« 2019 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

とうふ、ごまいり、がんもどき

姫神寄席「春風亭一之輔 古今亭文菊 二人会」に行ってきました。
自慢だけど一之輔師匠を二ツ目時代に見ていた私は5年前の独演会にも当然行ったわけですが、半分くらいしか埋まってなかった客席が今回は満員!会場の姫神ホールで毎年開催される姫神寄席では桂歌丸や立川談春といったお茶の間にも知れた人気落語家も出演していて、一之輔師匠は自分のことを「大物を呼んだ翌年に予算調整のために呼ばれる」なんて言ってたけど、とんだご謙遜ですわ。最後列ど真ん中からの眺めは壮観でした。
今回は古今亭文菊師匠との二人会ということで「独演会や二人会といっておきながら一席しかやらないようなことはしない」としっかり二席ずつやってくれました。
文菊師匠、オネエ入っててキャラ強いのにひとたび落語に入るとまるで別人。一席目は心にしみる人情噺「甲府い」、二席目はおなじみ「時そば」、全く違うタイプの演目でいろんな人物を見事に演じ分けていました。少し高めな声もすごく聞きやすかったです。
一之輔師匠は「鈴ヶ森」に「あくび指南」と二席とも勢いのある演目でまさに爆笑の渦。ボヤキっぽい枕も面白いんですよね。文菊師匠いじりは仲が良いからこそ?!
私、落語聞いてるとウトウトしたり、集中力が切れて肝心のオチを聞き逃してしまったり、ちゃんと聞いたところで理解できなかったり…たまーーに行く寄席に楽しめるかしらと不安になったりもするのですが、一度も眠くならなかったしオチも理解できた!今回で自信を取り戻しました!もうちょっと気軽に行ってみようっと。
舞台 | CM(0) | TB(-) 2019.11.26(Tue) 00:35
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード