« 2020 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

キメラ

矢巾。

東北Jrはリベンジマッチ。前半はMUSASHIが勝つとしてもここからどうやって説得力を持たせるのかと思うくらい塁の一方的な展開。後半は盛り返したけど形勢逆転とまでは行かず、ただ、フロッグスプラッシュが脇腹に直撃したのがガチアクシデントっぽくて(横臥してる相手にやる?!)、アクシデント的にMUSASHIが勝ってしまうんじゃないかとも思った。以降セレモニーに至るまで脇腹抑えっぱなしでマイクの第一声が「痛い」だったから実際にアクシデントだったんだろうな。塁のフィニッシュに向けた畳みかけは本当にすごかった!アクシデント込みでも塁の完勝だったなー。
今回はどっちを応援するともなく見てたんだけど、MUSASHIが先輩超えを果たしたら次は師匠である「大嫌いなのはし」とのタイトルマッチの可能性に気付いてしまった。でも今の塁の飾らない明るいキャラ好きだからしばらく塁に持っててほしい。一年を締め括るマイクも素晴らしかった。「今年は散々だったから来年は良い年に」「おうちに帰って手洗いうがいするまでが東北Jrです」明確にベビーターンしたわけでもない塁が「不滅だー!」でシメてくれるのが嬉しい。

セミは宇宙大戦争の前哨戦?矢巾初登場のレッカは私も初見なので楽しみにしてたからこんなカードに組まれてまさか見せ場もなく終わってしまうのかとヒヤヒヤしたけど、五体不満足を返しピンを取り、要所でしっかり活躍してました!ずっとニコニコしててかわいかったけど困ってるときまでニコニコしててなんだかスミマセン…。
場外乱闘でサスケが1号のコスチュームの穴から穴を見せようとしてたのかな?会場中のカメラマンが集まって1号のお尻にレンズを向ける光景はなかなかの地獄絵図でした。
プリティ太田がヤッペーマンズを「チビ」と罵り、「何かが足りない」に対して「身長が足りないだろ」というツッコミが発生するみちプロのリングが好きです。
郡司はキャラ変じゃなくてキャラを足すにしたってどういう組み合わせだ。プリティさんなんてとんかつDJで登場して死亡遊戯で帰っていくし、また宇宙大戦争関連のいつか見る映画が増えたー。

第1試合ではラッセと小笠原のヘビー級対決が見れたけど、小笠原はヘビー級の相手の扱いにはまだまだ慣れてない様子。ラッセは小笠原相手でも重力を感じさせなくてさすが。
このカードは郡司が先輩としてどう振る舞うかも注目だったけど、どうしても捕まってしまう人が主役になるからなあ。これといったチームプレーもなかったし。
kenとラッセも同期だし、大瀬良と川村の同期タッグが人生&のはしの師弟タッグに挑む第2試合といい、アンダーにも寄せ集めと言えなくもないのにそうとは思えないほどテーマを感じる良いカードが並びました。

で、仙台2連戦も終わり、宇宙大戦争を取り巻くあれこれは本当にわけがわからないので考えないことにしますが、東北Jrの次期挑戦者が大瀬良に決定とな。大瀬良は自身のプロデュース大会でも塁とのシングルを要望して実現させたことでしっかり種を蒔いていたし、矢巾の第2試合を見てももう新人枠という感じでもなくなってきたなと思っていたので大瀬良の挑戦自体は全然いいんだけど、MUSASHIのリベンジ失敗の後だとどーーーーしてもチャレンジマッチ感が…。「よい経験になったね」じゃなくて「名乗りを上げただけのことはある!」と思わされる試合を期待。そして矢巾じゃなくて仙台なのね。ビッグマッチでもken絡みでもないのに珍しい。

いやーもー塁の言う通り今年は散々だったけど制約のある中いちはやく興行を再開してくれたみちプロには感謝しかないです。個人的にもあらゆる趣味の現場が潰れたけれど、みちプロファンでよかったと心の底から思いました。早く当日券でふらりと行けてゴザシートに座れる日が来ますように。

…本当にどうでもいい話なんだけど、セミでの雷斗さんとのやりとりでサスケが「私も○○でした」と言ったらバラモンが「過去形かよ」とツッコんだのを見て「東北の人は現状を過去形で話すから東北以外の人との会話に誤解が生じる」を目の当たりにしてひとり感動していました。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2020.11.26(Thu) 00:05

スカイツリー

最近観た映画。

・ショート・ターム
孤児院で働く職員と心に傷を持つ子供たちの話。
主人公っぽく登場した学生は主人公じゃなかった。
グレイスの彼氏、序盤で自転車を男に見立てて彼女に嫉妬するという体の冗談のやり取りの後にボソッと「何がフロイドだ」とひとりごちたシーンが怖くて裏があるのかと思ったら何もなくただのいい人だった。なんだったんだあのシーン。
ジェイデンの作った童話が悲惨…。グレイスが「やっぱりあなたの子は産めない」と言ったのは本当にジェイデンの父親を殺すつもりだったのかな。当事者の方がよっぽど冷静。グレイスはジェイデンを救ったけどグレイスもジェイデンに救われたってことだよね。「妊娠したのは初めてじゃない」というグレイスにだらしないなあと思ってたから己の浅はかさに自己嫌悪に陥ってしまった。
ラストシーンは最初のシーンとやってることは同じなのに希望にあふれていてすごくよかった。

・ライリー・ノース 復讐の女神
目の前で夫と娘を殺された女が復讐する話。
結果的に麻薬密売組織が壊滅するというスケールのでかさ。同監督の「96時間」はやりすぎじゃない?と思ってしまったけど、こっちは家族が殺されたんだから仕方ないよね、徹底的に潰さないとね。と思えた。
わかりやすい悪人よりも裏で悪いことしてる人が成敗されるほうがスカっとするー。語られるだけだった検事と弁護士の死に様も見たかったなー。たまたま見かけた悪い親を正しい方向に導く方法が強烈で笑ってしまった。
なんで「女神」なんだろうと思ったらスラム街の守護神だったのね。原題の方がかわいらしくて内容とのギャップがあっていいな。娘が選んだアイスクリームのフレーバーというのも悲しい。

・お前はまだグンマを知らない
千葉からグンマに引っ越してきた男子高校生がグンマのあれこれにカルチャーショックを受ける話。
身内にグンマ人がいるからいの一番に首相輩出数日本一自慢を始めたのが身に覚えありすぎて笑った。
私も多少グンマのことを知ってるので3Bも面白かったし、主題歌に群馬のバンドG-FREAK FACTORYを起用しているのにも感心した。…たった今気づいたけどG-FREAKのGってGUNMAのGか!!!
小道具がとにかく細かくて、そこらじゅうにグンマ自慢の貼り紙があるから勉強になる。ここまで徹底されてると上毛かるた部の部室にあったフラフープも何か関係があるのかな?
中だるみするしオチは下ネタ全開だけど、郷土愛だけじゃなく田舎特有の選民意識も描いていてほんの少しだけ響いた。
主演の間宮祥太朗は初めて認識して見たけど、台詞がめちゃくちゃ聞き取りやすくて素晴らしい。轟役の吉村界人が滑舌悪い&ボソボソ喋りのコンボだったから余計…。あとヒロインの馬場ふみかがプロレスラーの加藤悠に似てる。

・トロールズ
トロール族の王女がトロールを食べると幸せになれる=食べないと幸せになれないという言い伝えのある部族にさらわれた仲間たちを助けに行く話。
先に2見てたから2のカラフルさを期待すると主戦場の地味さにちょっとガッカリ。でも「幸せは心にある」と気付いて色付いていくのはよかった。
出発直後に遭遇した食物連鎖が面白くて3回くらい見た。クラウド・ガイが良いキャラ。殺意向けられて雷雲になるの最高。
ポピーのボーイフレンドは2に出てなかったよね?と思ったら。「君が僕に裏切らせた」のモラ発言に退場やむなし。組織の長が根が善良で恋をするとなんやかんやで丸く収まるよね。
吹き替えもチラっと見たけどブリジッド演じてるのleccaかと思ったら違った。

・後妻業の女
結婚するたびに夫に先立たれる不孝な女は結婚相談所の社長と手を組む後妻業の女だった…!という話。
前半は善良な市民が食い物にされる様子が延々と続いたけど、vs竿師、vs悪徳探偵みたいな展開になってちょっと胸が空いた。悪いことするのもラクじゃないね。
小夜子は徹底して悪女として描かれていたけれど、遺書の「小夜子は最後までおもろかった」のひとことに殺されたにしても本人にとってはそんなに悪い最期じゃなかったのかなと思ってしまった。罪悪感はないのに情はあるんだ。家も姉妹の手に戻ってひとまずは口約束通りにはなったしね。「父のお金をどうしようと父の勝手」ってホントその通りだわ。
映画 | CM(0) | TB(-) 2020.11.19(Thu) 23:46

If love...

映画「博士と狂人」見てきました。

これまでコロナのおかげもといコロナのせいで前後両隣空席で販売されていたチケットも規制緩和で全席販売となったわけですが、隣の席の人が大ハズレで集中力5割減でした…。本当に素晴らしい映画だったから悔しい!!!!レンタルになったら誰にも邪魔されない環境で絶対に一人きりで見てやる!

気を取り直して。

まずタイトルが素晴らしい。普通、編纂者が博士で囚人が狂人だと思うじゃん。そしたら二人ともに博士であり狂人であったと。
主人公が先生様じゃなくて言ってしまえば趣味で言語の勉強を続けていた仕立屋というのも親しみが持てる。寝食に困らず子供にも恵まれそれなりに満たされていただろうに夫の夢を応援する決断をした妻には頭が上がらないね。
予告だと博士と狂人がものすごく衝突しあってるように見えるけれどそんなことなく、とても良い関係。作業が囚人の精神安定剤になってるし、編纂者は心強い協力者に感謝している。正体を知ってもそれは変わらず。彼がよくない状態に置かれていると知ればそこから救うために奔走する。「感謝」だけではここまでできない。
一方で囚人と未亡人の関係はとても苦しい。次第に心を開き惹かれあっていく様子にあたたかいものを感じていたけれど、長女が囚人の頬を張った場面で目が醒めた。「許されてよかったね」なんて単純な話ではなく、許されたうえに愛まで芽生えた結果、囚人は被害者から彼女を奪ってしまったことに絶望してあの凶行に及んでしまったのだからやりきれない。「愛があれば…その先は?」はラブレターだったろうに、これが彼を追い詰めてしまうなんて思ってもなかったでしょう。彼女は「私が許しているのになぜ許されない」と言っていたけれど、一番許してなかったのはきっと彼自身。でも金銭的にもそうだし学ぶこと・学ばせることの大切さを教えておそらく未来の子どもたちをも貧困から救った彼は許されるに値すると思う。
もうひとつの主軸である編纂作業の場面は圧巻。とにかく紙に残して分類分類!コンピュータ社会の現代では信じられない膨大な物量。調べものだって大量の書物を紐解かなければならない。それを自分たちだけでどうにかしようとせずに広く協力を求めるという発想が出てくるのがすごい。これが二人を結び付けたわけだし。
てっきり無事に完成してめでたしめでたしだと思ってたから「70年後に完成したという」という後日談に唖然。70年の間にどれだけの手戻りがあったかと思うとゾッとする。ホラ、「言葉は変化するもの」だそうですし。もう「敷居が高い」を「ハードルが高い」の意味で使ってたり「檄を飛ばす」を「叱咤激励する」の意味で使ってるのを見てもいちいち気にしないようにしよう。でも「すべからく」は許さない。
この題材でエンタテイメント性がしっかりあるのもいいんですよ!編纂者を陥れようとした奴がザマミロな展開になってスッキリした!
いや本当に素晴らしかった。観てよかった。

ヒロインが「ゲーム・オブ・スローンズ」のマージェリーだったのは思いがけずで嬉しかった。しばらく「ミッドサマー」のヒロインと見間違えてたのは自分でもわからん。「こんなに痩せてたっけ?」で気付いたというね。博士の妻もスターク家母かと思ったら別人だった。
映画 | CM(0) | TB(-) 2020.11.17(Tue) 00:08

非常停止

映画「スペシャルズ!~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~」を見てきました。
「最強のふたり」の監督作品だというしポスターからしてもコメディを期待してったらコメディじゃなかった。
いやもう本当に大変…。「プライベートがない仕事」を目の当たりにした気分。「今日はお休みだから」で拒否できない。求められれば行くしかない。
「虐待」ってそんなのあるわけないじゃんといっても少女を男三人で押さえつけてワゴン車に押し込めば「何事?!」と思ってしまうのも仕方がない。生活音ひとつとってもそう。通報した人を責められないよ。
ジョゼフの女性社員への想いが行動に出てしまった描写がも~~~~。観客はそこに下心は無く大好きなブリュノに対してやっていることと同じだとわかっているけれど、そんなの知らなければ、知ってたとしても信頼関係が無ければこんな一方的な身体的接触は嫌悪感しかない。元々積極的でなかったとはいえ上の者が「我慢してやってくれ」とならなかったのには本当にホッとした。仕事と関係ないところでつまずいてしまうのは障害者に限った話じゃないし、問題なく働けるところが見つかるといいなあ。
ブリュノと役人の攻防にはハラハラしたけど、ブリュノの「引き取ってくれ。一人残らず」には正直スカッとしてしまった。ボンヤリと「大変そうだなー」と思っていたことを具体的に叩きつけられて絶句したのは私自身でもあるわけだけど。「資格が大事だというならなぜ資格がない自分のところに専門家が連絡してくるのか」もかっこよかった。自分ではもうどうすることもできないけれど人間らしく生きてほしいという望みを叶えてくれるのはブリュノしかいないからたくさんの人が頼ってくるんだよね。「どんな人でも受け入れる」のは並大抵のことじゃない。
職業訓練所との互助関係も良かった。「俺スケートしに来たんじゃないけど」などとふざけたことぬかしてたディランが「よく行ってるから」と自然に覚えた知識で難しいクイズに答えるまでに成長したのにはグッときた!
ジョゼフは目的地の駅までたどり着き、ヴァランタンがヘッドギアを外し、ハッピーエンドみたいになってるけど、少なくとも作中では何の解決にもなってないんだよね。金銭的な補助もなく人手も足りずのそのまんま。引き続き政府に「見過ごされる」だけ。エピローグによると政府も動いてはいるようだからそれを救いとする。
映画 | CM(0) | TB(-) 2020.11.06(Fri) 00:31
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード