« 2018 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

パーキングエリアで会いましょう

浅草ジンタ。

ライブ自体がどうも急に決まったようで知ったのが1週間前。私が浅草ジンタに興味が無くなったきっかけとなったアルバム「刹那」をはじめアルバム全部引っ張り出してきて予習復習!「刹那」以外も久しぶりに聴いたけどさすが散々聴いただけあってよーく覚えてました。「刹那」はやっぱり当時とあまり印象は変わらず、聴いてて疲れる…。でも「天辺」とか、いかにも私が好きそうな曲も入ってるんだよなあと思い直してみたり。

というわけで6年振りの浅草ジンタ。
男所帯になってかっこよくなってました。一方でコミカルなエンタメ性はほとんどなくなってました。もう「ヤッサンであそぼう」みたいなことは必要なくなったのかなと。
それでも楽しくて、ただ演奏しているだけで楽しくて、自分でもなにがおかしいんだってくらいずっと顔が笑ってた。
演奏した曲は予習もむなしくほとんど知らない曲で、ということは「刹那」より後のジンタの曲をたくさん聴けたわけですが、聴いてて疲れるような曲ばかりというわけでもなく、今のジンタもいいなと素直に思えました。昭和歌謡カバーもさすがでした。笑点への出演が決まっている浅草ジンタが笑点でやりたいと思っていることもひとあしお先に見れてトクした気分。
浅草ジンタははじめましての土地なのにお客さんの思わぬ歓迎ムードに私まで嬉しくなりました。

いやー。行ってよかった。5年間抱えてたモヤモヤが晴れた。
モヤモヤっていうのは、「刹那」が特別でライブは相変わらずなのかなあというのが、そうでもなかったということ。
今でも「刹那」みたいな感じなのかなあというのが、そうでもなかったということ。
かといって「刹那」よりも前みたいな感じに戻ってんのかなあといったら、そうでもなかったということ。
私がああだったらどうしようこうだったらどうしようと思っていたことのちょうど真ん中らへんな感じで、ある意味ホッとした。
実はこの5年間、まったく機会が無かったわけじゃなくて、なんとなく避けていた部分もあったので。
さすがにもうワンマンのために東京まで足をのばすようなことはないと思うけど、また興味が持てるようになったかなと。

考えてみれば演奏した曲がほとんど知らない曲ってのもデスマーチ艦隊の和尚がやってるバンドってだけで一曲も知らずに見に行った百怪の行列(浅草ジンタの前身)のライブとかぶる。
じゃあまたイチからヨロシクってことで。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2014.04.03(Thu) 22:14

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード