« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

マルチーズ

映画「工作 黒金星と呼ばれた男」見てきました。
初めて映画館で韓国映画見たからDVDでよく見るロゴが大画面で見れてちょっと嬉しい。

工作員になるために自分の生活を変えなければならず、なんなら人となりから変えなければならない。「仕事だから」では割切れない、ものすごい意志の強さ。見てるこっちも人当たりのよい主人公がどこまで素なのかわからない。ファン・ジョンミンは「新しき世界」や「ベテラン」の頼れる兄貴のイメージが強いから、今回のような柔和な印象の役は新鮮。
もう一人の主人公ともいえる北朝鮮の室長は話が進むにつれ祖国を憂う人間味溢れる人物だとわかりどんどん惹かれていった。
ロケ地の視察に向かうシーン、ニュース映像で見るような整理整頓された街並みとは違う地獄のような光景に頭が追い付かない。課長はヒールとして描かれていたけれど、強制収容所に連行される姿は見たくなかった。
韓国と北朝鮮それぞれの思惑は難しくて理解しきれなかったけど、仕事相手としての信頼を超えた友情に胸を打たれたし、まさかまさかのハッピーエンドにホロリときた。

在日韓国人のキヨハラさんの喋る日本語にひとつも違和感が無くてスゲー!と思ったら役者が実際に在日韓国人だそうで。韓国映画って日本語喋る日本人役がよく出てくるわりにもれなくイントネーションおかしいからまともに喋れる人が出てきてかえってビックリですわ。
映画 | CM(0) | TB(-) 2019.10.29(Tue) 19:59
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード