« 2019 . 08 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ホーミー

最近見た映画

・呪怨(オリジナルビデオ版)
学校に来ない生徒の親とも連絡がつかないので家を尋ねたら生徒はいたけど傷だらけで…という話。
怖くて見れないでいた劇場版がいざ見てみたら「こんなモンか」という感じだったのであまり期待してなかったけど、こっちはちゃんと怖かったし話も面白かった!現在過去未来が70分でしっかり描かれていて感心した。劇場版を見た後に「伽椰子とは何者なのか?」を調べていたことを大後悔。知らないまま見たかった。
ネタバレ状態で見たけど、愛しの小林クンマル秘ストーカー日記は気持ち悪かったし、××が入ってると思われる袋をブン回してそこらじゅうに叩きつける剛雄の姿は恐ろしかった。
ところで村上家の玄関の壁に貼ってある絵?あれ何?わざわざ飾るには拙すぎるし子どもが描いたようにも見えないし額に入れずにそのままペタッと貼ってるだけなのもかえって気になる。

・呪怨2(オリジナルビデオ版)
前作のおさらいと補足と続き。75分あるけど頭の30分はほぼほぼ再放送なので45分で見れる。
あのときなにが起きていたのか?!あの人たちはその後どうなってしまったのか?!というのが知れたのは良かったけど、もう慣れたのか、伽椰子と俊雄があまり怖くない。俊雄にいたってはもはやマスコットキャラクター的位置づけなので、出てきても「わー俊雄くんだー」という感じ。ラストの増殖伽椰子大集合にも笑ってしまった。
鈴木父子の新居が小林夫妻の部屋だったってのにはゾッとした。この部屋の呪いは伽椰子のものではなくて小林妻のものだよね?鈴木妹に憑りついてたのもあきらかに小林妻だし。あーでも鈴木家の実家に俊雄が出張してたから関係なくはないのかな?剛雄に殺された者同士意気投合したのかしら。
「俊雄の本当の父親は誰か?」が解明されなかったのは残念。ストーカー日記で酔いつぶれた小林をアパートに送り届けたときに無理矢理関係を持ったことを匂わせてるんだよね。伽椰子28歳で俊雄7~8歳だからそのときにできたとしてもおかしくない。ここらへんはっきりしてくれないと、伽椰子は誤解で殺されたかわいそうな人なのかマジモンのヤベエ奴なのかわからないじゃない!
観客に丸投げしないである程度答えを明示しつつ考察もできて面白い。こりゃハマるわ。順番通りビデオ版から見たかった。

・マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー
前作の前日談と後日談。
若い頃のダイナモスがみんなソックリ!ターニャがナチュラルに年を重ねててロージーが全然変わってないってのも説得力ある。
前日談も後日談も山あり谷ありなんたけど、交互に進むから暗い気持ちが持続しないまま見れてよかった。
「私はすぐ寝るような女じゃないのよ。最近はそうでもないけど」に笑った。これが「三人のパパ」の原因か!
ソフィがスカイに妊娠を伝えたときの「ママには誰もいなかったけど私には夫と三人のパパがいる」という言葉に感動。そしてドナのたくましさを思い知った。
キャストが一堂に会したまるで舞台のフィナーレのようなエンドクレジットも最高!

・チワワは見ていた ポルノ女優と未亡人の秘密
ポルノ女優がおばあさんにつきまとう話。ひどい邦題だけど原題だったら多分見てない。
同居人が金見つけたときは金もろともトンズラすると思ってたからむしろなんで?!って。主人公にブチまけたとおりのことを本当に期待していたのだとしたらピュアすぎない?君らの間にそんな信頼関係があるように思えないのだが?
主人公の行動の理由って同居人がおばあさんにチクった通りなんだよねきっと。お金を返さなかったせめてもの罪ほろぼし。でも結局「返さなくてもいいか」と「返してもらわなくてもいいか」で問題なかったと。当事者がいいならそれでいい。他人がどうこう言うことじゃない。
おばあさんが主人公にお墓への献花を頼んだのは心を開いた証拠かしら。おばあさんの「片付けられない」理由がわかるのも切ない。

・ムーミン谷とウィンターワンダーランド
ムーミン一家が冬眠に入る頃、まわりはなにやら「クリスマス」を迎えると騒がしく…という話。
暗鬱とした雰囲気が漂っていて不気味なキャラクターが哲学的な会話を繰り広げる、ムーミンの原作を読んだことのない私が抱いていた勝手なイメージそのもの。前に見た「南の海で楽しいバカンス」とはまたずいぶん印象が違う。ムーミン一家のおとぼけっぷりは共通だけど。ママが「クリスマス」を危険生物扱いしてるの笑う。
アニメでも人形でもないキャラクターの造形が独特で、スナフキンやミイなんかまるで別人。ミイが全然かわいくなくてね…自己中心的な行動が許せるのはあの見た目あってこそ!
ひとり完全に浮いているヘムレンさんがいいキャラ。メソメソの救出にさっそうと現れた姿はまさにヒーロー!今となってはあの傲慢さすら魅力に思える。
すれ違いコントもいいトコなんだけど、「クリスマス」に向かって収束していくのが心地よかった。
映画 | CM(0) | TB(-) 2019.08.01(Thu) 00:43
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード