« 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ARABAKI ROCK FEST.に行く人へ贈るみちのくプロレスのススメ 2014年度版

とか言いつつ自分用にまとめてるような気がしないでもないこの企画も5回目。

まずは過去記事をどうぞ。
ARABAKI ROCK FESTIVALに行く人へ贈るみちのくプロレスのススメ
ARABAKI ROCK FEST.に行く人へ贈るみちのくプロレスのススメ 2011年度版
ARABAKI ROCK FEST.に行く人へ贈るみちのくプロレスのススメ 2012年度版
ARABAKI ROCK FEST.に行く人へ贈るみちのくプロレスのススメ 2013年度版

ここ1年の主なトピックス
・イギリスのプロレス団体4FWからの留学生、ピート・ダンとジェイソン・ラルッソが3ヶ月間の留学期間を終えて帰国
・4FWからベナーム・アリが再来日、阿修羅に加入しバラモン兄弟と行動を共にする
・東北Jr王者のフジタ"Jr"ハヤト、次期挑戦者に金本浩二を指名
・剣舞、紅白プロレスと大日本プロレスを主戦場とするツトム・オースギとともにメキシコへ遠征
・長期欠場していた南野タケシが復帰
・みちのく20周年イヤーの一環としてみちのくプロレスゆかりの選手が参戦。スペル・デルフィン、四代目タイガーマスク、はやて、こまち、FUNAKI、TAKAみちのく、藤田ミノル、下田美馬、男盛、パンテーラなど
・東北タッグ王者のウルティモ・ドラゴン&気仙・沼ジローラモ組、スペル・デルフィン&シーサー王組を相手に防衛。沼ジローラモはデルフィン超えを果たす
・ハヤト、金本を破り東北Jr三度目の防衛に成功
・新崎人生、自身の20周年記念大会を目前に練習中に右足首を骨折、一時欠場するも、怪我をおして記念試合のリングに立つ
・新崎人生20周年記念大会のメインに東北Jr選手権としてハヤト対拳王を抜擢、拳王が制して東北Jr奪還
・東北タッグ王者の校長&沼ジローラモ組に野橋太郎&日向寺組が挑戦を表明
・拳王、ノンタイトル戦で卍丸に敗れる。東北Jr次期挑戦者に卍丸を指名
・日向寺塁、ハヤトとの一騎打ちの際に試合中に左足首を骨折、長期欠場へ
・剣舞、イギリスに長期遠征。他、オーストラリアや香港でも遠征試合を行う
・ken45°、昨年に続いてプロレスとパンクロックとのコラボレーションイベントを仙台で開催
・野橋太郎、大日本プロレスの伊東竜二を相手に初の有刺鉄線ボードデスマッチに挑む
・毎年恒例のタッグトーナメント戦みちのくふたり旅2014は軍団関係なしのくじびきによる公開抽選でチームを決定したため無茶苦茶な組み合わせに
・野橋、欠場中の塁に代わってアリをパートナーに迎え、校長&沼ジローラモ組が持つ東北タッグに挑戦し奪取に成功。自身の初タイトルとなる
・拳王、卍丸を破り東北Jr初防衛に成功
・アリ、3ヶ月間の来日期間を終えてイギリスに帰国
・元チカラプロレスのオバリヨンがアメリカから来日
・みちのくふたり旅2014の決勝戦にて2年目の郡司歩がタッグ試合ながら同期の先輩である佐々木大地を相手に初白星、パートナーの野橋とともに初優勝を果たす
・4FW協力のもと、初のイギリス大会を開催。現地の選手を相手に東北Jrと東北タッグの二大タイトルマッチを行う
・長期欠場中のザ・グレート・サスケ、リハビリがてらボディビル大会のやせマッチョ部門に出場するも予選敗退
・みちのくプロレス20周年記念大会開催
 ・長期欠場していたザ・グレート・サスケが復帰
 ・昨年引退したディック東郷さんが来場
 ・セミで夢狩人(TAKAみちのく&FUNAKI)対舎人一家(南野タケシ&卍丸)の新旧タッグ屋対決が実現、舎人一家が勝利
 ・メインはファン投票で1位を獲得したサスケ&人生組対拳王&ハヤト組が実現、拳王&ハヤト組が勝利
・剣舞、イギリスの長期遠征から帰国、凱旋試合でイギリスから持ち帰った4FWJrのベルトをかけて野橋に勝利、防衛を果たす
・沼ジローラモ、校長の命令によりリングネームを「気仙沼二郎」に戻す
・ハヤト、人生との一騎打ちに勝利、人生越えを果たす
・年末の風物詩、宇宙大戦争ではサスケは「戦わずしてダンスで勝つ」と宣言、マッチョ☆パンプ、ヤッペーマン1号&2号ととも男性ストリップまがいの軍団を結成、対するバラモン兄弟はカラテバラモン、野橋星人改め宇宙東林寺とともに殺人格闘集団を結成、バラモン軍団の初勝利に終わり、試合後に「地球の危機が迫っている」と、サスケとバラモン兄弟がまさかの結託。
・拳王、南野を破り東北Jr2度目の防衛に成功するも直後に返上、プロレスリング・ノアへの参戦を表明する
・拳王、単独で週刊プロレスの表紙を飾る
・オバリヨン、3ヶ月間の来日期間を終えてアメリカに帰国
・大地、年内最終興行となるプロデュース大会を開催、「赤鼻のトナカイ」と「クリスマスイブ」を歌いあげ、会場にいた全員を唖然とさせる
・拳王、みちプロを一時離脱しノアに本格参戦
・空位となった東北Jr王者決定トーナメントの開催を発表
・サスケとバラモン兄弟が「ムーの太陽」なるユニットを結成、活動を開始する
・カツオ、膝の手術のため長期欠場へ
・カツオ、ヤッペーマンズの正体をバラす
・剣舞、kenに敗れ4FWJrのベルトを落とす。kenはシングル初タイトル
・ヤッペーマンズ、正体が紅白プロレスと大日本プロレスを主戦場とするSPEED OF SOUNDS(ヘラクレス千賀&ツトムオースギ)であることを公表
・ハヤトがkenをパートナーに野橋&アリ組が持つ東北タッグへの挑戦を表明、ハヤトはタッグベルト初挑戦
・4FWからベナーム・アリが再々来日
・東北Jr王者決定トーナメント開幕、バラモンシュウと卍丸が決勝へ
・長期欠場していた第8代ダイナマイト東北が5年振りに復帰するも試合後に引退を表明
・大地、バッドボーイを追放され正規軍に復帰
・野橋、人生に正規軍への復帰を打診される
・欠場中の塁も正規軍への復帰を示唆
・野橋&アリ組、ハヤト&ken組を下し東北タッグ2度目の防衛に成功
・沼二郎が人生をパートナーに野橋&アリ組が持つ東北タッグへの挑戦を表明
・東北Jrは、ハヤト→拳王に移動するも拳王が返上して空位に。王者決定トーナメント決勝のバラモンシュウ対卍丸の勝者が新王者に
・東北タッグは、校長&沼ジローラモ組→野橋&アリ組に移動。次期挑戦者は沼二郎&人生組

やばいなんかいっぱい書きすぎた。まあいいや。

参戦選手ひと口紹介最新版

新崎人生…昨年は自身と団体の20周年が重なって重要な試合が多く組まれたものの、相変わらず一歩引いたスタンスで活動。リング上でもよく笑うようになりました。飲食ビジネスは相変わらず好調な模様。
入場曲:みちのくWalker「キャ・カ・ラ・バ・ア(空・風・火・水・地)」

気仙沼二郎…校長とのタッグを解消してリングネームも元どおりに。でも頭はパンチパーマに戻さず金髪のまま。ちょっとヤ○ザっぽいぞ!
入場曲:気仙沼二郎「俺の海」

剣舞…昨年、イギリスでの長期遠征を経験、4FWJrのベルトを手土産にひとまわりもふたまわりも大きくなって帰ってきました!体は相変わらずちっちゃいけど。入場曲はARABAKIが縁で人気バンドがみちのくプロレスに提供してくれた曲とのこと。和風なイメージは剣舞に合ってるけど剣舞はブレーンバスターはやらないのであった。ちゃんちゃん。
入場曲:9mm parabellum bullet「Mr. Brainbuster」

ラッセ…タッグパートナーの剣舞がイギリス遠征から帰って来るまでにハイブリッドボディになっているという宣言は何だったのか。カツオとニューメタボリックブラザーズでも結成するつもりかというくらい増量してしまいました。あの体型でもジャガラギはしっかりキメます!
入場曲:六三四「柳生外伝」

ヤッペーマン1号…今年に入って突然正体を公表したものの相変わらずヤッペーマンズで参戦中。最近、頭髪がキているようで坊主にしてしまったらしい。ヤッペーマンズだと帽子かぶってるからわかんないけど。
入場曲:山本正之「ヤッターマンの歌」

ヤッペーマン2号…剣舞と一緒にメキシコ遠征したイケメンレスラーは2号の中の人だった!拳王と組んだところでヒールに見えないナチュラルベビー。
入場曲:山本正之「ヤッターマンの歌」

佐々木大地…みちのくふたり旅2014で同期の後輩に敗北を喫し、その後も結果を残せず、ついにバッドボーイから追放されて正規軍に出戻り。ドン底からいかにして這い上がるか。
入場曲:THE CRASH「I Fought The Law」

郡司歩…昨年ついに同期の先輩から一勝をあげて以降、引き分けに持ち込むこともしばしば。絶好調の成長株。
入場曲:BULL「FREE」

フジタ"Jr"ハヤト…東北Jrベルトを落としたものの、昨年末ついに人生越えを果たす。拳王が離脱し、サスケがまともに戦えない状態で、実質単独エース体制となった今、みちのくプロレスをどう引っ張っていくか。
入場曲:湘南乃風「Born to be WILD」~卍LINE「CENTER ENTERTAINER」

ken45°…現4FWJr王者。自身の10周年記念大会として仙台で開催されたパンクロックとプロレスのコラボレーションイベントは昨年も開催され、今年も開催予定。仙台拠点のバンドSTINK GASPERSが縁で仙台によく潜伏している模様。
入場曲:STINK GASPERS「GOODFELLAS」

卍丸…昨年、東北Jrに初挑戦。奪取はならなかったものの、空位となった東北Jr王座決定トーナメントの決勝に残り再びチャンスが。東北Jr初戴冠なるか?自己主張しない男はひっそりとのぼり調子。kenと一緒にパンクロックのライブによく行ってる模様。
入場曲:GTOオリジナルサウンドトラック「毒」

南野タケシ…自身が挑戦したタイトルマッチで防衛直後にベルトを返上されるという屈辱を味わされた南野、東北Jr王者決定トーナメントへの意気込みは人一倍だったものの、準決勝にて敗退。老け顔は髭のせいかと思ったらそうでもなかった。まだまだ見た目に年齢が追い付かない28歳。
入場曲:GTOオリジナルサウンドトラック「毒」

野橋太郎…現東北タッグ王者。阿修羅が存続の危機を迎えてもなお「俺は好きで悪いことをしているんだ」とうそぶき孤軍奮闘。「本当はいいヤツ」な野橋を正規軍に呼び戻すべく、正規軍の魔の手が伸びる?!
入場曲:吉田兄弟「rising」

タイガー・アリ…現東北タッグ王者。2012年以降年イチペースで来日しベルト戦線にも絡み準レギュラーになりつつあるガイジンレスラーフロムイギリス。すっかりヒールも板に付き、サーベル片手に大暴れ。リングを降りると物静かな青年。
入場曲:不明

今年は1日目が電気グルーヴとかぶってて2日目がスチャダラパーとかぶってるとかすげー私泣かせのタイムテーブル。まあ、電スチャファンは無理スンナ!
プロレス | CM(0) | TB(-) 2014.04.25(Fri) 21:22

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード