らってしまいました。
マスター対沼ちゃんであらためて試合開始。まあいつものムーの太陽劇場です。沼ちゃんって校長と同じく効かない人だと思ってたのですが、効いてました。でもマスターの七転び八起きで心が折れるようなことはないようです。バラモンの「達磨大師だー」に反応の無いお客さん。「達磨大師知らねーのかよ」とボソッとシュウ。「非暴力主義だー!」は沼ちゃんの雄叫びに潰されて台無し。シュウかわいそう…。
場外乱闘ではケイがお客さんのトレーナーを勝手に着てリングに戻り「なんでこんな厚いの着てんだよ!」今日肌寒いし。しかもサイズが全然合わなくて胸のあたりで止まってる。なんで着ようとした?!シュウはお客さんの長座布団を勝手に持ち込み、沼ちゃんがそれで水攻撃を防御してブーイングを喰らっていました。
この面子でどういうわけか沼ちゃんが捕まってしまい、ボーリング攻撃も沼ちゃんが餌食に。沼ちゃんをコーナーに追い詰めたシュウは「応援してやれよ!」と煽るも無反応。その怒りを沼ちゃんぶつけるシュウ。沼ちゃんとばっちり。
沼ちゃんが受け切ってくれたおかげか?終盤になっても元気な大地と郡司。大地はトラースキックでいい音を響かせたり、裏投げを決めたりと客席を沸かせましたが、郡司のブルドッキングは一度目は堪えられて決まらず、二度目はなんとか決めたものの形がイマイチ。しかしリング下のバラモンめがけて同時プランチャを決めたり、同時にブレーンバスターを決めたりと、タッグらしい息の合ったプレーも見せてくれました。
大地と郡司はまだまだいけそうな感じもしましたが、沼ちゃんが堰き止めすぎたか、ケイの固め技で3カウントを奪われてしまいました。
前哨戦というわりにはサスケは前半のみで後半はほぼ空気だったし、沼ちゃんが一人でがんばってた印象が強すぎて、首をひねってしまうような内容でした。これが矢巾のメインだなんて心配ですよ私は。サスケが大一番モードになることと、大地と郡司の奇跡的な飛躍に期待したいところ。まだひと月あるからなんとかなる!なんとかしろ!
試合終了後も荒れ気味なリング。ムーの太陽がリングを降りてもリングの上と下で言い争う大地&郡司とバラモン。
大地は「いつまでもそんなふざけた試合してんじゃねーよ!」とブチギレ。売店の自ブースにいるサスケにも「サスケ!おまえもだよ!」サスケが立ち上がって佐村河内の真似して深々とお辞儀すると、大地は「いつまでもふざけてんじゃねー!」と火に油。郡司は再び「アゴとスナイパーでベルト獲る!」と宣言、最後は大地が「不滅だー!」でシメました。
試合は…でしたが、試合後のマイクはよかったです。ムーの太陽にお客さんの前で初めてノーを突き付けたのがこの二人になるとは。南野は去年の欠場明けに一時期やってた小宇宙戦争みたいなのに苦言を呈してたし、拳王も宇宙大戦争は嫌いだと言ってたけど、どれもバックステージでの言葉。私としてはよくぞ言ってくれた!という気持ちで胸が空きました。
というわけで終わりよければすべてよし!

しかし宮古も矢巾と同じ県内なのに客席の盛り上がり具合を見るに客層が全然違うんだなと。あらためて思いました。まあー矢巾からじゃ秋田の横手あたりに行くのと大して変わらないもんね。
プロレス観戦記 | CM(4) | TB(-) 2014.08.12(Tue) 23:59

コメント

千徳体育館

お疲れ様です。地元宮古大会、見てきました。
お客様の数が増えてきているとはいえ、やはり客層は違いましたねぇ。
イーグルズのお笑いムーブやバラモンのボーリングよりも1試合目のバチバチや亀といじめっ子との戦い、郡司と大地のがんばりに盛り上がっているのを見るとお約束よりも純粋に戦いを見に来ているという感じがします。

大地も郡司もだんだんと胸板が厚くなっているのに加え、最近では新しいトレーニングも取り入れているとか。
その成果か背筋がたくましくなってました。

ムーにノーを突きつけたアゴスナの姿はムーのお約束が通用しない宮古ならではの光景にかなりマッチしていたし、マヌマヌ(勝手に決めた)に二人がかりとはいえ勝利したそうだし、徐々に新しい未来が見え始めた気がします。

2014.08.18(Mon) 23:49 | URL | うしみちのく #ccgaAYwM[ 編集]

Re: 千徳体育館

>>うしみちのくさま
宮古が地元なのですね。矢巾や大釜に来るのはひと苦労なことと思われます。

宮古、お客さん増えてましたね!近くにいた中学生くらいの男の子が話してるのを盗み聞きしたところ「2時に来たけど誰も並んでなかった」そうで、こんなにアツイ若いプロレスファンがいるのかと思うと目頭が熱くなりました!

そうなんですよね。地方ではストレートな試合の方が盛り上がるんですよね。
そんなお約束が通用しない地方で選手がどうやってお客さんをノセるかというのも地方大会の見どころのひとつです!第2試合はもうちょっと練り込みが必要かなと思いましたが…。

夏休みツアーはアゴスナにとって金鳥の夏、成長の夏でしたね!前哨戦を重ねて次回矢巾の東北タッグ選手権がグッと楽しみになりました!しかしマヌマヨ(アレンジしてみた)は次回矢巾にはいない。

余談ですが、帰りに寄ったドラッグストアで買った宮古のパン屋さん?「相馬屋」のクリームパンがおいしかったです。

2014.08.19(Tue) 23:30 | URL | nisui #-[ 編集]

相馬屋とはお目が高い!!宮古のソウルパンです。
思えば宮古大会はヨネ原人が失踪した場所と言うことでごく一部で大変重要な場所となっているようです。
沼さんが呼ばれるときに「宮古大好き気仙沼二郎」とアナウンスされたのと何か関係があるのかもしれませんね。

2014.08.22(Fri) 23:46 | URL | うしみちのく #ccgaAYwM[ 編集]

Re: タイトルなし

>>うしみちのくさま
相馬屋は盛岡でいうところの福田パンみたいなものなのでしょうか?思いがけずご当地グルメを楽しめてラッキーでした。
そういえば言ってましたね、宮古大好き云々。ヨネ原人が失踪したのが宮古だということを考えると、今では矢巾でしか事件は起きませんが、昔は矢巾以外でも事件が起きてたんですね。かの有名な股くぐり事件も浪江町だし。

2014.08.24(Sun) 01:51 | URL | nisui #-[ 編集]

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード