« 2019 . 02 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

おはこんばんちは

最近見た映画

・実録・連合赤軍 あさま山荘への道程
1本の映画としては長いけれど、山岳ベース事件~あさま山荘事件を知るには、変化球の「光の雨」と警察視点の「突撃せよ!あさま山荘」の2本を見るよりも、連合赤軍視点のこの1本を見れば事足りる。前段でよど号ハイジャック事件にも触れてるし、終わりには2002年までの連合赤軍に関する事件が年表で紹介されている。
わりかし淡々と描かれているからしつこくならずに長くても飽きずに見れた。知ってる俳優がほとんど出ていないのもリアリティを出すのに一役買ってたかと。とくに永田洋子役、「光の雨」では演者の裕木奈江を知ってたから本人のイメージを覆す演技にばかり目を奪われてしまったけど、こっちだと演者を知らないこともあって「なんでこんな普通の女に?」と思ってしまうあたりがかえって怖かった。
内ゲバの山岳ベース事件はばかみたいとしか思わないんだけど、機動隊との衝突で数百人逮捕だの、ハイジャックだの大使館襲撃だの爆弾テロだの超法規的措置だの、学生運動そのものはスケールがでかすぎて、日本での出来事だということが信じられない。そしてそれに関連する物事が2000年代までなんとなく続いていたということに驚き。平和な時代に生まれてよかったと思う一方で、その時代に生まれたとしてもテレビの中での出来事だったろうなとも思う。

・トゥルーマン・ショー
生まれたときから生活をフルタイムで全世界に放映されている男の話。
前知識なしで見始めたから、なんだこれ?と思いながら見てたら…やたら目につくポスターやら便利グッズやら、あのとき感じた違和感はそういうことだったのね。突如始まるココアの宣伝には笑ってしまった。
知らないのは当事者だけで、舞台設定を用意して反応を見て楽しむ。恋愛リアリティならぬ人生リアリティってことか。たしかにドキュメンタリーよりもリアリティの方が刺激的だもんね。
作中だけでも仕掛け人結構ポカしてるのに、30年間も本人に気付かれないだなんてそんなことありえる?とも思うけど、育てたように育ったのだとすれば行動パターンの見当もつくだろうし、ありえなくもないかと思えるのが怖い。なによりプロデューサーの目論見通り応援したくなる好青年に育っているのが怖い。
主人公が無事に脱出したのはよかったし最後の台詞にも胸が空いたけれど、世界中が感動に包まれているのはカゴの中の鳥を見て面白がってたくせに勝手だなあと思ってしまった。

・パシフィック・リム:アップライジング
あれから10年、世界を救った英雄の息子は堕落した生活を送っていたが、イェーガー自作少女と出会ったことがきっかけでパイロットの教官になる話。
登場人物の多くが前作からの続投なのに刺青だらけの怪獣オタクしか覚えてなかった。しかも乗っ取られているとはいえラスボスになるなんてー。
ま、人間ドラマは置いといて。
スクラッパーちゃんがめっっっっちゃカワイイ!チビとばかにされてたけど大活躍!救世主!最高!カイジュウに乗っ取られたイェーガーもパワードスーツみたいでカッコイイ!
最終決戦は富士山で大暴れ!とはいかなかったけど東京のビル街で暴れ回るのも最高だった。でも目に飛び込んでくる漢字ひらかなカタカナが気になって集中できない~。カイジュウが三身合体したときはイェーガーも合体して超巨大ロボになると思ったんだけどな~次作に期待してます!

・ゲットスマート
優秀な分析官ゆえにエージェントになれない男が犯罪組織を叩くにあたり顔を知られていないからという理由で急きょエージェントに抜擢され整形したばかりの女性エージェントと組んで捜査に乗り出す話。
パケ借りで大当たり。ロック様が出ててトクした気分。いや笑った笑った。やっぱり本人は大まじめってのが一番笑える。主人公が並はずれた努力家ってのも好感が持てる。エージェントとしては初めての任務でいろいろと足りない部分もあるけれど分析官としての経験が生かされる場面があるのがいい。優秀なエージェントが事務方に回されるとコピー機すらまともに使えないってのも職業に貴賤なしというメッセージが伝わってくる。オタクコンビ好きだなー。
整形のエピソードは辛かった。整形させられるってどんな気持ちなんだろう…。「整形前は母親似だったのよ」という台詞が切ない。
男女バディものということでどうせくっつくんだろうなと思いつつも全然くっつく気がしなかったんだけど結局くっついた。

・くまのプーさん(2011年)
100エーカーの森に住む(という設定の)動物(のぬいぐるみ)たちの物語。
キャラクターとしてはもちろん知ってたけど、これを見てプーさんってぬいぐるみだったの?!という状態から鑑賞。
ツッコミ不在全員ボケ。唯一ウサギがツッコミになり得るんだけど、優しいのか我慢強いのか、結局ツッコまないから大惨事。優しさってときに残酷。
プーさんは無自覚のクズ。穴を掘らされたり石を運ばされたり怪物の追跡を任されたり厄介ごとを押し付けられるブタがかわいそうすぎる。でも笑う。
プーさんがハチミツ切れを起こして幻覚を見るシーンは麻薬中毒の禁断症状のソレ。最後ハチミツの壺に飛び込むのもまじかよって。
寝坊するのもボーっとするのも老けるのも靴下に穴が開くのも全部怪物のせいにするのは見習いたい。そのくらい気楽に生きたい。
エンドロール後にみんなが勝手な想像で作り上げたはずの怪物が出てきたのには笑った。しかもスゲーいいヤツ。
吹替と字幕の両方で見たけど「女子供以外は全員おっさん声」なのは本国版に忠実なのね。
映画 | CM(0) | TB(-) 2019.02.26(Tue) 23:45
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード