« 2020 . 05 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

小さな差別は誰にもである

映画「最高の花婿 アンコール」見てきました。予告見て面白そうだったので前作も予習して。

フランス在住フランス人の四姉妹全員がそれぞれ移民のアラブ人・ユダヤ人・中国人・アフリカ人と結婚した一家の話。
悪気があろうとなかろうと差別発言が軽口感覚で飛び交うので決して気持ちのよい作品ではない。父親が悪者っぽく描かれているけど、結局夫同士でも差別しあってるというね。散々ディスってからの「冗談だよ」の連続にこんなの見てらんないとなりそうなものだけど、人種や宗教に関する差別が身近にないので「大変だなあ」と完全に他人事で楽しく見れてしまった。
割礼ひとつとっても「生まれてすぐ」と「6歳になってから」でひと悶着が起きたり、「イエスは神様の息子じゃなくて預言者のひとりだろ」というツッコミもお寺や神社にお参りするような私からは絶対に出てこない。
「アンコール」では更に「アフリカ人夫の妹の恋人が女性」という性的マイノリティの登場により「ある面での被差別者が別の面では差別者になり得る」ということを突きつけられた気がした。パートナーですら相手がアフリカ人であることや女性であることを両親に伝えられなかったわけだし。
身近でも年長者の悪意のない差別発言にギョッとすることがあるけれど、「世の中の価値観はどんどん変わっているのに追いついていけない」という台詞に年長者なりの苦悩があるんだなと思わされた。
被差別者にだって悩みはあって、カフェや武器屋で見せた中国人の過剰反応は同じアジア人として苦笑い。円滑な関係を築く努力もゴマすりとか言われちゃうのねー。
このテの話だと父親が悪者だったら母親は理解のある善人として描かれがちだけど(アフリカ人夫の両親はそんな感じ)、この家族はというと母親もクセ者で、父親の娘婿に対する愚痴に同調するし、移住阻止には誰よりも躍起。阻止と言っても娘婿たちはどうでもよくて娘たちととくに孫への執着に思えるあたり、父親より厄介かも。
で、阻止計画はうまくいっちゃったし、アリカ人夫の妹も無事に結婚できてハッピーエンドな感じだけど誰かが劇的に変わったとかそういうことはなにもない。でも父親は激しく言い争う娘婿たちの様子に「これだよ!」と喜び、ぶつかり合って意見を交わすことの大切さを説いたわけで、そもそも考えを押し付けようという気はなく、着地点は「歩み寄り」ではなく「認め合い」なのかなーと。それでいいんじゃないと思わされる家族。そもそもこれだけ多様だと足並み揃えるのなんて無理!
軽いタッチのわりにいろいろ考えさせられてあとひく作品にでした。
しっかし四姉妹の美しいこと!これだけ違うタイプの美女が揃うと圧倒される。子供たちもかわいいんだ~。こりゃおばあちゃんも移住阻止するわ。

ちなみに…シリーズ通して一番共感できたのが神父「ゲーム・オブ・スローンズにハマって寝不足。はやく仕事終わらせて続きが見たい」私が今まさにそうです!
映画 | CM(0) | TB(-) 2020.05.27(Wed) 00:40

キング

映画「PMC:ザ・バンカー」見てきました。

ハ・ジョンウ主演ということだけでどんな話かも知らずに見に行ったので、極秘任務かーあんまり得意じゃないなーと思ってたら予想もできない展開に!あんな迷路でドンパチやっといて主人公が義足ボッキリ折ってからが本番だなんて思わないじゃん。マップで仲間と敵の位置を把握しボール型カメラを操って仲間を出口まで導こう!ってどんなゲームだ。仲間の顔写真が一覧表示されていて死ぬと×がマークされていくのも絶望感ある。「捕虜である要人が死んだら爆撃される」という条件もハラハラした。
クライマックスの空中で捕虜と仲間を助けるシーンは脚が利かなくても問題なく動けるからこそのあのシーンなのね!これでお医者さん死んでたら最悪だ!(韓国映画ならやりかねない)と思ってたから生きててよかったー!
鑑賞中、ハ・ジョンウ主演の「テロ,ライブ」という作品ががチラチラ過ったんだけど、その監督の作品だった。どうりで。「自信家の主人公が大きな事件に巻き込まれどんどん追い詰められて建物がド派手に崩れる」というシーケンスが同じ。毎度こんなにド派手に建物崩してくれるなんて今後の作品にも注目です!
ところで韓国映画だけど基本的に全編英語の本作、ハ・ジョンウってこんなにいい声だったっけ?と。彼の出演作何本か見てるけどとくにいい声だとも思ってなかったので。きっと言語による言葉の響きの違いによるんだろうな。共演のイ・ソンギュンはわかりやすくいい声だけど「いい声」の質が違う。発見だわー。

さて、映画館の縮小営業を体験してきたわけですが!もービックリするくらいガラッガラ。最後列に一人なんて初めての経験だわ。伸びし放題姿勢崩し放題ひじ掛けが両方とも使える~と最高に快適だったけど、あまりの不入りにこりゃ保障があれば営業したくないだろうなーとかわいそうになってしまいました。いやホントここまで悲惨だとは…。とはいえ営業してくれるんならできるだけ行くようにしよう。文字通り傍若無人で映画館で映画が見れるなんて今だけだ!…隣の気配に緊張しながら鑑賞する日常が早く帰ってきますように。
映画 | CM(0) | TB(-) 2020.05.19(Tue) 23:00

四面楚歌

映画館の有料会員の期限がそろそろ切れるのでこの一年を振り返ってみますと…

映画館で観た映画
・ダンボ(2019)
・ジョーズ
・ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(字幕)
・ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(吹替)
・ザ・ファブル
・トイ・ストーリー4
・ライオン・キング
・ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
・ジョーカー
・アス
・工作 黒金星と呼ばれた男
・クロール-凶暴領域-
・ターミネーター:ニュー・フェイト
・フォードvsフェラーリ
・パラサイト 半地下の家族
・ジョジョ・ラビット
・1917 命をかけた伝令
・ミッドサマー

18本。有料会員になるともらえる招待券10枚消化できるか不安だったけどなんとか消化できました。
18本なら余裕に見えるけど、招待券はオンライン予約できないから良い席が取れるか不安な作品には使ってないの。他の映画館で観た作品もあるし。だから「なんとか」。まだレンタルビデオ屋行く感覚では映画館行けてないわ。
それでも映画館に行く習慣ができたのは楽しかったので引き続き…と思ってたんだけど、このご時世でしょう。これまで通り満足に行けるのか?そもそも劇場側の都合関係なく私は行く気があるのか?と考えると…。
縮小営業で座席数減らすのもまずは招待券消化が目標の私には痛い。前方でなんか見たくないしなーなんて心配するほど密だったことが平時にあったかしら?
とりあえず縮小営業を実体験してから考えよう!
映画 | CM(0) | TB(-) 2020.05.15(Fri) 20:57

安心を与える言葉に意味はない

最近見た映画。

・スーパーサイズ・ミー2:ホーリー・チキン!
マクドナルドを食べ続けて体への影響を検証した男が12年の時を経てファストフード業界に殴り込む話。
劇場で観た前作が12年前ってことに驚愕している。12年間でマクドナルドがあんなに様変わりしてたなんて気づかなかった。
ヘルシーの追求ではなくてヘルシーを装った売れるものの追求。いろんなアドバイザー雇ってきっちり金かけてる。
そんで出来上がった店舗がアレ。すごいオチ。あんな店内で食べるクリスピーチキンサンドはどんな味だろう?
でもこういうの見せられてももう食べる気にならないなんてことはないなあ。「米国の養鶏業界はマフィア同然」という告発を知ってもなお。

・ペット2
主人公が家族旅行で家を空けるので大切なおもちゃを彼女に預けたらうっかり猫屋敷に転がり込ませてしまってさあ大変、一方、スーパーヒーローとして暗躍するウサギのもとに「トラを助けてほしい」という犬が現れ…という話。
「子供は嫌いだ」と言っていたマックスがケイティの息子と良い関係を築いてていく過程だけでもう泣ける。
猫屋敷やばい笑えないと思ったら後半は別の意味でヤバかった。キャデラック乗り回すおばあちゃん最高~。おばあちゃんのおかげでトラも平穏に(?)暮らせそう。
マックスを成長させてくれたルースターが本当にかっこよくてね!「俺は今グッときている」にグッときた!
スノーボール前作とはまるで別兎だなと思ったら最後の最後でそうでもなかった。

・美女と野獣(1991)
野獣が住む城に迷い込み捕らわれた父親の身代わりになった娘の話。
実写版のテレビ放送かと思ったらアニメ版だった!見たことあるけど燭台も目覚ましもティーポットも呪いをかけられた使用人だったの?!と思ったくらい何も覚えてなかったので新鮮に楽しめました。ヴィランがいたことすら…。
しっかしベル嫌な女だなー。身代わり申し出た割には大した覚悟もなく身勝手な行動で野獣に迷惑かけて。でも最後に「全部私が悪かった」と認めたから許す!
魔法が解けた姿は「むなしい努力」のエピソードでハードルだいぶ下がってたから思ってたより野獣感残ってて悪くない。まあ相手(野獣)が悪かったってことで!
忘れないうちに実写版も見ようっと。

・美女と野獣(2017)
ディズニーアニメ版の実写化。
あらすじとしては母親のエピソードが追加されたくらいなのに使用人たちが動かなくなったあたりから泣きっぱなしだった。アニメ版全然泣かなかったのに。
愛嬌のあったガストンの悪さが強調された一方でただの腰ぎんちゃくだったル・フウがガストンの行動に懐疑的な目を向けるような人物になっていた。こっちの方が全然いい!ベルはそんなにアニメ版と変わらないはずなのにとくに嫌な女と思わなかったのは作画のせい?
付喪神みたいな描写どうすんのかと思ったらあえてのギリギリなリアルさで表現するとこうなるのかと。馴染み具合が不思議。
特典映像の「病床の王子を見守る母親の歌唱シーンを病床の母親を見守る王子の歌唱シーンに差し替えた理由が「試写会で母親と魔女を見間違える人が続出したから」という裏話が面白かった。

・国際市場で逢いましょう
興南埠頭から脱出する船に乗る折に父親と上の妹と行き別れた男の生涯。後に大成する人物のカメオ出演(?)が楽しい。
お金のためとはいえ鉱山に戦場と過酷な現場に飛び込める主人公の「家長」という立場に対する覚悟がすごい。そりゃ下の妹だって鉱山から帰ってきたお兄ちゃんに絶叫して飛びつきたくもなるさ。助け合う親友の存在もよかった。
まさか母親が生きているうちに上の妹と再会できるとは思わなかったけど、映画なんだからこんなできすぎた話があったっていいじゃない!!!
「もう歳を取りすぎて来れないだろう」と、父親の死は認めずに再会をあきらめる言葉の選び方も素晴らしかった。

美女と野獣並べたいから入れ替え。
あと国際市場の前に「君の膵臓をたべたい」の実写版が入るんだけど近日アニメ版見るのでこれも入れ替え。
映画 | CM(0) | TB(-) 2020.05.01(Fri) 21:23
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード