« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2014/02/22(土)みちのくプロレス「道場プロレス2014・2月シリーズ・第3回」@滝沢村大釜幼稚園体育館 観衆:40人

会場の入り口に貼り紙が。「本日取材のカメラが入ってます」おお、ホントだ。りっぱなカメラが。
今日もまたリングサイドのホワイトボードになにか書いてあったので今日の試合形式はなんでしょなと見に行ったら東北Jr王者決定トーナメント表でした。
先週に引き続き、沼ちゃんが話題にしていた「突撃!ナマイキTV」のうどん大食い対決の後半の上映がありました。多分明日もあると思います。

VTRが終って沼ちゃん登場。首に何か巻いてたのでムチ打ちにでもなったのかと思ったらヤッペーマンズのネックウォーマーでした。出囃子はTEEじゃなくて吉幾三の「おら東京さ行くだ」っぽいけど歌詞が違う。「今日はNHKの取材が入っています」お客さん拍手。「3/10に東日本大震災から3年の特番(コレね)でみちのくプロレスが取り上げられます。ですので皆さん気を使ってください」「しかしお客さん少ないなあー。土曜日の道場プロレス面白いのに。NHKさん、CGでお客さん増やしといてください。冗談です」「私、先日初めてゴルフをしました」意外。ゴルフ接待とかやってそうなのに。「だから今日の入場曲は吉幾三の曲(タイトルは「これが本当のゴルフだ!」)です。その前にちょっとだけ流したのは全英オープンゴルフの中継番組のCMに入る前の曲です」
告知に続いて歌、今日は「海の魂」でした。歌い終えるとNHKスタッフに向かって「紅白よろしくお願いします!」とペコリ。NHKスタッフを困らせてはいけません!
続いてジャンケン大会。本日の賞品は覆面ワールドリーグ戦(第何回のかは不明)参戦選手全員の寄せ書きサイン色紙とみちプロ20周年記念大会のメインに登場したサスケ・人生・ハヤト・拳王の寄せ書きサイン色紙。豪華なの出してきました。ジャンケン大会終って沼ちゃん退場。今日も塁坊は会場後方に。髪も伸びて九龍時代のチリチリパーマっぽくなってました。あっ!今気付いたけど塁坊東北Jr王者決定戦のトーナメント出ないじゃん!間に合わなかったのね~。残念無念。

本日のマイトさんのスパーリングのお相手は大柳先輩。今更ながらTシャツ姿で戦う大柳先輩は新鮮。関節技中心の展開でした。大柳先輩も中々楽しんでいるように見えましたが。
試合後のマイトさんのマイク「みなさんのおかげでここまで来ることができました」と殊勝なことを言っておきながら「大柳君も今日はよくがんばった」と上から目線。さすが最高コミッショナー。人生よりえらいんです。いつものやつはみんなで一緒でした。

1.10分1本勝負
○野橋太郎(7:54逆さ押さえ込み)気仙沼二郎×

こんなカードも今となっては道場プロレスにしては珍しいと思うようになりました。後から入ってきた沼ちゃん、野橋が持参したタッグベルトを目ざとく見つけると「そのベルト賭けろ!」と要求。「何言ってんだこれはタッグベルトだぞ」と至極真っ当な返答。「じゃあその一斗缶賭けろ!」「こんなのお前が持ってどうすんだよ!」とまたまた至極真っ当な返答。
ボディチェックを受けてなぜかマイトさんの肩を抱いてなにやら相談事を始める沼ちゃん。「そこ懐柔するつもりか」と野橋。アイラブ大釜Tシャツ着用のマイトさんへの野橋の「そもそもレフェリーシャツ着てないけど本当にレフェリーか?」に対するマイトさんの「大釜を愛している」の返答には野橋も思わず拍手。
そんなこんなで試合開始。リストの取り合いでは沼ちゃんが切返しに失敗して「痛い痛い痛い!」。ショルダー合戦では沼ちゃん「順番で言ったらお前が走る番だ」野橋「いいや格下のお前が走れ」マイトさん「どつちでもいいから早く走れ」。腹パンチ合戦も気合入りまくり。リング下に落ちてリングサイドでチョップ合戦のサービス。お約束の「中でやろう」でリングに戻ります。
中盤は野橋のフライングボディアタックや沼ちゃんが気仙沼落としを狙うなどシリアスなシーンもありましたが、終盤、押さえ込み合戦の最中、ひっくり返した勢いで沼ちゃんのショートタイツがずり下がって沼ちゃん半ケツに!3カウント直前で野橋は目の前の生尻に耐えられず自ら手を離してしまい3カウントならず。挽回のチャンス、沼ちゃんの生尻ヒップアタックが野橋に直撃!しかし野橋は最後まであきらめず、逆さ押さえ込みでなんとか3カウントをもぎ取りました。
ゴングと同時に大柳先輩がすっ飛んで来てタオルで沼ちゃんの半ケツを隠します。そのタオルが大鷲透選手のグッズだったのがものすごく気になりました。あっ!紅白にかけてるのか!(チガウと思う)裁定に納得のいかない沼ちゃんは半ケツで抗議。動く沼ちゃんをタオルを手にかいがいしく追いかける大柳先輩。あの、後ろもですが前も相当キワドイことになっていますが…。はたして沼ちゃんは自分が半ケツだったことに気付いていなかったのか、気付いてはいたがそんなのお構いなしなのか、謎のまま退場していきました。
コミカルに徹した試合だったのはテレビの取材を意識したからかな?その割には江連的には相当NGでしたが…。役者同士、さすがの試合でした。

2.10分1本勝負
△佐々木大地(10:00時間切れ引き分け)郡司歩△

前回の道場プロレスでついに大地と引き分けた郡司。更に先日の新木場大会でも引き分けに。そしてまたまた同カードが組まれました。リングサイドでは大柳先輩が見守ります。
序盤から郡司が調子よく攻め立てる展開。エルボーや張り手のいい音を響かせ。ボティスラムも連発。郡司に偏っていた声援も段々と大地に傾き始めました。以前の郡司ならば「最初の勢いはどこへやら」というのが関の山でしたが、大地が受ける展開がかなり続きました。郡司の成長を感じながらも、そんな大地の姿にハラハラ。
中盤になってようやく大地も反撃開始。ロープに振ったところを追随して背中にドロップキック!バックフリップの大技を決め、トラースキック一閃!キャメルクラッチでギブアップを迫るも郡司が粘りに粘って時間切れ。
さすがに3回目の引き分けともなると感慨も薄れたかな。これまで判官贔屓の気持ちもあって無条件で郡司に応援していたけど、コンスタントに引き分けるようになったとなると、どっちを応援すべきかひじょーーーに悩む!郡司には勝ってほしい、しかし大地にもまだ郡司には負けてほしくないという矛盾。

試合後、ふたりともマイトさんの勝ち名乗りを拒否。大地は不機嫌丸出しでさっさと退場。大柳先輩がマイクを持ってリングイン。「郡司、今日も延長するか?」郡司は下を向いたまま答えず。大柳先輩から「感想」ということで郡司と大地にメッセージというか説教。大柳先輩のマイクはところどころ聴き取れないのですが、「キャリアの差(聴き取れず)」なんて書いてもどうしようもないので前後から予想して補完。
「郡司は前半は調子よかったな。でも途中で大地に攻めさせたろ。その余裕がよくない。勝ちにもっとこだわれ」「前回の道場プロレスと新木場に続いて今日も引き分けたが、郡司は引き分けで満足するな」「試合は10分しかないんだから10分で結果を出せるようにしろ」大柳先輩の「延長するか?」を聞いてそんな毎回延長するんなら最初から15分1本勝負とかにすりゃいいじゃんと思った自分が恥ずかしい!「大地!はもう帰ったと思うけど、キャリアの差なんてあってないようなものだ。郡司相手だからといって気を抜くな」大柳先輩の説教は本当にためになる!
「それでは、今日は試合をしなかった私ですが、シメさせていただきます」ちょっとかみながら「不滅だー!」でシメました。

今日のお振る舞いは大地特製おでん。お振る舞いコーナーが元の場所に戻っていました。沼ちゃん「今日は全員に行き渡ってしまいますのでお好きな順にどうぞ」取材のカメラを意識してか中々並ぼうとしないお客さん。「じゃあ私から貰おうっと」と沼ちゃん。珍しく大地出てこず。マイトさんと大柳先輩が担当しました。「明日もNHKの取材が入ります」とのこと。みちプロを取り上げてくれるのはとっても嬉しいけどなんだかチョッピリ緊張してしまいますなあー。

今回も前回に引き続き変わった試合形式を期待したのですが、取材を意識してか堅実なカードでした。第1試合の内容は全然堅実じゃなかったですけど!ていうか宇田川さんのブログにkenが大釜に来てるって書いてあったからkenの登場を期待してたんですけどねー。明日もまた取材を意識したカードになるのかな?
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2014.02.22(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード