« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2014/04/12(土)みちのくプロレス「道場プロレス2014・4月シリーズ・第1回」@滝沢村大釜幼稚園体育館 観衆:56人

前日の夜に徳島ラーメン人生盛岡店のある桜山神社界隈で大火事がありまして、人生の店は難を逃れたようですが、ニュース映像を見てまさかと気が気じゃなかったです。

公式サイトでの告知のとおり、アリが持ってきたみちのくプロレスイギリス大会のDVDより野橋アリ組がジェイソン・ラルッソ&エディー・ライアン組を相手に防衛した4FWタッグのタイトルマッチの上映がありました。試合後も荒れる野橋とアリの二人をディック東郷さんが制裁に入るというサプライズのシーンが拝めました。

お時間になりまして「海の魂で」沼ちゃん入場、そのまま歌へ。
お客さんに外国の方が。沼ちゃん「ナイスチューミーチュー。初めてですか?英語で大丈夫?ロシア人?あ、アメリカ人。アーユーフロム?テキサス。テキサスといえばテリー・ファンク」
告知は「KAIENTAI DOJOのポスターが一番デカイ」から始まり、今後の予定と、マウンテンキングより「東北Jr王者決定トーナメントの予想投票ですが、応募は100通くらいあって、決勝に残ったシュウと卍丸に投票した人が10人くらいいるそうです」瀧澤専務「ただ、そのふたりのうちどちらかにものすごく偏っています」どっちに偏ってるかは教えてくれませんでした。気になる~!
「今日のジャンケン大会はレフェリーの大地がやります。」やっぱりというか、今日も大地は試合しないのね。新木場を復帰第一戦にするためかと思ってたけど腰痛めてるみたいだからそっちが理由なのかな?「大地がレフェリーということは、私と郡司と野橋とアリしかいません」「大柳さんに道場プロレスに来てくれないか訊いたんですけど、明日13日は青森で大日本プロレスの大会があるので…と大柳さんらしくやんわり断られました」いや大日とか関係なくない?と思ったら大柳先輩出るんですね!他団体出場は珍しいぞ!「なので4人でタッグマッチやります。組み合わせはグッパーで決めます。今日の流れは、組み合わせを決めて、ジャンケン大会やって、試合です。ジャンケン大会は大地がグタグタと進めてくれると思います。…とかいってうまくやったりして。大地だからそれはないか」ヒドイ。
というわけで呼び込まれて沼ちゃん以外の3人が登場。野橋とアリはこれみよがしにタッグベルトを持ってきました。野橋「ここ(野橋とアリ)の組み合わせでいいじゃねえか」そうはいかんざき。「アリはグッパーってわかるの?」「えーグーオアパーオンリー」と沼ちゃんが説明しているのにそっちのけで野橋が直接説明。アりも沼ちゃんのこと全然見てねーし。「アリは頭がいいから理解してくれるでしょう」郡司は相変わらずの気合いの入り様。で、組み合わせは、アリと郡司、野橋と沼ちゃん。見る側としてはうまい具合に分かれてくれました。やったね!
続いてジャンケン大会。4人と入れ替わりで大地が登場。「みなさんこんにちは!恒例のじゃんけん大会がやってまいりました!」おお、大地ハリキっとる。「それじゃあオオガマックスさん、リングに上がってください」オオガマックス「聞いてない…」大地「僕だけじゃ不安なんで」本日の商品は、ポスターが4本とお菓子が二袋の計6名様に。いつもは最初はグーなのに、いきなり「じゃーんけーんぽん」で始めてしまい、しょっぱなからつまずく。「最初はグーはナシで」というナゾのこだわりを発揮したり、まだ結構な人数が残ってるのにお客さん同士でじゃんけんさせてあいこを連発させたりと沼ちゃんの言ったとおりグタグタでしたが、きっちり6個捌けて無事終了。ご苦労さん!

1.インクレイブルタッグ30分1本勝負
○野橋太郎、気仙沼二郎(12:09変形ラクダ固め)タイガー・アリ、郡司歩×

今日も塁はなんとなくセコンド業務。先日のツアーでもうヒールじゃないよアピールをうっすらとしてしまったので会場後方じゃなくて本部席に堂々と座ってました。
アリ郡司組の奇襲でスタート。いきなり野橋がリング下に落下したものの場外乱闘にはならず。
野橋はいつも通りといえばいつも通りだけど沼ちゃんがヒールモード。野橋に反則させるためにレフェリーの気を引いたり、控えから攻撃したり、野橋と一緒になって股裂きやったりと、ときたま見せる厳しい顔ともまた違った顔が見えました。
こんな二人が相手ですから郡司捕まりっぱなし。野橋はヘッドバットガンガンあててくるわ沼ちゃんはヒツプバットをソフトに当ててくるわで散々。早くも沼ちゃんにSTF(?)でギブアップを迫られます。ようやくドロップキックで窮地を脱出、自力で自陣に戻りアリとタッチ。
アリと野橋に代わるとこれまでのもどかしい空気を一気に払拭とばかりにスピーディーで迫力のある攻防を展開。アリがロープワークで走ってきたところにを飛びつきフランケンで投げ飛ばすというあまり見られない技も。あまり見られない技といえば沼ちゃんがその場飛びセントーンを出しました。郡司のその場飛びレッグドロップはいずれ持ち技になりそう。
戦線復帰した郡司は野橋とチョップ合戦を展開。両者気持ちがこもって見てて気持ちがいいです!
少なくともアリが阿修羅に加入以降は初めてとなる郡司とのタッグですが、ダブルでのブレーンバスターを決めたり、郡司のミサイルキックをアシストしたりと、タッグらしいチームプレーもこなしていました。
終盤になると、野橋はダイビングヘッドバットに低空ドロップキックにと大技連発。そして郡司をキャメルクラッチで捕らえる野橋、ロープを求めてもがく郡司、リング下では救出に向かおうとするアリを必死で阻止する沼ちゃん、かなり粘った郡司でしたが、あえなくギブアップ。リング上よりもリング下のエプロンがはがれるほどの激しい攻防に目を奪われてしまいました。

試合後、野橋は一瞬ためらいを見せましたが、勝ち名乗りを受けました。さすがに握手はありませんでしたが。リングを降りるとアリと向かい合い、ノーサイドであることを確認してハグして二人で両腕を掲げてアピール。このふたり並ぶと身長差スゲェな。
リング上にはマイクを持った沼ちゃんと起き上がれない郡司。とりあえず郡司はそのまにして沼ちゃんのマイク「野橋とは久々にタッグを組んだけど頼りになる。すごく頼りになる」「郡司は…今日はいいや。負けたし違うチームだし。大地と一緒にお見送りに立て。最後まで働け」「アリは道場プロレスは明日が最後です。GWツアーが終わったら帰っちゃうので挨拶してもらいます」おお!アリの挨拶は初めてでは?!最後はなんとか立ち上がった郡司も一緒に「不滅だー!」でシメました。
沼ちゃんの命令通り、郡司は大地とともにお見送り。今日はロッテの歯磨きガムNOTIMEの試供品を頂きました。ありがとうございます!

もうマイトさんもいなくなってしまったので正真正銘のワンマッチ興行でしたが、思いがけず、すごく面白い試合でした!客席もいい感じで盛り上がっていたと思います。こういう試合が見れるから道場プロレスはやめられない!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2014.04.12(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード