« 2019 . 01 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「とか」は要らない

最近見た映画など。

・スノークラッシュ
アルペンチームを追い出されたスキーヤーが、友人のスノーボーダーからパートナーの代打を頼まれてエクストリームムービーの撮影に参加する話。
サメ映画みたいなジャケットだけど真っ当なスポーツ映画です。
いやもうあんなの崖じゃん。ところどころ山肌も露出してるし、常に小規模の雪崩に追いかけられてるし、無事に滑りきれる方が奇跡だって。
主人公と友人が仲違いした理由がちょっとわからなかった。主人公への評価に嫉妬したのだと思ってたけど、主人公と妹の恋仲を面白くなく思っていたことが原因のようにも描かれてたし。
撮影ができるのはスポンサーあってのことだから主人公たちの身勝手な行動は褒められたことじゃないけど、追悼滑走は素直に感動した。主人公に協力したガイドもプレイヤーを軽視するスポンサーに思うところがあったんだろうな。
友人への想いを選んだ結果現役復帰の道は閉ざされたけど、新しい道で元気にやっている主人公の姿が見れてよかった。

・レッスン
校内パーティーの入場を断られた生徒が腹いせに校長の車をボコボコにしているところを目撃した男性が、落ちこぼれ生徒が悪いことをしないようにと居残りの名目で放課後閉じ込められていることを知り、社交ダンスのプログラムを提案する話。
生徒が事件に巻き込まれて死ぬことが珍しくない日常が恐ろしい。家族が諦観しているのも切ない。
初手すら見えないところから始まるんたけど、百聞は一見にしかず、あんな情熱的なタンゴ見せられたら憧れちゃうよね。乗り気じゃなかった生徒たちが自ら工夫して楽しむようになるあたりに成長を感じる。
「社交ダンスは男性がリードする」というきまりに対する女生徒の疑問に真摯に答える主人公が素敵。「命令に従う」のではなく「提案を受け入れる」という回答にも納得した。社交ダンス教室の生徒の実力を目の当たりにしてクサる生徒たちに甘い言葉を投げかけずに「研鑽しているんだから当然だ」と諭したのもカッコいい。
なんやかんや言っても課外活動は非行抑止になるんだろうな。逃げ場にもなるし。どうせやるなら夢中になれることを!

・ベイビー・ドライバー
幼少期に両親を失った事故の影響で雑音に聞こえる周囲の音を消すために常にイヤホンで音楽を聴いているものすごく運転のうまい青年が、借金返済のために運転手として強盗チームに参加する話。
音楽とシンクロしたカーアクションと銃撃戦が最高。冒頭のコーヒーを買いに行くシーンの気持ちよさは「マッハ!」ばり。
主人公が名前のとおり赤ちゃんみたいな顔してる。お酒飲める年齢なのかと。こんなルックスで天才ドライバーって魅力的すぎる。チョイ役だけど記憶力抜群のボスの甥っ子(8)も良いキャラ。
借金完済してこれからどうすんべってあたりでちょっとだけ「ザ・ファブル」思い出した。超速ピザ配達とか。
主人公が犯罪に加担してるからには無事では済まないだろうし済んではいけないと思うけど、主人公の不幸な生い立ちと優しい人柄を知るとなんとかならないかとも思ってしまうわけで…終盤の内ゲバ展開からよくぞ幸せな結末に持ってった!ボス死んでないよね?と、続編を期待する気持ちをぐっと抑えて、あのまま平穏無事に暮らしてほしい。

・ナイスガイズ!
力ずくでトラブルを解決する示談屋がとある女性から依頼を受けてストーカーを黙らせに行ったら相手は私立探偵で、こっちはこっちで人探しの依頼を受けて調査をしていた…という話。
お気楽コメディかと思って見始めたら本格的な探偵もので、休み休み見てたら全くついていけなくなって結局ダイジェストで見直しちゃったよ。
アメリアが終盤でサックリ殺されたのにはマジでビビッた。結局、母親が娘を守ろうとしていたのは本当で、殺し屋の雇い主は自動車会社だったの?そんで「姪」はアメリアじゃなくてミスティだったの?見直してもまだついていけてない!
ストーリーは難しかったけど、私立探偵がポンコツすぎて何度も声に出して笑ってしまった。冷静沈着な示談屋との対比もおかしい。
父親はこんなんなのに娘はかなりデキル子。殺し屋にとどめを刺そうとする示談屋に「殺したらもう口きかない!」なんて言える純心さもいい。示談屋もしっかり絆されてるしね。
バディものとは思えないくらい噛み合ってないのに、今後も組んでやっていこうという提案を示談屋はよく受け入れたな!私立探偵になら多少無理させても死なないから?
私立探偵の役者見覚えがあるとは思ってたけど、まさか「ラ・ラ・ランド」の主役だったとは!

・犬神家の一族(2018/フジテレビ)
一年内に石坂浩二主演の映画版を見てたんだけど、いい具合に忘れてた。手形のトリックとか、「ヨキ」のなぞらえとか。
珠世の出生を説明していなかったのが不満。全財産を相続させる理由が「恩人の孫」と「自分の孫」じゃあ納得度が違いすぎる。
金田一さんってこんなにセリフ少なかったっけ?佐清ばかりひとりで喋ってて、金田一さんは走ってる姿しか印象にない。珠世もハルちゃんも存在感薄かった。
それとこのキャスティングだと犯人は松子一択だよねえ。役者の知名度で犯人が分かるなんてテレビドラマあるあるだろうけど。
ドラマの出来は置いといて、犯人がわかったうえで見るのも楽しいな。
映画 | CM(0) | TB(-) 2019.01.10(Thu) 00:02
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード