« 2018 . 12 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

No.1 Customer

最近見た映画。

・ジングル・オール・ザ・ウェイ
仕事にかまけて家庭をおろそかにしていた父親が頼まれていた息子へのクリスマスプレゼントのヒーロー人形を買い忘れていたことをイブ当日に気付いて入手に奔走する話。
たかがおもちゃで爆弾騒ぎとか本当にばからしいんだけど、つい最近ダンゴムシガチャの入手に苦労したばかりなので他人事と思えない。
隣家のシングルファザー、父親と直接対決しないで奥さんにちょっかい出してるのホントにヤなかんじ!一切相手にされなくてザマミロだわ。
父親がターボマンに変身するくだりなんか完全にファンタジーだけど、息子は自慢だろうなあ。「本物がいるから人形はいらないよ」なんてベタすぎるけどやっぱりじーんとくる。
私はこの映画で大事なことを学んだよ。クリスマスプレゼントの準備はお早目に!

・カエル少年失踪殺人事件
地方議員選挙投票日に山へカエル捕りに出かけた小学生5人組が失踪する事件が発生。捜査も行き詰りつつある数年後、中央復帰のためスクープが欲しいテレビマンが、当時の取材VTRから事件について言及する教授の存在を知り、教授とともに事件を追う話。
実在の未解決事件の映画化ということでどこまで描かれるのかと思ってたけど、テレビマンが容疑者と対決するシーンは完全に想像だとしても踏み込みすぎでは。アクションシーンとして機能しているからこそ、自分が遺族だったら複雑な気持ちになりそう。
後半の展開に大学教授の推理を鵜呑みにしていた自分に愕然となった。両親が世間から犯人扱いされていたのが事実だと思うと胸が痛むし、事件の報道を見て同じように両親を犯人扱いする自分も想像できて息苦しい。
ラストシーン、回想シーンだと思って見てたら無念のうちに亡くなった父親が登場して息子と手をつなぐという…楽しそうな少年たちと父親の後ろ姿に泣いた。

・センター・オブ・ジ・アース
地質学者の兄が10年前に「地球の中心に行く」と言って失踪。甥が遊びに来たその日、兄が失踪した日と同じ条件で地震が発生していることに気付き、甥と一緒に「地球の中心」を目指す話。
16bit機の横スクロールアクションで脳内再生できるぞと思ったらディズニーランドのアトラクションの映画化なんだーへー。
ガイドができるコすぎて時給5,000ユーロでも足りない。地球の中心にたどり着けたのも脱出できたのもガイドがいてこそだけど、主人公も度胸ありすぎるし甥も勇気ありすぎ。あと光る鳥がかわいい。
どう考えても3回くらい死んでるし、最後の脱出シーンだけでも全身大やけど&複雑骨折間違いなしだけどファンタジーだと思えば。
恐竜映画探してたら見つけたタイトルなので恐竜成分低目なのはちょっと期待外れだったけど、満を持して登場したティラノサウルスがいい仕事したのでよしとする。

・ムーミン 南の海で楽しいバカンス
彼女がセレブに憧れて南の島に行きたいと言い出したのでみんなで南の島を目指して小舟で大荒れの海に乗り出す話。
ムーミンは子どもの頃にやっていたテレビアニメと数年前に行ったムーミン展で触れた程度だけど、展示されていた原画がそのまま動き出したような作画にはテレビアニメを「あんなのムーミンじゃない」と憤っていた原作ファンの同級生もきっと満足でしょう。
その美しい作画で紡ぎ出される素っ頓狂ストーリー。ビキニ姿のフローレンに対するムーミンの「まるで何も着てないみたい」には誰もがツッコまずにいられない。
人外キャラの行動に他人事のように笑ってるけど、嫉妬深かったり見栄っ張りだったり世間知らずだったり遊び人だったり、こういう人いるよね…。これを見た後となっては「かわいいフローレン」も「この女…」だわ。それでもムーミン一家がなんとかなったのは決して強欲ではなかったからなのかな。
笑いっぱなしだったけど風刺が効いてて後を引く。このシリーズでまた見たい。

・最高の人生の見つけ方
癌を患った自動車工が入院した先で同室になった実業家と仲良くなり、暇つぶしに書いた「死ぬまでにやりたいことリスト」をうっかり見てしまった経営者に「もっとデカイことやろうぜ。スカイダイビングとか」などと言われて、ふたりで病院抜け出して豪遊の旅に出る話。
自動車工うらやましい~~~他人の金で豪遊したい~~~なんて邪な気持ちで見てたけど、自動車工が亡くなってからが本番だった。自動車工の意志を実業家が引き継いでリストを潰していくんだけど、「世界一の美女にキスをする」なんて冗談で書いたような項目も素晴らしい経験につながっていて感動。お金があればできることよりもお金があってもできないこと=お金が無くてもできることを実行する方が難しい。最後の項目を秘書が苦労して潰したあたり、実業家とはビジネスライクな関係に見えてそうでもなかったのかな。
他人の金で豪遊よりなによりわずか三か月で大ゲンカできるほどの親友と出会えたのが心底羨ましい。

ちょうど年末だし、「今年やりたいことリスト」をどのくらい達成できたか見てみたらひとつしかできてなくて愕然とした。
映画 | CM(0) | TB(-) 2018.12.21(Fri) 23:06
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード