« 2021 . 04 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

兵隊さんはいつでも最高さ

映画「モンスターハンター」見てきました!
モンハンはゲームだということ以外マジで何にも知りません。キービジュアル思い浮かべてと言われても1ミリも思い浮かばない。
映画は駄作だという噂も聞きましたが、ハリウッドマネー使ってクソサメレベルってこたないでしょ、豪華なCGで描かれたモンスターが暴れてりゃオールオッケー!てな具合にとくに期待もせず。
いやもう最高じゃないですか!!!とくにあの終わり方!「俺たちの戦いはこれからだ!」ってジャンプの打ち切りそのまんま!ただジャンプの打ち切りと違うのは続編がちゃんと作られるんだろうなってこと。
いやね。部隊は早々に壊滅して二人ぼっちになるし、いくらトニー・ジャーったって対人の肉弾戦長いし、小一時間経ってもモンスター2種類しか出てこないし、想像してたよりだいぶスケールが小さいぞといいかげん思い始めたところでゆかいな仲間たちがたくさん出てきてそれならもっと早く出せよとか挙げたらキリないけど、それを補って余りあるモンスターとのバトルのド迫力!!!ラドンくんの親戚みたいなヤツによる現実世界における軍隊を文字通りちぎっては投げの無双っぷりに開いた口が塞がらない!虫型モンスターのおぞましさも閲覧注意でゾワゾワした~。遡れば冒頭の「砂は溶けたらガラスになる」の時点でもう掴みはオッケーじゃん?!
ミラ・ジョヴォヴィッチはイケメンだしトニー・ジャーはかわいいし二人の言葉の通じないコミュニケーションにほのぼの。トニー・ジャーとえば「像を返せ!」ですが、今作でも像を粗末に扱われて怒り狂ってたわね。
私はすごい映画を見終わると座席に体がビッタリと張り付くような感覚に襲われるんだけど、今作がそれ。一体これのどこが駄作なの?!最高じゃん!!!と思うのは私が原作ファンじゃないからなんだろうな。と、いつも原作ファンとして重箱の隅をつつきまくってる私は思うのです。いやでも本当に大満足だったから続編作れるくらいにはヒットしますように!!!
映画 | CM(0) | TB(-) 2021.04.05(Mon) 21:25

300円

仙台大会が発声応援禁止で初めてニューノーマルな応援スタイルを体験したのですよ!声の代わりに拍手や手拍子で応援ってヤツです。
盛り上がりの面でいったらこっちの方が盛り上がっているように感じる場合もなくもない。セコンドも煽ってくれるしね。
ただ、手は痛いし疲れるし、手拍子で選手の声がかき消されることもあるし、なにより劣勢側を応援する手段がない。これが一番困る。
誰か応援アプリ開発してくれないかしら。選手の名前を登録しておいてボタンを押したら選手の名前が流れるの。「コウジー!」「オーセラー!」って。押し間違えそう。
でも「がんばれ」ボタンなんてあったら使えそうじゃない?トリビアの泉のへぇボタンみたいにボタン押したら「がんばれー!」って。それこそ劣勢側を応援する手段として!カプセルトイ制作会社の方、ぜひよろしくお願いします!
それよりも早くコロナ終息してくれマジで…。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2021.04.04(Sun) 23:10

若さ、スパークリング!

矢巾と仙台行ってきました!

まずは2年半欠場していた卍丸の復帰。復帰戦が第1試合ってのもらしいよね。「おーそーかーついに復帰かー」くらいにしか思ってなかったのに、いざリングに登場した本人を目の当りにしたら「うわわわわわ」となった。今のみちのくに卍丸の凶暴性は新鮮に映る。俺が俺がなタイプじゃないのはわかってるけど、まわりへのいい刺激になるといいな。
しかし郡司へのアタリが異様に強い。オガも大瀬良もいるのになぜ郡司。ヒール対決好きだからもっとやれ。
バッドボーイは「このままではカードの幅が狭まるから」と発展的な活動休止宣言があったけど、解散じゃなくて自然消滅でもなくて、ハヤトが帰ってくる場所を残したと明言してくれたことにグッときた。
バッドボーイといえば初登場のオーバー谷口レフェリー、バッドボーイに勝ち名乗りをあげる並びがしっくりきすぎてまるでバッドボーイの新メンバーのようでした。

バラモンシュウも復帰戦だったらしくてケイが「お兄ちゃんが帰ってきたぞー!」とかめっちゃアピールしてたけど新春大会フツーに出てたよね。
なんか…バラモンをあざといと感じるようになったんだけど、わかっててやってんのかな?「お兄ちゃん」呼びとか。

新春大会では動きのなかったタッグベルト戦線は矢巾の第2試合でバラモンが見たことないタッグベルト持って登場したからヤッペーマンズと統一戦かなと思ってたらサスケが東郷さんを誘って挑戦表明!パートナーが東郷さんなら新日勢がベルトに興味を示すかも?と期待した直後に次回矢巾の欠場が判明して「じゃあ」で指名して「じゃあ」で引き受ける人生の寛容さよ。サスケは「またか」だけどパートナーが人生となったら話は別!サスケと人生が同じベルトを巻く姿なんて想像するだけでアツい!

矢巾のメインは翌日の東北Jr戦の前哨戦。それなのに塁とMUSASHIの見ごたえのある組み合わせに持っていかれてしまった。川村も大瀬良も塁やMUSASHIの対角線に立つことに違和感がないところまではまだ来てないのかな。

そして迎えた東北Jr戦。
挑戦表明からの2か月間で道場プロレスのゲスト選手に志願してシングルマッチで経験を重ねてきた川村、結果は残念だったけど、速攻仕掛けただけでも私は評価したい!タイトルマッチにありがちな開始のゴングが鳴ってからしばらく間合いを取ったまま無言でにらみ合ってぐるぐる回るあの時間ほど無駄なものはないと思っているのでね!!!格のある選手ならともかく、若手同士でこれやるとか本当にサムイから!!
塁にも言われてたけどその「最初だけ」でも充分伝わった!結構早い段階でスタミナ切れちゃってて正直もうちょっと迫れるかなとも思ってたけど、不格好ながら大技にも挑んだし、気持ちのいい試合だったよ!
前回の大瀬良と今回の川村、結果はともあれ実力のほどを知る機会にはなった。きっと選手自身にとっても。とはいえ大瀬良は大瀬良で他団体参戦で経験積んでもう2月前の大瀬良ではないわけで、これからまた更に更に上がっていくんだろうなあ。楽しみしかないじゃん!

で、この2連戦で最大のトピックスですよ。団体の現状に不満を持つMUSASHIが若手に呼びかけて軍団結成!べつに呼びかけてない郡司もついてきた!
ターゲットは「俺らより上の世代」なんでしょう、手始めにチャンピオンである塁に5対5の全面対決をふっかけたんだけど、塁は自分でも言う通り「上には入れてもらえず、下からは突き上げられ」で誰と共闘しているわけでもないのに塁側のメンバーは塁に丸投げといういきなりズンドコの片鱗が見えなくもないのですが、塁も承諾して次回矢巾・仙台で大決定!
塁の「お前ら怪我多いから当日になって4人しか揃いませんでしたとか言うなよ!」というキレッキレの煽りにも何も返せず先行き不安だけど、せめて試合では魅せてくれ~!
久々の軍団抗争だー!!!コロナ禍でやりようがなかったってのもあるだろうけどベルト戦線しか次に繋がるものがないのはやっぱりさみしい。反体制軍はあんまり好きじゃないけど、軍団抗争でストーリーが動くのは確かだし、敵視されている選手側が組むことによって生じる化学反応も楽しみ。

さて、塁側の5人のメンツですよ。フツーに考えれば、塁・のはし・ken・卍丸・ラッセなんだけど、難しいとしても頭に浮かぶのはハヤトの名前。闘龍門勢ではない、塁に一番近い先輩。まあ、妄想は自由ですから。言霊もあるし。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2021.04.01(Thu) 22:18
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード