« 2018 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

夢の世界の扉が開く

OSK日本歌劇団「第39回たけふレビュー~GERSHWIN NIGHT~」に行ってきました!
きっかけはこちらのツイート。
福井は旅行先に考えていたので、こりゃ行くならなんとしても公演期間中に!と、実現させた次第です。

OSKは初観劇の昨年の「レビュー夏のおどり」以来なので約1年振り2回目。トップスターが高世麻央さんから桐生麻耶さんに代替わりして初めての観劇です。
平日2回観劇しましたが、2回ともなかなかの客入り。2回目の方では、本公演には出演していないOSKのみなさんも観劇されていました。
メンバーは桐生麻耶さん他総勢12名。人数の少なさを感じさせない華やかなオープニング。テーマ曲の「一度の今日の日大切にして」というメッセージが心に残ります。
本公演のテーマ「ガーシュイン」はアメリカの作曲家。なんか聞いたことあるぞ?と思ったら、「サマータイム」の作曲家か!「らららクラシック」で見た!「サマータイム」は恋人の別れを思わせる場面に使用されていて、城月れいさんの堂々とした歌声に感動しました。
今年上演された桐生さん主演の「巴里のアメリカ人」の作曲家でもあるそうで、アメリカ人(桐生さん)とパリの子供たちの交流を描いた楽しい場面がありました。英語を教えていたはずがいつしか福井弁講座に。アドリブ満載で武生市出身の瀧登有真さんが大活躍でした。
夏のおどりを見たときは娘役があまり活躍していないという印象でしたが、本公演では娘役も城月れいさんがトップ格、麗羅リコさんと穂香めぐみさんがダブルで二番手格と位置づけがはっきりしていて見やすかったです。この三人が活躍する場面は当然として、フレンチカンカンなど娘役メインの場面もあって娘役の魅力を堪能できました。出番が多い人が印象に残るのは当然ですが、麗羅リコさんのすてきな笑顔にすっかりやられてしまい、麗羅さんばっかり目で追ってしまいました。
OSKの売りのひとつが高速ラインダンスだそうですが、そう言われるのも納得。とにかくかっこいい。アップテンポなのもそうだし、ハイレグの衣装がスタイリッシュでセクシー。近くで見るラインダンスは迫力満点でした。
フィナーレ後の「桜咲く国」はオマケみたいで嬉しい。OSKを見たぞ!という気になります。
こんなに充実した45分のショーを平日2回、休日3回、休みはたった1日だけで1か月間も上演するなんてすごいバイタリティ!
「また見たい」なんて気安く言えるような場所じゃないけど、1か月間ほぼ毎日やってるならこっちの気持ち次第よね、というわけでまた見たい!と言っておきます。

さて、桐生さんをトップに据えた本公演。桐生さんのたくましさと安定感のある低音ボイスは大人の男性以外の何物でもなく、本気で抱きしめてほしいんですけど、桐生さんと比べるのが間違っているのか、他の男役が少年にしか見えないのですよ…二番手格の虹架路万さんですら。単体で見ればそうでもないかもしれないけど、桐生さんひとりだけ別次元にいるというか。男役とは対照的に娘役はお姉さんタイプが多いので、しかも男役と娘役とで身長差も無いから、ペアになるとおねショタ感が拭えず…。それがひとたび桐生さんとのペアになるとアダルトなムードムンムンでときめきまくり!包容力!身長差!「男も女も全員まとめて抱いてやる」を目の当たりにした感。
で、実際に桐生さんだけ学年(?)が離れてるんですね。高世さんがトップのときは気付かなかったけど、思い返してみれば昨年の時点で「男役は意外と若い人が多い」と感じてたわ。本公演は選抜メンバーだけど、楊琳さんや悠浦あやとさんが入るとまた印象は違ってくるのかな?現実問題、その時が来たら一気に若返ってしまうのか。そうか…もう私が年上の女性に対するある種のときめきを得られることもないのか。
宝塚・歌劇・演劇 | CM(0) | TB(-) 2018.10.31(Wed) 20:59

G3S

最近見た映画

・ジュラシック・パーク
古生物の専門家と古植物の専門家のカップルのもとに新設テーマパークの監修依頼が来て行ってたみたら本物の恐竜がいた話。
恐竜博物館予習シリーズ。
この作品に登場する子供はただ守られだけの存在でなくて活躍しているのが素晴らしい。
小さなきょうりゅうはかせにカタブツ主人公がタジタジで和むわー。「子供は嫌いだ」と言っていた主人公にだんだんと父性が芽生えていくのがいい。
恐竜がこわいのは当然として、車がいい仕事しすぎててホントにこわい!ぼうやは恐竜よりも車がトラウマになりそう。お姉ちゃんは完全に恐竜がトラウマだろうけど。
社長が諸悪の根源としか思えないんだけど、孫にとっては「大好きなおじいちゃん」だし、悪気があったわけではないし、しっかり反省してるし、奴のせいでいっぱい死んだけどまあいっか。
テーマパークの計画がとん挫したのは仕方ないけど残念だなあ。あったら絶対行くよね。

・ロスト・ワールド
あれから数年、事件の生き残りである数学者が恐竜を隔離した島に調査部隊として送り込まれた古生物学者の恋人を助けに行く話。
恐竜博物館予習シリーズ。
調査部隊が4人ぽっちでこれだけ?と思ったら途中から襲われ要員大量投入!本土にまで上陸しちゃって襲い放題だね!
密猟組織の一員の死に方が嫌すぎる。大型恐竜にバックリいかれるより小型恐竜についばまれる方が百万倍嫌。主人公カップルを助けようとがんばった仲間は殺さないで欲しかった…。
今回はバスがいい仕事してました。それ以上に無人タンカーにゾッとした。
前作はアドベンチャー色が強くてワクワクできたけど今作はホラー色が強くてこわかった。ジャケットも不気味。

・ジュラシック・パーク3
古生物学者が金持ち夫妻から恐竜の島と化したサイドBのガイドを頼まれてはじめは断ったんだけど金に目がくらんで引き受ける話。
恐竜博物館予習シリーズ。
主人公は1と同じだし、特撮もCGも申し分ないのに、なんでか漂うB級臭。なんだこの身勝手な金持ち夫妻はよ食われろと思ってたら実は金持ちでもなんでもなくて行方不明の息子を探すために主人公を騙してでも頼りたかったとわかって憎むわけにはいかなくなってしまい、ヒールがいないのも物足りなかった。
でも前2作に比べて恐竜の出番多いし、どの恐竜よりも翼竜が一番怖かったし、海上でのラストバトルもハラハラしてよかった。命がけで人助けした人を殺すなよ!と思ったら生きてたし!
決して悪い出来ではないんだけど、ここから次作まで14年も空いてしまったのもわからないでもない。

・お嬢さん
詐欺集団の一味が富豪から金を騙し取る計画を立てて、姪の求婚者と侍女になりすまして屋敷に潜入する話。
百合要素があるらしいということで観たんだけど(ハ・ジョンウが出演してるからそうでなくてもいずれは見たけど)、要素どころじゃない、いろんな意味でかなり濃厚だった。こんなに過激だとただのサービスシーンになってしまいそうなのに二人の親密さがちゃんと伝わってくるのがいい。女同士特有の軽率なスキンシップからくるイチャイチャ感もたまらない。萌える。あかぬけた色白弥生顔のお嬢様とあかぬけない色黒縄文顔の侍女のカップリングも好み。
官能小説朗読会は悪くない趣味だと思うけど、子供に朗読練習させるのは虐待以外の何物でもなく見るに堪えない。
第1部の最悪な結末が第2部でひっくり返って、鬼畜生がちゃんと死んで、救われて欲しい二人が幸せになる最高の結末だった。
しかし朝鮮語とカタコトの日本語が半々で進んでいくからとにかく見づらい!日本人が全員朝鮮語喋ってても文句言わないからそうしてほしかった。話に集中できん!

・ジーサンズ はじめての強盗
長年勤めていた会社が買収されたせいで年金がもらえなくなった仲良しじいさん3人組が恨みのある銀行に強盗を企てる話。
ひゃーどきどきした!目撃者が「違う」と言ってもなお少女に嘘をつかせたことに胸を痛めて自白するんじゃないかと気が気じゃなかった。そこまでお人好しじゃなかったみたい。それでいい!
少女はなんでシラを切り通したんだろう?チビッコって笑顔でバイバイしたらもう友達だったりするから(面通しのシーンと時系列入れ替わってるよね?)「あのコがおじいちゃんと会えなくなっちゃうのはかわいそうだから知らんぷりしよう」てこと?ともかくGJだよお嬢ちゃん!
犯罪は犯罪なんだけど、手に入れた大金でちゃんとお礼参りしているから後味スッキリ。人生捨てたもんじゃないね。

恐竜大好きっ子だったのに今となっては著名竜しか覚えてないので恐竜博物館に行く予習としてジュラシック・パークシリーズを見たのに新たに覚えたのはヴェロキラプトルくらいだったけど恐竜博物館では動くティラノサウルスを間近にしてジュラシック・パークの登場人物の気分を味わえたから見といてよかった。
映画 | CM(0) | TB(-) 2018.10.30(Tue) 22:42

パリラハイハイ

ももいろクローバーZ「あんた飛ばしすぎ!!」

アイドルソングらしく大胆なアレンジが施されているかと思いきやそのまんまじゃないっすか。ってGARLIC BOYSの兄貴たちが演奏してコーラスまでやってるんだからそりゃそうか。ヒステリックなボーカルがこんなにハマるとは。
原曲はヨッパライの歌だからさすがに歌詞は全とっかえだけど、自己紹介ソングみたいで面白いー。ライブでめっちゃ盛り上がりそう。ももクロの曲ほとんど知らない私もこの曲なら完璧にコールできる自信ある。メンバーの名前覚えたわ。
学園ドラマ仕立てのPVも最高。全員ヤンキーじゃなくて生徒会が混ざってるのがいい。レディースかっこいいなあ!早乙女光がいるのもキッシーズとしては見逃せません!
でもアイドルであんとばっつったらひめキュンフルーツ缶だよなあ…ファンの気持ちやいかに…と思ったり。

ところで妃海の風ちゃんが出演したモモクロのミュージカルは映像ソフト化されるんだろうか?
未分類 | CM(0) | TB(-) 2018.10.17(Wed) 23:02

2,17,23,25,28,32,35,52

みちのくふたり旅2018

1dayトーナメントで大釜ってまたずいぶんスケールダウンしたなと思ったらこれがすっごく面白かった!
決勝戦含めて10分1本勝負だからフルタイムやってもダラけないし、時間切れ引き分けならキャリア合計年数の少ない方が勝ちという特別ルールもうまく機能してた。このルールで新人チームが初戦突破はしたのは最高潮に盛り上がったけど、2回戦の塁乱入はかなり無理があったぞ!ま、決勝戦が真っ当な結果なのでしょう。
塁なー。コントラ戦に向けて剣舞と火花バチバチなのはいいんだけど、軽率なマスク剥ぎはシラけるわー。自ら価値を下げるようなことをする意味がわからない。破るくらいにしとけっつーの。でも剣舞という絶対ベビーをあてがわれてヒールとして一歩踏み出した感はある。ヒールに振り切れない中途半端さにイラついてたけど、今は本気で憎たらしい。
サスケが自分で言っちゃってる「余りモノ」3WAYが予想外に楽しかった。雷斗さんが「兄さん」呼びでうまくいじったおかげで卍丸も浮いてなかったし。正直、雷斗さんは相手によって当たり外れがあるんだけど、サスケとは大当たり。
大釜で本興行は初?充実した大会でした。来年もこの形式でやってほしい。ただ、会場はもうちょっと広いところでお願いします。ななっくホールが閉鎖しなかったらそこでやってたんだろうな。来年はななっくホールがリニューアルオープンすることを願って。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2018.10.16(Tue) 23:31

おそるべき状況

鳥肌実。

最後に見たのが2008年の山形の音楽フェスで、単独公演となると2005年で13年振り!
正直、行くのこわかったです。ルックスに関してはネットで見てたからいいんだけど(それでもショックだったけど)、ネタがね。一番おそれていたのが、13年前と全く同じことをやってたら…ってこと。「同じようなこと」じゃなくて「同じこと」。
美しい思い出のままにしておいたほうがいいんじゃないかと本気で思ったけど、行かないで後悔より行って後悔。覚悟を決めて行ってまいりました。

鳥肌実といえば教育会館、教育会館といえば鳥肌実かハイロウズだったのですが、ライブハウスでの開催となりまして、広くない会場に並べられた多くない椅子も空席が目立ち、中央付近なんて最前列含めて誰も座ってないし、どうなることやらとハラハラしたけど、開演間際には数席残して埋まってホッ。
「貧乏不遇欲情空腹」の強烈なSEと手羽先腕のシルエットにうっすらと記憶がよみがえりました。
ライトに照らし出された鳥肌実中将はすっかり貫禄たっぷりになられて…。会場でもレコードでも散々聴いたネタに懐かしくなるどころか冒頭の不安が現実に?と、来たことを早くも後悔しはじめたのですが、自己紹介がわりのネタだったようで、フリートークに突入。「よろしくお願いします」のおじぎで見えた頭頂部の寂しさが地味にショック。
さすがに13年も経つと見た目だけでなく変化もいろいろあるようで、当時はここまで素を感じるフリートークなんて無かったよなあ。クオリティにムラはあるけれど、時事ネタも1、2年内の話題でしっかり作ってきてる。貴乃花が馳浩に挨拶に行った近々のネタまで盛り込んであって感心してしまいました。
話題は違えど芸風は変わらず、でも歳を重ねてから見るとまた受け止め方が違うなと。そしてネタについていけない自分にもっとちゃんとニュースをチェックしようと反省。どこまで本当かもわからず、へーほーふーんなんて聞いてしまってるけどいいのかなあ?って。とはいえ会場の反応を見るに、某国家主席の髪型とか、やっぱキャッチーだよね。近くにいたお客さんなんて体を90度に折り曲げて笑ってたもの。自動車販売店の話も爆笑だったし、「ジャンルはレゲエ」にはPAブースがオオウケだった。
パワポ芸なんてのも当時はなかったけど、わかりやすくいいですね。スツールに座ってパソコン操作しながら脚プラプラさせる姿がかわいい。土地柄のせいにしていいのかな?×××××××なんて私は存在すら知らなかったから次々に映し出される画像に衝撃受けっぱなしでした。

とりとめのない話が続くこと2時間、見る前は不安の方が大きかったけど、芸風は変わらず、ネタは新しく、という望ましい状態であったなと。ダテに25年続けてませんね。見くびってました。
いやしかし芸風が変わらなくても容姿が変わってしまうと持ち味は変わるんだなと!全盛期の中将はそれはそれは美しかったのです。BURSTの表紙なんか伝説級の美しさですよ。(画像検索してみよう!)美しく過激な彼は多くの人を虜にしてやまなかったのです!(断言)「体重の増加と反比例して動員が減る」というのもさもありなん。
と、ショックは隠せませんが、「みなさん必ず参加してください」というサイン会(ワンコイン)に参加して、中将の穏やかな物腰と分厚く大きな手に触れて射貫くようなまなざしで見つめられて「必ずまたいらしてください」なんて言われたら「はい…!(潤んだ瞳で)」と答えるしかないじゃないですか!
いやでもホント、さすがに巡業ついてまわりたいとは思わないけど、年イチのペースで全然見れるし見たい。行ってよかったです。必ずまた行きます!
未分類 | CM(0) | TB(-) 2018.10.10(Wed) 22:53

仏基一元

町あかり。

東北3daysの2日目のお寺ライブに参加してきました~。
きらびやかな内陣がそんまんまステージというものすごいロケーション。
オープニングアクトの地元バンドの最後の曲が「ナンタラカンタラっていう人」で、本人が出演するイベントでしかも新曲を先にやっちゃうってどうなのよ?!と思ってたら曲の途中でご本人登場!そうとなると話は別、思いがけず生バンドであかりちゃんの歌が聴けてラッキー!バンド側の申し出だそうで、きっとあかりちゃん本人にもファンにも思いがけないサプライズでした。
そのままなだれこむように「もぐらたたきのような人」からあかりちゃんのライブがスタート。心とピコピコハンマーの準備ができてません!
1年半振りのあかりちゃんのステージ、相変わらずのすてきな歌声とすてきな笑顔にメロメロ~。この日のお衣裳はツレいわく「ティンカーベル」ソレダ!あかりちゃんまじ妖精~。大きな花のイヤリングが左右で色違いなのもポイント。なにより一部畳敷きなので赤い靴下姿が拝めたのがもう…。
なかなかライブを見る機会がないのを言い訳に在宅活動もすっかりサボってしまっているので、もはやもぐらたたきとコテンパンくらいしかわかる曲はないだろうと思ってたけど、1年半前のライブで一度聞いたきりの「1000000kcalの年末」「最高のセットリスト」バツチリ覚えてました。さすが「一度聴けば覚える」通り越して「一番聴けば二番が歌える」キャッチーさ。会いたくて震えたことがない私も「わくわくインフルエンザ」には共感できる。
はじめての土地でのライブということであらためての自己紹介もあり、ものすごいロケーションでのライブにあかりちゃんも興奮気味?「東京でもライブやらせてくれるお寺ないかな?」お寺ライブはちょこちょこ聞くけどなあ。こないだもタモリ倶楽部でお坊さんバンドの特集やってたし。「クリスマスをレンジでチン!」をお寺で聴くという不思議な経験ができました。
ザ・ベストテンのコーナー、こういうのをやっちゃうのがあかりちゃんの魅力。本人が誰よりも楽しそうっていうね。「話を振っておきながら答えを遮る黒柳徹子」のネタもしっかり盛り込んでて笑っちゃいました。
あかりちゃんのライブに行くたびに思うんだけど、あかりちゃんのファンってほんっと大人しいよね。ベストテンのコーナーとかさ、初めて見たお客さんがポカーンなのは仕方ないとして、何度も見ているであろうファンの人も無反応なんだもん。いや、きっとステージから見ればみなさん笑顔なんでしょう!これはあかりちゃんの話じゃないけど、一見客にとって現場特有のノリが恐怖の対象になったりする一方でファンのみなさんから「お約束」を学ぶこともあるので、もうちょっとお手本になってくれたらいいのになーなんて…。あかりちゃんはピコピコハンマーとごく一部の曲での振付くらいしかないよね。ある意味自由ってことか。ラストがもぐらたたき2回目でアンコールがもぐらたたき3回目ってのが自由極まれり。ピコピコハンマー大活躍で持ってきた甲斐があったよ!リクエストがあがってだけど欲を言えば私も正調ナンタラカンタラ聴きたかったなー。

本当に素晴らしいロケーションでの素晴らしいライブに大満足!帰り道スキップしたくなるくらいウキウキでした。
あかりちゃん本人も言ってたけど、縁のない土地であかりちゃんのライブが見れるなんて、呼んでくれた主催者には感謝してもしきれません!もちろん、来てくれたあかりちゃんにも!また来てくださいなんて言えないけれど、希望くらいは言ってもいいよね、「縁はないけどときどき行く土地」になってくれたらいいな!
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2018.10.09(Tue) 23:32
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード