« 2020 . 01 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

カラフルな可能性

「スター☆トゥインクルプリキュア」が最終回を迎えてしまいました。
大好きな漫画「トクサツガガガ」をより楽しむために見始めた前作から引き続き今作も楽しく視聴できました!
前作は若宮アンリが「自分らしく」の象徴として描かれていたけど、今作は宇宙が舞台となって姿かたちだけでなく文化すら異なる世界に触れて尊重しあうという、さらに踏み込んだ印象。いわゆる「多様性」ってヤツですね。それがままならないと悲劇を生むということまで描いている。まさに「大切なことはみんなアニメが教えてくれた」だなあ。
それぞれの道に進んだ地球組が「日本初の有人ロケット」というプロジェクトで集結し異星組との再会を思わせるラストも素晴らしかった!
が、スタープリンセス、お前らは許さん。宇宙創造はあなたたちのお戯れですか。結局へびつかい座が危惧してた通りになって、最後まで本来の目的を伝えないままプリキュアやプルンスを利用してフワを使い捨てて、解決したのだってプリキュアとへびつかい座の対話じゃん。プリキュアたちが頑張っている間にもスターパレスで円卓囲んでお茶すすって…腹立つ~~~~~!!!
スタープリンセスたちがクズすぎてへびつかい座がマシに見えるけど宇宙を内ゲバに巻き込んだんだからへびつかい座も同罪だ!いいかげんにしろ!
もーーーー全然スッキリしないから「本来の目的を知ってしまったプリキュアがフワを守るためにスタープリンセスと戦う」というシナリオを妄想しよう。

キャラクターもよかったですね~。今作はプルンスという推しができたのでさらに楽しめました!私は動物の子どもではカバやゾウが好きなようにかわいいという自覚のないかわいいキャラに弱いんです。滅私奉公すぎて泣けてくるけど充実したドルオタ活動にひと安心。プルンスは最初から最後までイケメンだった!
それとえれな先輩!ぶっちゃけ結構な境遇だと思うんですよ。お母さんとのエピソードがまさにそれで、長子に親の役目を押し付けなきゃ生活が回らないのに家族計画どうなってんの?と思ってしまって…。それなのにいつも太陽のように輝いているえれな先輩に憧れました。私が中高生だったらファンクラブ作って「ぬけがけはなしだからね!」とかやってた。
キャラデザだけならオヨルン(この呼び方考えた人天才)がぶっちぎりで好き。なんかひとりだけかわいすぎない?ずるくない?と思ったくらい。緑って戦隊モノでも脇役ポジだったり最悪ラインナップされなかったり、色としても人気色ではないと思うんだけど、ミントグリーンを基調にするとこんなにかわいくなるのかと!ミルキーきっかけで緑が好きになった子もいるはず!スターとミルキーの片脚タイツもタッグ感あって好き!
敵チームも個性的なメンツが揃ってたな~。カッバードはイケメンなところも含めてバラモン兄弟すぎて平常心で見れるようになるまでだいぶかかった。
テンジョウは赤い肌に黄色いルージュがオシャレ。コマちゃんたちへの想いが泣かせる!コマちゃんたちといえば、覆面外れた場面で戦闘員にも「中の人」がいるという事実にショックを受けた私。今後プリキュアでもスーパー戦隊でもそういう目で見てしまいそう。
笑い方が癪に障りすぎてはよ退場しろと思ってたアイワーンが闇墜ちの反対…プリキュア用語だと光堕ちっていうの?するとはねー。エピローグでめっちゃでっかくなってて人間とは種が違うことを思い知る。ベリーショートも似合っててカッコイイ!
スタープリンセスは憎悪の対象だけどやっぱ12星座モチーフは楽しい!とくに今回は12星座と思わせての13星座ってのがね。へびつかい座の存在も13星座占いで彗星のごとく登場してあっという間に廃れた不遇さに重なる。まあーさそり座はろくすっぽ出番なくてしょんぼりでしたけど。カラーリング似てるからソレイユのエースになれると思ったんだけどなー。

今作の開始当初に話題になったのが主役を声優ではなくアイドルが演じるということ。私も「アドルがねえ…」という先入観もあったし個性的な声にウッと思ったタチですが、すぐに慣れました。終わるころにはすっかり愛着が。
追加戦士を演じた上坂すみれは「タモリ倶楽部」の出演で知ってソ連国歌をそらんじ「好きな書記長はー」などと語り始める聡明さにすっかりファン(※オバチャンが軽率に言う程度のものだと思ってください)になってしまってたので、本職に触れられてよかったです。
あとプルンスの中の人がイケオジなのにはびっくりしました。

オタクなので「今日の絵はきれい」とか「顔が長い」とか「変顔面白い」とか思いながら見てるんですけど、セレーネのイマジネーション回の作画がまるでドラゴンボールでめちゃくちゃアツかった!そしてラストバトルは猛烈すぎて劇場版かと思いましたよまじで。だから最終回の通常運転なバトルにかえって和まされたり。
アニメを見る習慣がなくても2シーズンくらい見るとそれなりにわかってくるものですね。やたらきれいなときはキャラデの人が原画に入ってたり作画監督してたり。一人原画の青山充さんもわかるようになりました。そのうちキャラデが誰とかわかり始めるんだろうか…。今はまだ「次のプリキュアはまた川村敏江さん?」と思ったら違う人だったりしてますが。
90年代初頭のポップ感にあふれるオープニングと80年代の未来感にあふれるエンディングの映像も素晴らしかったです。ぶっ刺さりすぎて失血死するかと。とくに前期OPの冒頭の「いま・いま・いま・イマジネーイーショーン」の後ズームアウト&パンで出てくるネオンサイン!インナーチャイルドが大泣きです。

前作見終わったときは「次シーズンはあまり乗り気じゃないなー」なんて思ってたけど本当に見てよかったです!次シーズンはすっかり乗り気です!
ところで次シーズン略称は「ヒープリ」?「ヒグプリ」?「ヒリプリ」?「ヒップリ?」
未分類 | CM(0) | TB(-) 2020.01.31(Fri) 22:23

恐怖は無意味

最近見た映画など。

・快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film
パトレンジャーが来日した名探偵の警護を任される話。
終了から1年も経ってないのにすでに懐かしい~「ルパンブルー」とか真似しちゃう~。ゴーシュのキャラデは何度見ても意味不明すぎて性的嗜好歪む。テレビ放映は録画して倍速再生で見てたからダイヤル回すSEとかこんなに遅かったんだ…と思ってしまった。
名探偵がココリコ田中なので出てくるたびに「田中(笑)」となって集中できない!化けの皮はがれてからの方が落ち着いて見れる。声優の仕事が案外うまくてびっくり。(キュウレンジャーのロンブー亮はひどかったから…)そういえば田中は「ファイナル・デッド・サーキット」の主人公の吹き替えも担当してたなあという思い出。
テレビ版の1エピソードでもなじみそうな程度の話だけど、ビル街のチェイスシーンは興奮した!
ジャックポットストライカーって最終回あたりで本編にも出てきたよね?グッディが人参ならジャックは大根?

・劇場版美少女戦士セーラームーンR
かつて交流のあった宇宙人にさらわれた衛をセーラー戦士が助けに行く話。
セーラームーンはギリギリ世代じゃないけどオタクなのでなんとなくどれが誰かはわかる。
予習で無印の第1話だけ見てからこれ見たからしょっぱなからうさぎとまもちゃんのラブラブっぷりに面食らった。
評判通りの名作。倒すべき敵の抱える孤独にセーラー戦士各々が自らの孤独を重ねる回想シーンが切ない。
技名を叫ぶバトルシーンがいちいちかっこいいし、うさぎが命を賭すスケールの大きさも映画ならではでよかった。

・メタノール
2012年にチェコで実際に起きた死者を含む多数の被害者を出した密造酒事件の話。
映画じゃなくて1話1時間半全2話のドラマ。字幕が見づらいー。
中国の粉ミルクメラミン混入事件思い出した。結局動機は「金儲け」なわけで、自業自得とはいえ意図せず大量殺人鬼となってしまった心情を想像すると気が狂いそう。
人死にもおかまいなしになお密造酒を売ろうとする輩に比べたら証拠隠滅だとしてもすぐに下水に流した原料業者はまだマシだと思ってたのに最後の最後でこいつが一番のドクズじゃん。「メモ帳を見せるから終身刑はやめてくれ。検察が求刑しなければいいだけだろ」って…。でも全貌のわかる証拠品と秤にかけたら呑まざるを得ないよなあ。
居酒屋から未開封と思しき酒瓶が出てくるラストカットが不穏すぎ。現実にありえると想像に難くない。

・26世紀青年
コールドスリープの実験で1年後に目覚める予定が不測の事態で500年後に目覚めたら人類の知能指数が劇的に下がっていた話。
バカの子だくさんは世界共通なの?知能指数が下がってる割には医療技術とか発達してる謎。清涼飲料の陰謀といい、知能指数の高い人が絶滅してるとは思えないのだが…。
主人公は平凡な男性という設定だけど周りが全員バカなのに世界を変えたなんて非凡でしょ。雪崩が起きるほどのゴミや壊れかけの原子炉をどうにかしてくれとか言われてもどうにもできないよ。
主人公に画家だと思われていることを訂正できないヒロインがエピローグで描いた拙い肖像画に和んでしまった。だからエンドロール後の不穏なオマケは要りません!

・ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷
無計画な増築が昼夜問わず続けられる巨大な屋敷の女主人が筆頭株主にふさわしいか鑑定を頼まれた精神科医が屋敷に赴く話。
奇妙な屋敷の探検を期待するとそうでもないけど予想外にアクション要素強くて楽しめた。オカルトとしてもしっかり怖いのに、屋敷の奇妙なつくりのせいでおばけかと思ったら人間でしたーな場面がちょこちょこあって笑う。
どこまで実話ベースかわからないけど「自社の銃で命を落とした人のための部屋」を作ってるという理由に納得してしまった。
呪いは女主人の妄想としか思えないし、身内に大切にされ建築に携わる人からは継続的な雇用を感謝され…となると屋敷が巨大化してしまったのは女主人が「金払いのいい善人」だったせいなのでは。誰も止められなかったというか止めようとしなかったのかと。
映画 | CM(0) | TB(-) 2020.01.22(Wed) 22:45

7000回転

映画「フォードvsフェラーリ」見てきました!
フェラーリは知ってるけどフォードは知らん!ってくらい車に疎いので、町工場が大手を見返す話かと思ったらポンコツ大会社(フォード)が優秀な小会社(フェラーリ)を見返す話だった。…いややっぱり町工場(シェルビー・アメリカン)が大手(フォード)を見返す話で合ってない?まあいいや。
ただでさえレース映画は常に死と隣り合わせで気が気じゃないのに終盤の怒涛の展開に感情が大忙しでグッタリ。
デイトナで快勝してル・マンも早々に優勝確定するんだけどそこから「3台同時優勝」のエピソードがあって、チームの一員であることを選んだマイルズの行動にモヤモヤしたものを感じつつも本人の晴れやかな顔を見てこれでいいんだと納得したのに罠だったことがわかって、それでも本人はすぐに前を向いてこれからだとなったところでまさかの事故死…。半年経っても立ち直れないシェルビーよりもマイルズの息子の方がとっくに心の整理がついてるように見えるのが余計に切ない。
本作のヒールはフェラーリではなくフォードの副社長。もう本当に「3台同時優勝の罠」が許せなくて、失脚するくらいの胸スカ展開を期待してしまったほど憎いんだけど、本作によって悪行が全世界に知れ渡ったということで留飲を下す。
車全然わかんないから専門的なエピソードはへーほーふーんだったけど、ド迫力のレースシーンは隣の客のカサカサ音すら聞こえなくなるほど没頭した。人間ドラマも面白かった。信頼関係はあるけれど湿度の低さが心地いい。マイルズとシェルビーの「タイマンはったらダチだぜよ」そのまんまなエピソードは笑う。マイルズは志半ばで亡くなってしまったけど、最高の家族と仲間に恵まれて幸せな人生だったろうなあ。
「今現在、フォードがル・マンで優勝した最初で最後の米国車である」今作に限って言えば最高のエピローグじゃない?!
映画 | CM(0) | TB(-) 2020.01.16(Thu) 22:54

ミスターKY

矢巾。

みちプロ3年振りの新人・小笠原泰良のデビュー戦。野橋が相手を務めたのは誰とでもきっちり試合を作れるからだと思ってたけど、デビュー戦らしからぬパワーファイトを見せるのに好都合だったのかな。小柄とはいえぶ厚いことも含めて。
ついデスマッチを連想してしまう黄色いショートタイツといい、インパクト抜群でした!体格もいいし、みちプロではなかなか見ないタイプの選手になりそう。

復帰戦の大瀬良は体絞って日焼けしてコスチュームも変えて(野球のユニフォームに見えなくもない)すっかり垢ぬけてしまわれた。
みちプロファンとしては大瀬良を応援せねばと思ってたけどもはやレギュラー同然の花見にすっかり愛着湧いちゃって最後の方はフツーに花見を応援してました。
復帰初戦での勝利は万全な証拠、花見や小笠原とどんどん切磋琢磨してくれ!川村も早くこの輪に加わってくれ!

で、東北Jr戦。MUSASHIの直近の先輩は塁なんだけど、明確な先輩越えを果たさないままチャンピオンになったんだよね。だからMUSASHIにとって塁はいずれ越えなければいけない壁である!…てな具合にMUSASHIが塁を挑戦者に指名した意味を感じ取ってたんだけど、いやまさか越えられないとは!この結果にはかなりピックリした。でも実際試合内容見ても塁のあの独特のペースに呑まれてたかな。とにかくひとつのフェーズが長くて見てる側にも忍耐力が要求されるというね。終盤のたたみかけはさすがだけど、良くも悪くも塁の試合だった。
MUSASHI政権から塁政権への交代は逆行のようにも思うけど、試合後の塁の飾らないあっけらかんとしたマイクにむしろ前進なのかなと。機能していないユニットを終わらせる、簡単なことだったんだ。言い出しっぺが終わらせるのは理に適ってるけど、MUSASHIが終わらせたってよかったんだよ。MUSASHIがもっと能動的だったら違った今になってたかもね。

新春大会で一年を占うわけですが、欠場者続出はどうしようもないとして、デビュー戦に復帰戦、政権交代でストーリーも動いたし、そんな悲観的になることないかと思える大会でした。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2020.01.14(Tue) 22:44

ブリュンヒルデ

(年をまたいで)最近見た映画。

・パディントン2
高価なしかけ絵本を大好きなおばさんの誕生日プレゼントにするために窓拭きにはげむ熊がしかけ絵本を盗んだ犯人として誤認逮捕される話。
パディントンの実在っぷりもすごいけどパディントンがしかけ絵本の世界を歩く場面がすごすぎる。
コケ芸ホント大好き。床屋のシーン最高。一度開いた宝箱が閉じてしまって暗号の音階を忘れて開けられなくなるのもリアルでめちゃくちゃ笑った。
刑務所が舞台で囚人はコワモテ揃いなのにパディントンのせいでどんどんかわいらしくなってしまうのがおかしい。刑務所でも友達いっぱいできてよかったね!
前作以上に大変な目に遭っていてハッピーエンドと信じていても結構つらい場面が多かった。だからまちのみんながパディントンのためにと協力してくれるラストにじーん。おばさんに抱きしめられるパディントンを見てパディントンって子供なの?!と思ったけどおばさんが老熊だから小熊だけど子熊ではないということにしておこう!少年の物語として見ると胸が苦しくなるから!
売れない役者だった真犯人が刑務所でブレイクしたのにもよかったねと思えたのはパディントンの優しさにアテられちゃったかしら。

・崖の上のポニョ
海を臨む崖の上に建つ家に住んでいる男の子が海で変な金魚を拾う話。
人魚姫の世界ではこのテのチャレンジがよく行われていて、アンデルセンは失敗例でこっちは成功例ってことかしら。
魚形態と半漁人形態は止め絵で見るとなかなか不気味だけど動くとかわいい~~~!人間形態は言わずもがな。そして宗介のかわいさよ!なんだかいつもキリッとしてるのがいじらしい。宗介の両親呼び捨て設定はポニョの「お父さんはフジモト!」のセリフのため?
フジモトがヒールっぽく描かれてるけど、元凶はポニョだし、フジモトは娘を連れ戻しに来ただけだし、悪い人なんて誰もいないのよね。
津波の描写にはヒヤリとしたものを感じるけれど、水中の古代生物やらおもちゃのような車やら違和感のある世界観におとぎ話として観ていられるのかな。

・ランボー
帰還兵が警察と鬼ごっこする話。
宇宙大戦争の予習(になるのかは不明)シリーズ。
密林パートめっっちゃくちゃ怖かった。警察視点だとランボーってばジェイソンとかその類じゃん。
自分が蒔いた種でこんなにおおごとになってしまった保安官の気持ちやいかに。最後まで強気だったのは後に引けなくなっちゃったのかな。
物静かなランボーが感情を爆発させる独白は辛かった。アメリカだと帰還兵は尊敬されているイメージがあるから、責める世論の時代があったとは。
これだけドンパチやって爆発させても明確な死者はわずか一名なんだよね。

・コマンドー
元軍人の娘が誘拐されて「娘を返してほしくば悪だくみに協力しろ」と言われたけど協力しないで娘を取り返しに行く話。
宇宙大戦争の予習(になるのかは不明)シリーズ。
スッキリ爽快勧善懲悪!悪者の話は聞かんとばかりに殺していくからノンストレス!ピンチの連続を文字通り力づくで切り抜けていくからそのうち心配もしなくてよくなる。巻き込まれただけのはずが飛行機操縦もドンと来いなヒロインの存在も心強い!
冒頭のラスボス風情で登場した奴は瞬殺されるし、話のスケールが大きくなる前にフラグへし折るし、豪邸周辺でのドンパチにカモフラージュメイクはむしろ目立つんじゃないかとか、ツッコミどころは山ほどあるけどかっこよくて強くて優しい家族想いなシュワちゃんがいればオールオッケー!

・フラッシュ・ゴードン
NFL選手とスチュワーデスがうっかりスペースシャトルに乗り込んでしまい変な科学者とともにたどり着いた惑星で捕虜になる話。
ミン皇帝のキャラデ好きだ~。赤と金のケバケバしい舞台美術もインパクトある。テーマ曲が名曲すぎて劇中で流れると名作かのように錯覚してしまうがそんなことはない。ドリフとかひょうきん族とか80年代のコント番組見てる気分。ほぼセット撮影だから余計に。
コメディセンス合わなくてあまり笑えなかったけどバリンとの決闘シーンはゲーム性があって面白かった!
「テッド」でネタにされてたから見ようと思っててやっと見れたんだけど昔のことすぎてどうネタにされてたかも覚えてないや。フラッシュ・コードンの中の人が出てきたのは覚えてる。いつか見直す。
映画 | CM(0) | TB(-) 2020.01.10(Fri) 00:10

二草粥

あけましておめでとうございます。
東西ネタ合戦の又吉チームが面白すぎて5回くらい見返した正月でした。
今年も元気にやっていきます。
海外ドラマ沼には気を付けます。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2020.01.07(Tue) 23:34
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード