« 2019 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

マデレーネ

最近見た映画。

・青空エール
甲子園での応援を夢見て強豪吹奏楽部に入部した女子高生の話。
これこそ私が見たかった「さわやかな青春部活恋愛モノ」ですよ!恋愛はそこそこにして部活にウエイト置いてるのもポイント高い。
でも主人公がダメだあ~。「才能のない努力家」という描きたい像はわかるけどなんでこんなにイラつくの。好きな人へのプレゼントを恋敵に託すなんて残酷すぎる。恋敵の気持ちに気付いてないんだろうけど、その鈍感さが嫌。まわりの人がどうにかしてくれるスカッとジャパンなくだりに余計イライラ。
スネた先輩の家にみんなが押し掛けるシーン、先輩の立場になるとウザいことこの上ないんだけど、お母さんの立場になると、私の娘を思ってくれるお友達がこんなにたくさんいるなんて!と泣けてしょうがない。
ラストのキスシーンは身長差がすごすぎて笑ってしまった。美しくない。

・グランド・ブダペスト・ホテル
作家が訪れた閑古鳥の鳴くホテルで出会ったオーナーの昔語り。
左右対称にこだわった平面的なカメラワークが絵本のよう。どのシーンを切り取りっても絵になる。アクションシーンなんか横スクロールゲームだわ。
人死にが出るサスペンスなのに漂うのんきな空気感。いつも一緒なコンシェルジュとロビーボーイのデコボコな並びもかわいい。「代われ」の天丼が最高でいろんなパターンでもっと見たかった。
本題はハッピーエンドだけど後日談が悲しい。でもエンドロールのコサックダンスのアニメーションにニッコリ。

・クワイエット・プレイス
音に反応して襲ってくる盲目の宇宙人が跋扈する地球で暮らす家族の話。
悲鳴も音でビビらすのもそうそう使えないという縛りは面白いけど、ツッコミ待ちとしか思えないかなり無理のある設定。物音を立てずに生活するなんて絶対無理。とくに水を扱う炊事・洗濯・風呂・トイレはどうするの。
父親と長女の関係が辛かった。長女本人が感じているのはもちろん、あんな幼い長男にまで「お姉ちゃんのことが嫌いなの?」と言われるなんて、口では否定しても態度に出てるってことでしょ?命とひきかえに子供たちを助けることで長女を本当に愛しているという思いを示したんだろうけど、あれじゃあ長女の気持ちのやり場がないよ。平凡に、和解して抱き合う姿が見たかった。
ひたすら宇宙人におびえるだけだった母と娘が方法を見つけて戦いを決意するラストカットがかっこよかった!殲滅シーンも見せてほしかった~!

・俺たちは天使じゃない
死刑囚の脱走劇に巻き込まれた二人組が著名な神父と勘違いされて修道院のお世話になる話。
ロバート・デ・ニーロの顔芸爆発。無表情なショーン・ペンとの対比がおかしい。
二人にあこがれて付きまとってくる見習い修道士がカワイイ。純朴で「俺たちステップ・ブラザース」のヤバイ四十路オヤジと同じ人とは思えない。
たまたまコンビで動かざるをえなかっただけで、それぞれの道を行くことにしたのも必然か。修道院に残ったショーン・ペンは素質があったんだろうな。
ロバート・デ・ニーロはどうしようもない奴だと思ってたけど、人生に絶望していたシングルマザーを救ったのには見直した!

・ゆれる人魚
人魚の姉妹がナイトクラブのお世話になる話。
なんで下半身がウツボなんだ…。
あれだけ自由に行動できるのならわざわざ手術しなくても…と思うけど、人間の姿では愛し合うことができず本来の姿では受け入れてもらえないという設定になるほどなと。声を失っても手術する理由に十分なりえる。
アンデルセンの人魚姫を読んで子供ながらに「なんで王子を殺さなかったんだ!」と思った人いるよね。「殺せば助ったのに!」じゃなくて「そんなクズ殺してしまえ!」という思いで。作り手もそうだとしたら妹に思いを託したのかな。アンデルセンの人魚姫の王子の末路もそうだったりして。空気の精になった人魚姫の知らぬところで愛しい妹を失った姉たちは王子を…なんてね。
冒頭の「I FEEL LOVE」にロマンポルシェ。がカバーした曲だ~とか思ってたら、長い髪をオールバックにしてドギツイアイメイクを施した姉妹がダンスミュージックで歌い踊るというロマンポルシェ。のMVと見紛うような場面が出てきて興奮した。
映画 | CM(0) | TB(-) 2019.07.23(Tue) 23:16

美しい猫の親子

少女漫画の適齢期にヤンキー漫画とホラー漫画ばっかり読んでたせいか少女漫画が読めない人間になってしまったんですけど、レディコミは人並みに読めます。
そんな私も読んでいるレディコミの皮をかぶったホラー漫画「凪のお暇」の実写ドラマが始まりましたが、キャスティングが受け入れられなさすぎるので見ません。
凪は役者がそもそも苦手なので置いとくとして、慎二が高橋一生ってもう何度も何度も何度も書くけど設定が崩れるような改変はやめろ!上司や取引先にかわいがられる期待のエースのはずが高橋一生の年齢だと課長じゃん。アラフォーが20代の彼女にモラハラかましまくって逃げられたけどあきらめきれなくてつきまとうって原作よりホラーだぞ。
ゴンはビジュアルを原作に合わせてくれー。「見るからに普通に生活してたら接点なさそうな浮世離れした人物」にこわそうだけど大丈夫かなとハラハラしたり仲良くなることに憧れを抱いたりするんですよ読者は!TLの若頭モノと一緒ですよ!あんなギターロックバンドのメンバーみたいな見た目じゃあ夢見れない~。ゴンといえば…テクニックに魅了されて昼夜問わず盛りまくるという恐怖のエピソードをどの程度やわらかく表現するかが見ものだな!見ないけど。
原作未完だけどどこまでやるのかな?円も出てくるってことは少なくとも最新刊まではやるんだよね。未完作品の実写化は着地が気になる。
はあ。ブログのカテゴリに「実写化のキャスティングへの文句」でも作ろうかしら。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2019.07.22(Mon) 23:43

let it go

映画「トイ・ストーリー4」の話もうちょっと続ける。

ギャビーがウッディからボイスボックスを奪わずとも幸せになる展開ではダメだったのだろうか?
幸せになれないのはボイスボックスが壊れているせいだからだと思い込んでいるギャビーがウッディからボイスボックスを奪って完全体になったところで焦がれ続けていたあの子にあっさり「いらない」と言われることでボイスボックスがすべてじゃなかったということを思い知らせるためにウッディからボイスボックスを奪うフェーズが必要なのはわかるとして、絶望したギャビーがウッディにボイスボックスを返すと申し出たときにウッディに断らせないで、結局元に戻った状態であとは映画の通り拾われる展開に持って行って、ありのままでも受け入れてくれる子がいた!てことにはいかなかったのだろうか?!…そんな子がいるなんてのは大人の身勝手な願望かしら?
そもそも落し物を勝手に持っていくのも親が「よかったわね~」てなるのもまじかって感じだったので、壊れてるんなら多少はね?とも思えるし。
いやしかしこのボイスボックスを巡るエピソードはどう受け止めればいいんだろう?私が上で書いたのなんて凡庸な「ありのまま」エピソードだし。美容整形の是非を問うてるのか?ありのままでなくてもいいじゃない!って。
映画 | CM(0) | TB(-) 2019.07.21(Sun) 00:23

ゴミ?

映画「トイ・ストーリー4」見てきました!
3は予告で泣き本編でも開始5分で泣いたけど、4は予告では泣かなかったしオープニングもそんな泣く感じじゃないから大丈夫と思ってたのに!「子供がおもちゃで遊ぶシーンのスロー再生」は無条件で泣くのでやめてください!「謎の恐竜ワールドで」も同じようなシーンで泣いたんだよ!

以下、ネタバレ感想。

続きを読む
映画 | CM(0) | TB(-) 2019.07.18(Thu) 00:21

難しい関係

矢巾。

待ちに待ったMUSASHI対郡司の東北Jr戦!対峙した二人の体の厚みがそのままそれぞれが過ごしてきた時間の密度のように目に映ってしまったけれど、新人時代、このまま時間切れ引き分けに持ち込んでしまうんじゃないかと何度も思わされた。そんなしつこくてしぶとい郡司が見れて大満足ですよ!奥の手も何もなく、終盤になるとロックボトムしか出てこないような引き出しの少なさからも必死さが伝わってきて会場はすっかり郡司の味方。私も自然と郡司コールに参加してた。
リング上では圧倒的な力の差を見せつつも、場外ではパイプ椅子の山に叩きつけられるMUSASHIのハードな受けっぷりも素晴らしかった。
どうこねくりまわしても褒め言葉にならないんだけど、やっぱり郡司の魅力は不器用さからくる必死さなんだよなあ。やさぐれキャラ面白いからベビーターンしろとは思わないけど、うまく生かせないものかしら?しっかし…日雇い労働者みたいな新コスチュームハマりすぎでなんかヤダ。小道具が安い缶チューハイってのがまた悲壮感マシマシで。

試合後に登場したハヤトはMUSASHIだけならずお客さんも含めてみちプロに関わる人全てにガッツリ喝を入れていきました。身内に甘いのも相変わらず。思ってたよりも全然元気そうな姿が見れたし、今の思いをハヤトの口から直接聞けたのはよかったけど…いろいろと考えてしまうなあ。
びっくりしたのが「団体への意見をどんどんSNSで発信してくれ」という発言。団体側の人間からそういう言葉が出てくるなんて。団体から距離を置かざるおえない立場だからこそ出てきた言葉なのかな。でもさーハヤトが欲しがってる「意見」ってホスピタリティに関することじゃなくてリングに関することでしょ?ムーの太陽解散しろとかムーの太陽崩壊しろとかムーの太陽消滅しろとか。個人のアカウントで書き散らすのは勝手だけど、団体に届けと思いながら書くのは違くない?まして送り付けるなんてありえなくない?まさに「素人は黙っとれ」だわ。第一ホントに意見を汲まれたら困惑するって!
ともあれ団体側の人間が危機を感じていたということを知れて少しホッとした。余計に不安を煽られたような気がしないでもないけどな!!!ハヤトの喝を受けて団体がいい方向に動くといいな。
プロレス | CM(2) | TB(-) 2019.07.17(Wed) 01:00

スズキとボタン

ドラマ「Heaven?」見ました。
原作は手の届くところに置いてあるけどここ数年読み返してないのでいい具合に忘れてうるさい原作ファンにならずに見れるかなあと思ったんだけど、結局第1話に相当する部分を読んでしまったのでうるさい原作ファンの感想です。

伊賀くんの第一印象はややコワモテ?と思ったけど、見てるうちに伊賀くんに見えてきた。
かわいすぎやしないかい?と思った石原さとみもいざ見てみると黒須オーナーにピッタリじゃないっすか。原作にならって登場するたびに髪型変えてほしい。
山縣さんは原作よりも飄々とした感じで二面性も(まだ)薄いけど中の人が好きなのでこれはこれでいいと思ってしまう。
小澤シェフは薄幸そうで不遇そうで苦労してそうな感じがよくハマってる。弟子二人は体格差があってわかりやすい。
堤さんはまだあんまり印象ないけど、原作よりもあきらかに年齢高い設定はどう影響するか?
と、どのキャラも予想外にいい感じなのですが、川合くんが全っっっっ然ダメ!川合くんこんなにウザくない!てかしゃべりすぎ!口ごたえばっかりじゃん!川合くんはアホの子だけど素直ないい子なんだよ!原作のカラーに合わないギャグもやらされてるし、出てくるたびに「うるさいだまれ」なんて思いたくないよどうにかして!いやまあ原作通りにするとまじでセリフ無いから気持ちはわかるんだ。でも川合くん回だってあるんだしさーキャラ変してまで無理にしゃべらせるこたないじゃんかー。そもそも川合くんなんて立ってるだけで面白いんだよ!ホントどうにかして!

原作モノだから違和感は当然あるけど、心の声ならぬ心の顔を用意したり、佐々木倫子作品の特徴であるレタリング文字を思わせる効果を使ってみたり、原作に寄せようとする工夫が感じられるのは好印象。心の顔で毒づいた後にそっくりそのまま口に出すギャグは笑った。サンシャイン池崎の葬儀が執り行われていたのはなんだったんだ?
少なくとも第1話はほぼほぼ原作通だったし、オリキャラ出して余計な恋愛要素を加えるなんてこともなさそうなので引き続き見ます。




…以下、重大なネタバレ。




私「第1話の1ページ目の老紳士が伊賀くんだということが最終話で判明する」とずーーっと思ってて、実際に最終話を読んだ当時に「そうだったのか!」となったんだけど、今回読み返してみたら1話で「その頃私は」って書いてあるのね。ちなみにドラマではこの部分「その頃青年は」に変わってた。クレジットも「謎の紳士」だし。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2019.07.13(Sat) 01:17

七夕イブ

田村ゆかり。

ゆかりんのコンサートを最上階の最前列で見るという夢が叶いました。
眼下に広がるピンクの光の海はこの世のものとは思えないくらい美しかった。
曲に合わせてふわりと浮き上がりゆっくりと沈む、王国民が降るペンライトの統率された動きはもはや舞台装置。
歌と踊りでピンクの光を操るゆかりんに神々しさすら感じました。

4年振りのゆかりんはますますパワーアップ!近作以外からも初めて聴く曲もあり、定番曲なんてないんだなと、キャリアの長さとともに過去だけに頼らないバリバリの現役であることを再認識。
2016年に彼女を取り巻く環境が変わったときにもう精力的なステージ活動はしないんじゃないかと思った。だからこうしてまたゆかりんが笑顔でステージに立つ姿を観れたことが本当に嬉しい。彼女は間違いなく板の上の人です。

ゆかりんの地方公演に対する思いが聞けたのもよかった。地方公演とはいえ地方まで見に来てくれるファンが頼りだが、近場でないと見れない人もいると。「こう言うと地元民以外はどうでもいいのかとか思われるし、極端なんだよー」という言葉に気遣いと気苦労を感じつつ、遠征民・地元民にかかわらず想ってくれているゆかりんの気持ち、しっかり受け取りました!

しかし「にえ」にはびっくりした…。仕込みかと思ったらガチの王国民だったのね。2,000人の王国民を前に大好きなゆかりんにあんなことされたら生きて帰れる自信がない。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2019.07.11(Thu) 23:52

パラピリポ

最近見た(ゴジラ以外の)映画。

・ファイティン!
LAでクラブのセキュリティの仕事してる男がアームレスリングで一儲けを企む弟分に韓国に呼び戻される話。
パッケージ見て武闘派刑事ものかと思ったら全然違った。主人公の朴訥としたキャラもいいけど、とにかく姪っ子ちゃんがかわいすぎてメロメロ~。天使みたいな姪っ子ちゃんと筋肉ダルマみたいな主人公との並びは相乗効果でかわいい以外の何物でもない。
先が読めるほど単純なストーリーだけど、かえってモヤモヤもなく気持ちよく見れた。ラストバトルのみんなとのふれあいを回想して力に変えたシーンで泣いてしまった。
妹だと思っていた人が妹じゃないってんなら家族になっちゃえよ!と思ったけど、はっきり描かなかったのも良かったかな。夫婦でも、血のつながりに関係なく同じ「母」を持つ兄妹でも、家族には変わりない。
孤独だった主人公が家族を手に入れる物語である一方で、弟分が最後の最後にようやく金の呪縛から解き放たれるという物語でもあるんだよね。いい話でした。
ところでヒロインが誰かにソックリなんだけど思い出せない。たぶん男。

・一礼して、キス
弓道部の女生徒が最後の大会を前に引退を考えていたところを後輩に強引に引き留められる話。
スーパー戦隊のパトレン1号の中の人目当てで見たんだけど、タイトルから想像していたさわやかな青春部活恋愛モノとあまりにも違いすぎてゲンナリ。タイトルがラストシーンなのは間違いないんだけど、それまでに何度もキスしてるからときめきもなんもない。さすがにディープキスまで見せられるとは思わなかった。
オドオドした態度がハナにつく襲われ体質な先輩も大概だけど、本人に面と向かって「先輩のこといつもエロい目で見てました」などとぬかす背中フェチでモラハラ臭のする後輩がヤバすぎてだんだん世にも奇妙な物語を見てるような気がしてきた。いいシーンで使われているBGMがエクソシストのテーマ曲に似ているせいでホラー感マシマシ。
後輩が先輩に惹かれた理由は作中で語られてたけど、先輩が後輩を好きになった理由が一切不明。前段がないんだから同じように先輩にも語らせてよ!
後から原作がベツコミ作品と知っていろいろと腑に落ちた。

・俺たちステップ・ブラザース-義兄弟-
片親同士の結婚により両親とともに義理の兄弟としてひとつ屋根の下で暮らすことになった四十路で独立してない無職の男ふたりの話。
よくあるテーマも「四十路で独立してない無職の男」という要素が加わっただけでものすごい設定になるのね…ありえなくもないのがコワイ~。
おっさん同士で子供みたいにケンカしたりはしゃいだりしてる姿に笑いっぱなしだったけど、笑える身か?!と気づいて血の気が引いた。
この映画のすごいところは誰も不幸にならないところ。ヒールである弟すら不幸にならない。父親の「将来の夢は恐竜で17歳まで恐竜になりきって近所の猫を追い掛け回してた」という衝撃の告白や実の兄弟同士のハグにならないハグには大笑いしつつもしんみり。結局最後まで大人にはなりきれてないのがまたいいんだ。あー面白かった!

・トイ・ストーリー・オブ・テラー!
ボニーとの旅行の途中で車がパンクして急きょ田舎のモーテルに泊まることになった話。
新作公開に向けて予習。トイ・ストーリーで大真面目にホラー映画やっててとても楽しい。ホラー映画なシチュエーションにウッキウキのプリックルパンツがウザくて笑える。いやでもホントに「モーテル」まんまで支配人までソックリなんだ。
あえてのホラー映画あるあるなんだけど、次々と姿を消す仲間たちの真相はおもちゃならでは。人身売買を思わせてゾッとする。勇気でトラウマを克服して仲間を助け出すのもまたキッズ映画あるあるだけど、二つを合わせるとちがった味わいになるのね。
同時収録の短編も面白かった。とくに「ニセものバズがやって来た」が傑作。捨てられたおもちゃたちがホントにこんなの誰が喜ぶんだってのばっかりで。

・トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド
ボニーの友達の家に連れて行ってもらったウッディたち、そこは一度も遊んでもらったことのないおもちゃたちであふれかえっていた…という話。
引き続き新作公開に向けて予習。ボニーの友達どんだけ金持ちなんだ。あんな大量のおもちゃを開封して並べたきり放置だなんて!
おもちゃをほったらかしにしてゲームに夢中になるボニーを見ても冷静なウッディたちはさすが経験者ってところか。うーん切ない!おもちゃにとって理想の持ち主であるボニーのゲームに夢中になる姿はさみしいけど成長も感じた。そしてゲームに夢中だったボニーの友達がおもちゃではしゃぐ姿に子どもらしさを感じてほっとした。
おもちゃは遊んでもらって初めて自分が何者かを知ると。そういえばバズもそうだったもんなあ。ボニーたちが帰った後のラスボスの夢見心地な様子はおもちゃの本能だよね。
映画 | CM(0) | TB(-) 2019.07.08(Mon) 00:46

バャリース

最近見た(ゴジラ)映画。

・地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン
平和をうたう子供のためのテーマパーク建設の裏には恐ろしい計画が隠れていた!という話。
ゴジラとアンギラスのフキダシによる会話はなにごとだ。
ガイガン(機械仕掛けっぽい)とキングギドラによる街の破壊シーンが長くてよかったあー。使い回しの場面もあったけど。キングギドラとガイガンが並んで火の海を悠然と歩くシーンが猛烈にかっこいい!
炎上しまくり爆発しまくりのコンビナートでの怪獣バトルがもう最高。場所を移してからの怪獣バトルはチームプレーもありプロレスのタッグマッチさながら。昭和プロレスのやまかしい実況が聞こえてきそう。
ビデオ鑑賞だとどうってことないけど、Gの腹側のアップは巨大スクリーンでは見たくないぞ。

・ゴジラ対メガロ
地底で暮らす地底人が環境を破壊する地上人を憎んで怪獣メガロを地上に送り込む話。
大量の使い回し映像と意味もなく長い飛行シーンにだんだんとサメ映画を見てるような気分に。カーチェイスが充実してたのはよかった。
シートピアとかいうから海洋生物モチーフを想像してたのにカブトムシモチーフが来た。そして正義のヒーローなのに邪悪な顔したジェットジャガー。
ベビーとヒールのシングルマッチでヒールが乱入してピンチに陥ったところにベビーの仲間が登場して急きょタッグマッチに変更、ベビーの形勢逆転で見事勝利!ってプロレスのテンプレートまんま。ダメ押しは三十二文人間もといゴジラロケット砲!今回のゴジラは完全にエストレージャでした。やけにゴキゲンでいつもよりかわいく見えた。

・ゴジラ対メカゴジラ
仲間であるはずのアンギラスをゴジラがボコボコにする事件が発生、のち二頭のゴジラが同時に出現、うち一頭はゴジラは地球侵略を企む宇宙人が送り込んだメカゴジラだった!という話。
子供向けシリーズは前作で終わったのかな?ようやくメカゴジラまで辿り着いた。メカゴジラが想像以上にメカメカしくてワクワクする~。目からビーム!指ロケット!首回転バリア!プロレスファンだから肉弾戦はもちろん大好きだけど、ビームやらロケットやらの飛び道具主体のバトルも新鮮で楽しい!挟み撃ちをものともしないメカゴジラの強さに絶望したけど最後の物理攻撃でやはり力がモノを言うのだとホッ。雷でエネルギーチャージするゴジラもがかっこよかった~。
ところでキング・シーサー、最後の最後でちょろっとゴジラの役に立ったようなふりしてたけど、べつらいらなくない?アンギラスでもよくない?沖縄を舞台にした以上はそうはいかない?

・メカゴジラの逆襲
学会を追放された科学者が地球侵略を企む宇宙人と手を組んでメカゴジラを復活させる話。
前作のバトルシーンダイジェストでお送りする興奮のオープニングから一転、本編に入るとバトルが始まるまで長い長い。宇宙人に地球侵略を企まれるのはいつものことだけど、命を救われたのだからと自分の意思と関係なく宇宙人に協力させられるヒロインがかわいそうすぎて気が滅入る。自ら命を絶って戦いを終わらせたのはやっと楽になれたねと思ってしまった。
バトルシーンはよかったー!使い回しもなかったし!アオリのアングルは迫力満点、新顔のチタノザウルスも一見地味ながらゴジラを文字通り一蹴するほどのパワーファイター!扇子みたいなしっぽも面白い。そしてメカゴジラの出し惜しみしない全力ファイト。ゴジラがわかりやすくピンチに陥ってたし最後にふさわしい戦いだったと思います!
ところで「きょうりゅう」のイントネーションが気になるし漢字も「恐龍」だし、恐竜って当時はまだポピュラーじゃなかったの?

やっと昭和ゴジラ全部見終わった…。平成ゴジラはマイペースで…もう一気見はしない。
映画 | CM(0) | TB(-) 2019.07.04(Thu) 23:55
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード