« 2020 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

細分化

「鬼滅の刃」の公開初週だったのでこりゃ窓口死ぬほど混むぞと長時間並ぶ覚悟で行ったのに誰も並んでませんでした。オンラインチケットって便利ですね。

というわけで映画「トロールズ ミュージック・パワー」を観てきました!

シリーズものだということすら知らなかったんだけど、光の洪水を大画面で浴びたくて!
初っ端からDAFT PUNKの「One More Time」で盛り上がるフロアのシーンでアガったー!私はロックも好きなのでロックが悪者にされているのは少々心が痛むけど。
トロール人形はかわいいというよりちょっと不気味というか…でもこの映画のトロールたちはみんなちゃんとかわいかった!かわいいから余計にバーブの耳がちぎれてるのが痛々しい。タイニー・ダイヤモンドは反則~。産まれてすぐにハイレベルなラップを披露ってブッダか。おっさん声で「ゆらゆらして」に悶絶。基本的にフェルトと綿でできてる世界観もかわいい~。お手紙の素材も凝ってるし目が飽きない。
ふと、「ゴロッとした大きな歯」が癖だということに気づいてしまった。パッと思いつくのだと「ファインディング・ドリー」のシロイルカのベイリーとかね。
音楽好きだから音楽がテーマなのも楽しかった~。ジャンル分けがおおざっぱすぎて内戦絶えないだろうなと思わなくもないけど。とくにロックの国なんてメタル・パンク・ハードコア・サイコビリー…考えるだけで恐ろしい。
スラッシュ王がオジー・オズボーンみたいと思ってたら本人が演じてるという。パワーコードでの攻撃シーンはイングウェイ・マルムスティーンの「TRILOGY」のジャケのオマージュでしょ、こういうの出てくるたびに心の中でキャッキャしてしまった。スムースジャズはイメージ映像がラッセンになるのがわけわかんなくてめちゃめちゃ笑った。(←どうも「スムースジャズはダサい」という扱いらしい。なるほど)K-POPはちょっとズレてるような。あの髪が爆発してるイメージはどこから?
強奪を図ったロックが悪者なのは間違いないんだけど、諸悪の根源はポップスだったっていうのが衝撃的だったし、「みんなちがってみんないい」というところに落ち着いたのもよかった。音楽のジャンル分けなんてあってないようなものなんだよ!
吹き替えの芸能人枠もみんな上手~。ブランチはスキマスイッチの人かと思ったらウエンツでビックリ。こんなに歌うまかったとは。「ライオンキング」ではオーディションに落ちたというミキのお兄ちゃんも出演できてよかったね。
前作も観ようっと。
映画 | CM(0) | TB(-) 2020.10.19(Mon) 22:44

私負けましたわ

映画「TENET」観てきました。

「意味がわからない」という評判だったけど、同監督の「インセプション」「インターステラー」どちらも楽しく見れたし意味がわからないということもなかったから、私なら意味わかっちゃうかも。ウフ。とか思ってたんですけどね。意味がわかりませんでした!
時間を逆行できる装置を使って過去にばらまかれた核爆弾の部品が悪い男の手に渡らないように阻止する部隊の話?で合ってる?つまり主人公も相棒も部隊の一員?我ながらひどい理解力だ…。
わからないなりに序盤と終盤とでつながっている伏線の回収は面白かった。リュックにぶらさげてたワッシャーみたいなのはホラあのときのあのあれでそれに気づいて主人公が感極まってたのもなんかなんだろうけどわからん!相棒は悪い男の息子の未来の姿かと思ってたけどそういうのもとくになかったよね?
時間が逆行して破滅するのを楽しみにしたところで当然そんなことはなく。「このままだと大変になる!」はどうせ阻止されて終わるんだから、どうなるかを映像で見せてほしいなあ。
最初のオペラハウスがテロリストに襲われる場面は最高にワクワクしのにその後飛行機が爆発するまで睡魔との戦いだった。
惨敗したので解説&考察を漁る旅に出ます…。
ちなみに特典のポストカードは悪い男でした。
映画 | CM(0) | TB(-) 2020.10.13(Tue) 21:03

4→2→1→3

ステップアップ大会がとてもよかったのです。
メインみたいな第1試合から始まって、
「3Wayの試合結果でいうところの"もう一人"は2位」という概念を打ち出した第2試合、
セミに組まれた新人がベテランに挑むヘビー級対決は新人のものすごい粘りを見たし、
メインはメインでメインだからこその熱量を感じた。
次回矢巾への動きもあったし、ステップアップ大会は点の大会ではなく本流に繋がる線として重要な大会である!!!
…いやホントお客さん少なかったのよ。もうこの際ゴリゴリに本流に絡めてどんどんストーリー動かして欲しい。選手権もユニット抗争も。道場プロレスがいろんな面でハードルが高いのはわかるけど、ステップアップ大会なら予約ナシで自分の足でふらっと行けるじゃん!
でもなー。慎重にならざるを得ない人だっているんだから「なんでやってるのに来ないの!」なんて言えないか。
それでも私はこうして次の予定が見えていることが嬉しいし、みちプロが好きでよかったなあとしみじみ。やっぱり現場が一番!
プロレス | CM(0) | TB(-) 2020.10.06(Tue) 00:29
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード