« 2019 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2014/03/21(金)みちのくプロレス「東北ジュニアヘビー級王者決定トーナメント開幕戦」@八戸市八食センター厨ホール 観衆:310人超満員札止め

ついに開幕、東北Jr王者決定トーナメント。16人がエントリーして1回戦は全8試合。
よりにもよって北東北沿岸ピンポイントで大雪という悪天候の中でも会場は超満員。いやもーさーほんとにさー会場変えようよー狭いよー。
指定席には「ホドロフスキーとは何者か?」なるナゾのチラシが置いてありました。よくわからないけどきっとサスケの差し金でしょう。
本部席にはパンチさんと人生のほかに塁の姿もありました。

八戸ではすっかりおなじみパラのへことパラエストラ八戸のデモンストレーションがありました。例の進行役のメガネのお兄さんはさっそくムーの太陽に入信したようで、公式Tシャツを着用していました。

今日やたらセコンド多いなと思ったら、KAIENTAI DOJOのマリーンズマスク選手がいるではありませんか。後からわかったことですが、5月に仙台で開催されるK-DOJOの大会のチケット売りに来ていたようです。もうひとり見たことない人がいて、もしや待望の練習生?!あれ、でも坊主じゃないんだ?と思ってよく見たらディアナのジャージを着ていて、特別レフェリーの井上治さんでした。初めて見たんですけど、まじで高校生って言われてもわかんないです。

パラのへのデモンステーションが終わり、パンチさんが本部席から協賛をアナウンス、お時間になりまして人生がリングに登場、開催にあたっての挨拶を述べました。
本日は試合数の関係か、沼ちゃんの歌謡ショーも選手入場式もなしですぐに試合が始まりました。

1.Aブロック2、15分1本勝負
〇タイガー・アリ(6:59ラクダ固め)郡司歩×

アリひさしぶりー!今回から名前がタイガー・アリになったのね。またバルクアップした?とくに大胸筋のあたりが。コスチュームがマイナーチェンジしていて、よけいに塁っぽくなったような…。そしてファイトスタイルも相変わらず塁っぽいなあと。
後半でアリがややラフファイトを見せたものの至極まっとうな試合。郡司は粘りを見せたもののキャメルクラッチにギブアップ。
試合後にストンピングするアリを見て、阿修羅は自然消滅同然だしバラモンはあんなことになっちゃったし野橋も立ち位置よくわからなくなってるし復帰後の塁はどうなるかわからないしで、アリはこれからどうすればいいのかと…今後がちょっと心配になってしまいました。
ひさしぶりのアリはよくも悪くも変わっていませんでした。

2.Bブロック2、15分1本勝負
○ken45°(6:06エビ固め)ヤッペーマン2号×※リンガルス

技の応酬でかなり面白かったです。決まらなかったけど2号が逆打ちっぽいことをしたり。2号のやる気が光っていました。
2号の必死の丸め込みで一発逆転!に期待したのですがそうはいきませんでした。kenが以外とパワフルなファイトを見せていて、コーナーに上って2号を肩に担いだり、すこぶる調子よさそう。フィニッシュはいつものBARONESSじゃなくてみちドラみたいに開脚で落としたような?これならkenのみちのくタイトル二冠も夢じゃない?!

3.Aブロック3、15分1本勝負
○ラッセ(0:18マバタキ)佐々木大地×

大地の奇襲で速攻仕掛けるもマバタキであっさり丸め込まれてピン。秒殺!2回目の正規軍対九龍の全面対抗戦の対卍丸戦の二の舞。
ぶっちゃけ試合数多いからこういう試合もあるだろうなとは思ったけど…大地が不憫なり。でも大地が腰にテーピングガッツリ巻いてて、先週末の道場プロレス2連戦も試合しなかったし、もしかしたら大地の体調ありきでこの結果なのかも。となると今度は明日からどうするんだという別の心配が。

4.Bブロック3、15分1本勝負
〇剣舞(8:26巌鬼)ヤッペーマン1号×

1号がコール煽ったら剣舞コールが起こるのはもはやお約束ですね。
場外への飛び技も出てきてスピーディーでダイナミックな試合でした。
この試合の1号はややヒールモード。いや、厳しい先輩モードが。ヤッペーマンズで見てるとあんまりわからないけど、1号ってキックが得意の選手なのね?いろんなバリエーションのキックを放ってました。
剣舞のダイビングフットスタンプも久々に見たけどやっぱエグイな。
フィニッシュの剣舞の厳鬼がめっちゃきれいに決まった!厳鬼が※の後に付くよりもカッコの中に入る方が価値があると思うのです!
剣舞もこういう大一番のシングルで普通に勝つようになりました。勝利を金星なんて思わないもんなあ。初勝利まで9か月もかかったんだよなあ…しみじみ。大きくなったものです!

5.特別試合、20分1本勝負
△ウルティモ・ドラゴン、新崎人生(13:23両軍リングアウト)ザ・グレート・サスケ、バラモンケイ×

8試合もあるのに特別試合も組みますか。
イニシエーションではチビッコの頬にキスまで!しかしリングインを前にエプロンサイドでうごめくサスケはなんとも不気味…。
ところでサスケはいつから「マスター」になったんだ?お客さんもそう呼んでたし自分たちでもそう言ってるし。メシアじゃないの?
試合を前に校長からひと言ふた言み言よ言。
校長の今日のコスチュームは紫でまとめたカラーリング。
校長「なんでコスチュームの色(※)が俺とかぶってるんだよ」※バラモンのコスチュームの黒地に埋もれてたいして目立たない模様の色。
ケイ「紫はムーの太陽のイメージカラーなんだよ!」
校長「…俺の方がかぶってんのか」
校長「おいサスケ。お前はいったいどうしてしまったんだ。久々にみちのくに参戦したから展開がわからないんだ。説明してくれ」エプロンサイドで人生が校長になにやら耳打ち。
試合の方は、サスケは念力での戦い、人生がそれに付き合い、非暴力主義を貫き校長人生組を撃退したかに見えたが、ケイが校長と人生にボコボにされてしまうといった流れ。
そんな中でもバラモンワールドはキッチリ展開。人生相手にまさかのお告ゲルにボーリング攻撃まで!しかし逆にボーリング攻撃される破目に。ボールを持った校長は「ボーリングやったことない」と人生にパス、人生手加減なしのストライクにケイ完全停止。お客さんに指南されて校長人生組の「ストライク!」
メシア降臨はひとりでは威力が足りないようで、場外乱闘で結局両者リングアウト。ケイ戻れたと思うんだけどなー。
試合後の校長劇場。
校長「おまえはケイか?」
ケイ「対戦カードくらい見とけよ!」
校長は試合後を終えてもなおサスケの変貌に困惑を隠せず。むしろ試合を終えて謎は深まるばかりといったところでしょうか。校長の「サスケ、お前はそれでいいのか?」という問いかけにサスケは手話のようなもので返答していました。
ムーの太陽と校長劇場はなかなか混ぜるな危険でございました。試合中の人生の穏やかな微笑みに癒されてしまいました。
そういえば両リンだったのに再試合コールなどとくに起こりませんでしたな。お客さんみんなそれどころじゃないってね。私もそう!

休憩時間は売店でサイン会。1号「負けた選手でサイン会やってまーす」ラッセは勝ったぞ!

6.Bブロック4、15分1本勝負
○Mr.450(2:24体固め)卍丸×※卍落とし

休憩後の試合だったのでお客さんが戻り切れてない中でMr.450が入場。戻ってくるお客さんに紛れて姿が見えたので私まじめに外国人のお客さんかと思ってしまいました。ドラゴンボールのサイヤ人のスカウターみたいなのを着けているにもかかわらず。
Mr.450については多くのお客さんは初見でしょうから様子見といったところ。そもそも名前をなんて読むのかというところから。「ミスターフォーフィフティ」のようです。
そんなMr.450にとって相手が卍丸だったのは不幸だなあ。卍丸はパフォーマンスは放棄してるも同然なので相手を持ち上げることなんてできませんからねえ。こういうときこそバラモンの出番なんだけど。
試合は前半でMr.450に一気に攻めさせてある程度インパクト残したところで、卍丸が一気に巻き返す展開。
卍丸は当然の勝利といったところですね。こんなんならやっぱりMr.450よりケイをエントリーさせてほしかったなあ。ていうか、第5試合かメインか忘れたけどケイが「トーナメントでれなくてストレス溜まってんだよ」って言ったんだよね。ケイも出たかったんじゃん!留学ならエントリーも歓迎しますが、Mr.450はみちのく以外にも色々出てるみたいだし無理にエントリーしなくてもねえ?悪いタイミングで来日してくれたなというのが正直なトコロ。

7.Aブロック4、15分1本勝負
○南野タケシ(8:06鹿浜ダイナマイト)野橋太郎×

この二人じゃあ悪い試合になりようがないってね。グラウンドの攻防からショルダー合戦から大技の応酬まで、内容の充実っぷりは1回戦の中で一番かと。
南野のデスバレーもライガーボムもことごとくクリアした野橋はお見事。
セコンドのアリのアシストを受けて一斗缶まで持ち出してなりふりかまわず、あと一歩のところまで追いつめたんですけどね。
鹿浜ダイナマイトにギブアップしてしまいました。
逆打ちが決まらなかったのが惜しかったなあ。

8.Bブロック1、15分1本勝負
△フジタ"Jr"ハヤト(時間切れ引き分け)大柳錦也△
※両者失格

私はこのカードが一番興味深いカードだと思うんです。対極にいるような二人ですから。kenみたいに同門だからの遠慮もいらないでしょうし。
いやはや想像を軽く超えるすんばらしい試合でした。
大柳先輩、技でネチネチと追いつめるのは当然として、バチバチの面でもエルボースマッシュでゴツゴツやりまくり。終盤は蹴られ放題だったけど、それを逆手に取ったような、弱ったふりして近づいてきたハヤトの足をすくって丸め込をしかけたのには老獪さを感じました。
大柳先輩と違ってストレートな試合しかできないハヤトですが、思い切りの良さはさすが。頭突きがガチすぎでものすごい音にはどビックリ。「沼ちゃんよりすごい」という声も聞こえてきました。同感です!
大柳先輩がハヤトを変形グランド卍固めで捕らえたときが今大会のハイライト!イケると思ったんだけどなあ。ハヤトがギブアップする前に大柳先輩が自らほどいてしまいました。
今度は残り時間もわずかのところでついにハヤトが大柳先輩をK.I.Dで捕らえ、あとは時間との戦いに。大柳先輩のギブアップと終了ゴングのどちらが早いか。もう抜けるのが無理なら落ちてもいいから道連れにしてしまえ!ゴングとほぼ同時くらいに大柳先輩がギブアップの意思を示しましたが、時間切れの裁定に。道連れ成功!
ハヤトがトーナメントを制することを望んでいる人はごくわずかだったと思うんですよ。だって普通に獲れる人が優勝しても面白くないもん。だからこの結果は、大柳先輩ようやってくれたなと!
そういえば九龍最強の男を決める1dayトーナメントもハヤト対野橋で時間切れ引き分けで両者失格だったなあ。どなたかが本トーナメントのルールを「誰が脱落しても傷がつかないようなルール」と評してましたが、まったくそのとおりでございました。

9.Aブロック1、15分1本勝負
○バラモンシュウ(10:26片エビ固め)気仙沼二郎×※ゾンビキング

いよいよ沼ちゃんの登場です!沼ちゃんがんばって!
シュウはMr.PUSSYを伴って登場。Mr.PUSSYのマントは裏地が紫でなにげにムーの太陽仕様。
珍しくシュウに紙テープが飛んで、バラモンらしく「紙テープなんか投げてんじゃねえよ!」と言ってるそばから次から次へと紙テープが飛んできて、しかもその投げ方がてんでへたくそでシュウにポコポコ当たっててそれにいちいちキレるシュウもひっくるめてすんげーおかしかったです。
沼ちゃんの入場曲が流れるとシュウは左右に体を揺らしてノリノリ、リング下のケイも手拍子であおります。そしてリズムに合わせて客席に向かってピューッピューッと水吹き。
ケイは宣言通り試合に介入しまくり、ショルダー合戦ではリング下から沼ちゃんの足を引っ張って転倒させ、場外乱闘なんかフツーに沼ちゃんと戦っちゃってるしでシングルなんだかハンディキャップマッチなんだか。
そんな介入にもめげず沼ちゃん大ハッスル。石頭の沼ちゃんに標識攻撃は効かない!墨汁攻撃もなんのその!墨汁といえば、墨汁攻撃のタイミングでリングサイドのお客さんが一斉に退避。兄弟はお客さんには水はかけても墨汁はかけないそうですが、この狭い会場では飛沫が飛んでくるおそれアリアリですからね。退避もやむなし。
沼ちゃんは墨汁まみれのまま銀鱗二連発に気仙沼落とし!って気仙沼落としを返すなああああ!二度目の気仙沼落としは抜けられ、さすがの沼ちゃんもパウダー攻撃には大ダメージを受けて、ゾンビキングに沈んでしまいました。サソリ固めまで出したのにいい!

試合後にマイクを握ったシュウ「トーナメントに参加してる奴ら全員ぶっ殺して俺が優勝してムーの太陽が地球を守ってやる!」あんな汚い手散々使って勝ちやがってブーイングでもしてやろうかと思ったのにそんな「地球を守ってやる」なんて言われたら、あ、そうですか、ありがとうございます。よろしくお願いします。がんばってください。としか。
「おい兄弟、お前もなにか言いたいだろ」とシュウからマイクを受け取ったケイからひとこと「アイムマネジャー!」
よくわからないけど、うじ虫になるぞー!で大会をシメました。

1日に9試合も見るなんて新日1.4東京ドーム並のゼータクさ!ラッセ対大地はともかく、いい試合ばかりでした!ベストバウトは満場一致でハヤト対大柳先輩でしょう!次点は決められないくらいホントに名勝負揃いでした。

さて1回戦が終わり、トーナメント表を眺めてみますと、勝ってほしい人がことごとく負けてしまったために2回戦になったら急にカードに面白味がなくなったような…。唯一の同門対決はアリとシュウか。あんまり惹かれないな。2回戦は剣舞対卍丸が楽しみだな。剣舞に勝ってほしいけど準決勝のカードを考えると卍丸が勝った方がおいしい。シュウは間違いなく勝つっしょ。てことはラッセ対南野も南野が勝った方がおいしい。
もー沼ちゃんも野橋も負けちゃったから心置きなく応援できるわ、まじでシュウがんばれ。シュウが優勝するのが一番面白いから。でも決勝に剣舞が上がってきたら剣舞を応援する!
プロレス観戦記 | CM(1) | TB(-) 2014.03.21(Fri) 23:59

コメント

大地ってさ

金払って見に来る客を舐めてるよな


ラッセにも失礼だよ


郡司がアリのキャメルクラッチを出すまでに成長したのは、拍手する


2014.03.22(Sat) 18:20 | URL | か #63oxf6Wk[ 編集]

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード