« 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2014/01/25(土)みちのくプロレス「道場プロレス2014・1月シリーズ・第3回」@滝沢村大釜幼稚園体育館 観衆:46人

先週に引き続きの道場プロレス。ひと月に道場プロレスが3回以上あるのも久々のような。今日は帰りに雨が降っていたくらい暖かかったです。

お時間になる前に宮城で放送されているローカル番組「突撃!ナマイキTV」にて郡司が大食い競争に挑戦した回の上映がありました。明日も上映するそうで、見たい人は15分前には会場に居てくださいとのこと。来週はまた別のVTRを上映するそうです。

今日はマイトさんの公開スパーリングから始まりました。相手は郡司。レフェリーは大地。スパーリングでも皆さんちゃんとレフェリーシャツ着てくるのよね。郡司は格好こそTシャツにハーフパンツでしたが、試合さながらの気合の入り様。郡司はいつでも全力だ!スパーリングとはいえブランク5年のマイトさんと郡司の対決は興味深かったです。郡司がヘッドロックをかけているところでゴングが鳴り、手を離した後にマイトさんの背中を強めにボンッと叩いたあたりに郡司の余裕を感じました。
スパーリングを終えて、マイトさんから報告が。「順調に行けば3.22矢巾大会で復帰します」先週の今週で具体的になりました!「それまで無理のないように道場プロレスでスパーリングを重ねていきたいと思います」の「無理のないように」にやや心もとなさも感じてしまいますが、とてもめでたいことです!ついにマイトさんの試合が見れる~~~楽しみ~~~!しかしなんでここに来て急に(かどうかは知らないけど私は急にだと思いました)復帰することになったんだろう?無理矢理な復帰でなければよいのですが…。
「それでは、今日も…みなさんは座ったままでけっこうです」とっほくとっほく!でマイトさん退場。

入れ替わりで沼ちゃん登場。今日は「海の魂」でそのまま歌へ。もうしゃぼん玉は歌わないのかな?しゃぼん玉も含めてローテーションしていくのかと思ってたんですけどね。
今日の前説はフリートークナシ。告知は先週と大体同じで新しいことは公式サイトに載ってます。今日の試合60分3本勝負のルール説明がありました。61分3本勝負はOOGAMANIAで一度見たことがあるのでルールなんて知ってるよーそれより61分3本勝負じゃないの?と思ってたのですが、メキシコルールということで、思ってたのと違いました。
・たとえば1本目の勝負がついたら、2本目は1本目の勝者と敗者で開始する
・インターバルは1分
・2点先制
・両者リングアウトなどで引き分けた場合は1対1になる。つまりこの場合は2本目で勝負が付く。1本目は勝負がついて2本目で引き分けた場合は1本目の勝者の勝ち
3本目まで持っていくの結構大変そう。
ルール説明も終わり、じゃんけん大会へ。今日の賞品はドスカラスTシャツ1点のみ。「メキシコのTシャツって日本製とかだとタグの部分にもプリントがあるんですよね」勝ち残り2名となったところで女性がチビッコに譲ると、沼ちゃんは「それは君のTシャツだからね!」とお父さんやお母さんにあげないで自分で着なさいとでも言いたいように念を押していました。ワンピースにでも仕立て直さないと。

1.61分3本勝負
○野橋太郎、郡司歩(2-1)気仙沼二郎、佐々木大地×

1本目.○気仙沼二郎、佐々木大地(15:19片エビ固め)野橋太郎、郡司歩×※気仙沼落とし

大地郡司組対沼ちゃん野橋組を期待してたんですけどねー。妥当に沼ちゃん大地組対野橋郡司でした。野橋も郡司も大概悪人面だし、沼ちゃんと大地も黒金でカラーリング揃ってるしで、どちらも二人並ぶと絵になります。
リングコールで野橋郡司組が奇襲のフェイントをかけましたが、大地と郡司で普通にスタート。オーソドックスな立ち上がり。グラウンド見ると大地はアマレス出身だけあってうまいんだろうなと思います。コーナーに控えている野橋は開始直後からよく声を出していました。一方の沼ちゃんは基本じっと見守りつつも要所要所で大地に喝を入れるように声を出していました。大地は沼ちゃんにタッチ、郡司も体力があるうちに沼ちゃんを無理矢理自コーナーまで押しやって野橋にタッチ。
60分3本勝負ってこんなじっくりやりあうもんなの?と思いつつ、試合は進みます
シリアスな展開のなかでも、野橋と沼ちゃんで腹パンチ合戦にはさすがに笑いました。腹パンチ合戦はサスケと野橋がやるのが最高に面白いんだけど沼ちゃんと野橋も面白い。散々打ち合ったあとに何を考えてんだか、野橋が沼ちゃんに頭突き。自分が大ダメージを喰らうとわかっていながらなぜ…!
若い二人は火花バチバチ。郡司が大地をヘッドロックで絞るのなんか大地の顔がひしゃげててどんだけ力入れてんだって思うとゾッとしてしまいました。野橋からも先週のシングルを思い出すような厳しい攻めを受けて、ありゃー大地が捕まってるーと思ったのですが、それ以上に郡司がガッチリ捕まってしまいました。沼ちゃんからはヒップ攻撃とレッグドロップの嵐、大地からはトラースキックにノーザンライトスープレックスに裏投げにのフルコース。沼ちゃんのダイビングレッグドロップをよけて、ミサイルキックを放ち、大地にもブルドッキングヘッドロックをかけるなど挽回を計るもかなわず、ロープワークのカウンターで沼ちゃんボンバーを喰らい、すごく低いDDTを喰らい、気仙沼落としで1本目を落としてしまいました。
1本目だけで15分もやったぞ!3本勝負ってこんなに過酷なの?!

3本勝負なので普通に1試合やったも同然の状態で2本目を始めなければなりません。勝者の沼ちゃんはともかく敗者の郡司にとっては一大事。野橋はボロボロの郡司に「郡司!立て!」と励ましつつもレフェリーのマイトさんに「俺が出ちゃダメなのかよ?!」と。もちろんルールなのでダメです。インターバルの1分間はあっという間に過ぎ、試合開始は待ってくれません。

2本目.○野橋太郎、郡司歩(0:44)気仙沼二郎、佐々木大地×※東林寺ドライバー

2本目開始のゴングが鳴っても郡司はまともに立ち上がれず、すると野橋はカットに入った勢いで沼ちゃんを無理矢理リング下に蹴り落として、向かってきた大地にプランチャ、そして大地を逆さに持ち上げると旋回して東林寺ドライバーで3カウント!速攻即決!

これで1分間のインターバルを確保、更に3本目は野橋対大地で始まるので郡司を休ませることができる。野橋あったまいい~!

3本目.○野橋太郎、郡司歩(7:48ラクダ固め)気仙沼二郎、佐々木大地×

大技を食らった大地は立ち上がりこそすれ心ここにあらずと言う感じで、ロープワークならばここでカウンターが入るだろうと期待するところでも棒立ちのままなすがまま。そんな大地を見て野橋は怒号を発しながらも攻撃の手を止めてしまい、リング下に蹴り落としてしまいました。
結局は野橋対沼ちゃんで仕切りなおしの状態に。しかしこれはこれで大地にとって回復のチャンス。暫し野橋と沼ちゃんの攻防が続きましたが、郡司が戦線復帰、野橋のアシストを受けてトップロープからミサイルキックを放ち、野橋とダブルのビッグブーツも決めました。間もなく大地も復活、野橋にバックフリップを決めて一矢報います。
郡司は野心を見せて大地に丸め込みを仕掛けるもすぐに返されてしまいましたが、逆エビをかけることに成功。なんたって郡司はこれで大地から1本取った実績がありますからね!お客さんの期待も高まります!しかし沼ちゃんのカットが入ってしまい3カウントならず。
今度は郡司がトップロープに上ったところを沼ちゃんに捕まりあわや二度目の気仙沼落としにいったところ野橋がカット。大地も郡司も強力なパートナーのおかげでピンチを切り抜けました。
さて郡司の逆エビで取れなかったことで見切りをつけたか、もう郡司に取らせる余裕など無いとばかりに野橋が大地に的を絞って猛攻開始。低空ドロップキックにダイビングヘッドバッドにと3カウントを取れる強烈な技を連発。大地は執念で凌ぎます。しかしキャメルクラッチは凌ぎきれず、ついにタップ。大地の2連敗で3本勝負が決着しました。
野橋郡司組が勝ったのは嬉しいけど郡司に取ってほしかったなー。どちらを応援していても沼ちゃんに郡司が攻められていると郡司を、野橋に大地が攻められていると大地を応援したくなっちゃうのよね。とはいえ野橋の活躍はお見事!この試合のMVPは野橋!なぜか拍手が試合後に流れた勝者である野橋の曲に合わせた手拍子に変わったんだけど、これもお客さんたちが自然と野橋を称えていたということかな?!
勝ち名乗りを受けた野橋と大地はもう「やったぞー!」という感じで両腕を高々と掲げて天井を仰いでいました。コーナーに戻り同じタイミングでペットボトルの水を飲んでひと息つく野橋と郡司。野橋は「よくやった」というように郡司の頭をなでると(!)更に郡司の片手を掲げて健闘を称えました。
あらためてマイクを要求する野橋、しかしマイクはリング下の沼ちゃんの手に。「マイクよこせ」という野橋に「後は好きに喋っていいからひとつだけ言わせて。道場プロレスでこれはやりすぎだろ」客席から笑い声が。「ほんっとにキツイ。もう二度とやりたくない」沼ちゃんからマイクを受け取った野橋「沼二郎、珍しく意見が合うな。俺ももう二度とやりたくない」お客さん爆笑。「人少ないからっていきなり呼ばれてこんなのやらされるなんて、俺はもうやんねえぞ!」文句だけ言って「今日はがんばった郡司がシメろ」と郡司に丸投げして退場していきました。リング下で俯いたまましゃがみ込んでいた大地も外したテーピングを床に叩き付けて悔しそうに退場していきました。
リング上は郡司一人に。来場のお礼と、この試合の経験をバネに上を目指すと、応援よろしくお願いしますと、いつもと同じようなマイクでしたが、すっごい気持ちよさそうに喋ってました。郡司って声低いけどすごく聴きやすい。でも内容はいつも似たり寄ったりなので郡司もマイクは要練習ですな。「不滅だー!」でシメて郡司も退場。どうやら郡司は勝っても負けても吼えるみたいです。

本日のお振る舞いは大地特製おでん。いやー大地出て来るのツライだろうなあー。でもちゃんと出てきましたよ。どんよりしてましたけど。って大地はいつもどんよりしてるような気もしますが。ちなみにちゃんこの配食のルートが売店の前を通るように変わりました。買いもしないのに売店覗くのは気が引ける人には気軽に売店が覗けていいですね。似顔絵が掲示されているホワイトボードの前も通りました。応募作品増えてました。カツオの似顔絵が猛烈にかわいかったあ。それと誰なのかわからない絵が。似てる似てないじゃなくて、灰色と黒のロングタイツというコスチュームに見覚えがない。誰なんだろう?気になるなあ。
大会もシメた後ですが、沼ちゃんからマイクを通して言い訳が。「メキシコでは60分3本勝負って普通は3人でやるものなんです。だから人数が足りなかったんですよ!」でもやろうって言い出したの沼ちゃんなんでしょ?
明日の試合は予告どおり、負け残り4WAYマッチ。言い換えると勝ち抜け4WAYマッチ。郡司がんばれ!!!!

いやー。1月にして年間ベストバウト級の試合を見てしまいました。前にOOGAMANIAで見た61本3本勝負はこんなに壮絶じゃなかったと思うんだけどなあ。それから想像していたのと全然違っていました。本当に壮絶でした。1本が次の1本にしっかり繋がっていてまるで連続ドラマでも見ているかのような試合でした。
沼ちゃんも「道場プロレスでこれはやりすぎ」と言ってたけど、たしかにこの試合を見たのが50人にも満たないだなんて本当にもったいないと思うけど、道場プロレスは別に50人で入場制限してるわけじゃないんだから、キャパシティはまだまだあるんだから、来ない方が悪い。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2014.01.25(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード